チョン・ソンモ

韓国の俳優・韓流スター

チョン・ソンモについて

チョン・ソンモは、MBC15期公開採用タレント出身で、本来は演劇界で活動していたが、7度の挑戦の末、タレントになったことで有名である。

その為、同期たちよりも、年齢がかなり上であった。1985年に新人賞を受けた後、自己満足してしまい、しばらくスランプに陥った。しかし、1990年にKBS 2TVの『冬旅人』に出演したことを機に、再び成功した。その後は、善悪を行き来する、良い演技を見せている。

基本プロフィール

芸名 チョン・ソンモ (Jeong Seong-Mo)
本名 チョン・ソンモ (Jeong Seong-Mo)
国籍 韓国
性別 男性
血液型 B型
誕生日 1956年10月20日 (63歳)
干支
星座 てんびん座

所属

事務所 アイティーエム

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

チョン・ソンモは、1993年に14才年下の妻と結婚した。

無名時代が長かった為、ソンモの結婚は遅れた。特にソンモには、結婚前には基盤を用意しなければならないという責任感があった為、結婚が更に遅れていた。

ソンモ、チャン・ソヒョン夫婦間には、年子の息子と娘が一人ずついる。

性格

チョン・ソンモは、若い頃にたくさん苦労をした為、考え方が非常に進歩的である。

友達の幅が広く、年齢が10歳年下だったり、ソンモより何歳も年上の気楽な友達も多い。ソンモは、「意思疎通がなければ、演技をするにも支障が多くなる。年齢で制約されるのは嫌だし、そうしたことに神経を使わないで、自由に行動したい」と語った。

ソンモは、気難しい役を多く引き受けてきた為に、周囲の人々、特に若者が、近づきにくいイメージを持っている。しかし、ソンモは「自分は、気さくで自由で、自然な人間なので、そんな気難しいイメージを払拭するために、ジョークを言ったり、いたずらを仕掛けてみたり、流行語を使ってみたり、努力している」と語っている。

趣味

チョン・ソンモの趣味は、演劇鑑賞と釣りである。

デビュー前の経歴

チョン・ソンモは、幼い時から、俳優になることを夢見ていた。中学生の頃は、家にTVもなく、劇場に映画を見に足を運び、劇場用ミュージカルを見て、さらに俳優になりたいという願望が、高まっていったという。

特に、ミュージカル『Singin InThe Rain』に感動したソンモは、両親に「ミュージカル俳優になりたい」と話した。しかし、特に父親の反対にあい、危うく、大学に行けなくなるところまで言い争った。

しかし幸い、高校と大学は、演技に関する学科に進学することができた。卒業後、何度もオーディションを受け、ついに1982年に、MBC15期公開採用タレントとしてデビューした。

最初は、端役ばかりを転々としていたが、1985年のMBCドラマで、新人賞を受賞した。しかし、その後10年以上、1995年のドラマ『砂時計』に出演するまで、注目を得られない時代が続いた。

出身・家族・学歴

兄弟 姉2人、弟2人
高校 京畿道 安養映画芸術高等学校演劇映画学科
大学 ソウル芸術大学映画科

周囲からの評判

チョン・ソンモについて、2014年のOBSニュース記事によると、「ソンモは、一見チンピラのようで、話しかけづらいと言われ、多少冷たく見える第一印象を持っているが、実際の撮影現場では、ムードメーカーを担当している」という。

またソンモは、「おもしろい歌を歌ってみたり、冗談も言ったりして、後輩やスタッフたちとなじめるよう、努力をする方だ」と、意外な姿を明らかにした。

整形

なし

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る