チョン・ソンウン

韓国の俳優・韓流スター

チョン・ソンウンについて

チョン・ソンウンは、2010年のMBCドラマ『トンイ』の出演時に、「トンイのお兄さん役は誰?」と、韓国で話題を呼んだ。特別出演だったので、最初の数話までの出演であったが、視聴者たちに強い印象を残した。

出演作品は、さほど多くない方であるが、2007年のSBSドラマ『外科医ポン・ダリ』の緊急治療室チーフ医師役や、2007年のMBCドラマ『オークションハウス』のワイン専門鑑定家役など、清潔感のある専門家の役が多い。

2012年、NHKの『テレビでハングル講座』の中のスキットドラマにも出演していた。

基本プロフィール

芸名 チョン・ソンウン (Jeong Sung-Woon)
本名 チョン・ソンウン (Jeong Sung-Woon)
国籍 韓国
性別 男性
身長 184cm
体重 74kg
血液型 B型
誕生日 1981年04月18日 (39歳)
干支
星座 おひつじ座

所属

事務所 Piエンターテイメント

好きなタイプ

チョン・ソンウンは、好みのタイプについて、「利口そうな女性が好きだ。綺麗ならば、もっと良い。そしてセンスあり、自分の仕事が好きな人なら、もっと良い」と話した。

ソンウンが30歳になった時のインタビューで、「これからは、安定的に恋愛をしたい。第一印象が 60~70% 位影響を受けるが、長く会おうとすると、その人特有の魅力がなければならない」と話した。

初めてあった人でも、どんな性格かすぐに掴むことができるため、その時のインタビュアーは、ソンウンを「プレイボーイのようだ」と思ったようだ。

性格

チョン・ソンウンは、「良い俳優になる」という人生の夢を持ってる。もし俳優ではなく、他の仕事をするようになったら、後輩を養成する仕事をしたいと考えている。

また、ソンウンは「将来政治家になるという野望もあり、今よりもっと世の中に対して、意味ある仕事をしたいという気持ちがある。その前に、家庭も重要である為、良い父親になる事、立派な家庭を作ることも、未来の夢の一つ」と話す、真面目な性格である。

その他の性格としては、明るい性格な為、いつも人々に囲まれている。友達が多く、昼間から友達とお酒を飲む一面もある。お酒を飲むと、周囲の人にキスをする癖があった。

釣りが好きすぎて、若い頃にはガールフレンドに嘘をついてまで、釣りに行っていたそうだ。現在は、愛する人ができたら、釣りに対する情熱は、コントロールする気持ちはあるらしい。

2014年SBS朝ドラマ『私だけのあなた』では、「現場のムードメーカーだ」と言われていた。同ドラマの助演出ハム・ジュノPDは、ソンウンに対して「常に撮影会場で笑って、スタッフにも気を使ってくれる」と感想を述べた。更に、「ソンウンは、本当に優しくて、人柄が優れている。常に撮影会場に先に到着し、スタッフに握手しながら挨拶する。撮影会場で、最も大きく笑う俳優が、まさにチョン・ソンウンだ」と話した。

趣味

チョン・ソンウンは、旅行がとても好きで、特に釣りが非常に好きだという。

「ドラマ撮影が終わった後、1か月の休暇を取り、そのうちの20日は、釣りをした」とインタビューで答えている。本人曰く「多分、漁師より魚をたくさん取ったようだ(笑)」とのことだ。

インタビュアーの「釣りは、静かすぎる趣味ではないか?」という質問に、「 むしろ、退屈な時間を楽しむから良い。釣りの魅力は、一言では表現しにく、大人たちの遠足みたいな感じがする。ちょっと心がときめくというか・・・自分でお弁当を作って、友達2~3人で、遊びに行く気持ちで行くんだ」と語った。

中学3年生の時に、キム・レウォンと会ったことも、釣りを通じての出会いだったという。レウォンも「十六歳の時から釣りをした」と話している。

特技

チョン・ソンウンは、ピアノ、水泳、モーターサイクルが特技である。

ピアノに関して言えば、独学で習得したそうだ。20代半ばからクラシックに熱中し、その中でもショパンにハマっていた。あるピアノ教室に行って、ノクターンの楽譜を見せ、「とにかく私はこの曲が弾きたい!」と相談し、そのピアノ教室で、一ヶ月間レッスンを受けた。

その後は、家で一日6時間ずつ、ずっとピアノを弾いたという。そのため、「ピアノを素材にした『密会』というドラマが本当に興味深く、見ていた」と話した。

アン・パンソク監督の昔からのファンであるという。

デビュー前の経歴

チョン・ソンウンの元々の夢は、俳優ではなかった。彼の夢は、映画関連事業をするということであったという。

しかし現実は厳しく、数回の事業失敗を経験したが、学生時代からの友人の中に演技者が多かったという事から、ドラマの撮影現場に通っている間に、「俳優にならないか」というオファーを受け、俳優生活を始めた。

運命的に、俳優の道を歩くことになったソンウンは、毎年着実に連続ドラマに出演し、「今後も演技を続けて行きたい」と語っている。

「イ・スンジェ先輩や、シン・グ先輩、パク・グニョン先輩のように、いつまでも元気で演技できる、そんな俳優になりたいです。 ブラウン管でもスクリーンでも、常に変化し、着実に活動して、いつまでも愛される俳優にになりたいです」と語った。

出身・家族・学歴

兄弟 姉、弟
大学 青雲大学放送演技科

周囲からの評判

チョン・ソンウンは、2012年のソウル日報の記事にて、「デビューしてすでに満5年だが、まだ人々から見れば、新人俳優だと思う」と語っている。しかし、5年の間に、朝ドラに2本出演したため、主婦たちの間では、かなり認知度が上がっている。

タクシー運転手と東大門で商売をしいる人々にも、人気が高いという。タクシー運転手は、車内で朝ドラをたくさん見るからだ。ソンウンがタクシーに乗ると、しょっちゅう声を掛けられるらしい。

東大門で商売をする人々は、早朝に仕事が終わり、朝食を食べながらTVのスイッチを入れると、ソンウンの顔がしょっちゅう出てくる為、ここでも認知度が高い。

面白エピソードとして、その認知度のおかげで、ソンウンは「市場で服を安く買えたし、 タクシーに乗れば、ドラマをよく見たからと言って、タクシー代を割り引いてもらえた事もあった」と話した。

整形

なし

関連するアーティストを見る