ハン・ヘリン

韓国の俳優・韓流スター

ハン・ヘリンについて

ハン・ヘリンは2008年に、端役で俳優デビューをした。デビューした当時、キム・テヒがやっていた、ある広告の映画館とケーブル用のCFで、テヒと似ているルックスのお陰で、テヒの代わりとして出演したことがある。そのことがきっかけで、ヘリンは「第2のキム・テヒ」だと呼ばれた。

その後、2011年のドラマ『芙蓉閣の女たち~新妓生伝』に、クム・ララという、主演級の人物にキャスティングされた。そのドラマで、ヘリンは名前と顔を知らせることに成功したが、その後は、特に代表的な作品と呼ばれるような作品はない状態である。

基本プロフィール

芸名 ハン・ヘリン (Han Hye Rin)
本名 ハン・へリン (Han Hye Rin)
国籍 韓国
性別 女性
身長 166cm
体重 44kg
血液型 A型
誕生日 1988年11月06日 (31歳)
干支
星座 さそり座

所属

事務所 なし

好きなタイプ

ハン・ヘリンは、2017年のインタビューで、彼女が演技したキャラクターと連関して、好きなタイプについて質問されたことがある。彼女が演技した人物は、自分を好きになってくれない男性が好きな女性であったが、ヘリンは「その考えが、理解できない」と話した。

またヘリンは、「どんな苦しいことがあっても、自分自身を信じて、愛してくれる男性と会いたい」と話した。

性格

ハン・ヘリンは自身の性格について、「小さなミスが多くて、感情の起伏が激しい性格だ」と話している。「物をよく失くすし、また、学校で奨学金をもらっていたけど、その次の学期で、成績警告をもらったりした経験がある」と明かした。

しかし、それと同時に、いたずらが好きで、肯定的で、プライドが高い性格でもあるという。あるインタビューで、「耳が薄い、すなわち他人の言葉に心が揺れることが多いが、自分自身は、他の意見も受け入れる、広い心を持っていると思っている」と話した。

また、「自分の家族とファン以外の宝物は、何があるか?」という質問に「自分自身だ」と答えた。そして、「多くのお金をもらっても、絶対に変えたくないことはあるか?」という質問に、「自分自身の主体性」だと答えた。「他にも大切な物は、たくさんあるかも知れないが、一番大切なのは自分自身で、自分自身の全てを肯定的に考えて、愛している」と答えた。

趣味

ハン・ヘリンはインタビューで、「休みの時には本を読んだり、人々に会ったり、また何もしないで家にいることもある」と話した。

「そのような時間の中で、映画を見たり、音楽を聴くことが、自分の趣味だ」とも話した。

特技

言及したことはない。

デビュー前の経歴

ハン・ヘリンは「特に、必ず女優になりたいと、思ったことはない」と話している。

中学生の時から、故郷である釜山ではなく、ソウルで暮らしながら「女優になるのもいいかもと思ったことはあるが、それについて、詳しく考えたこと自体ない」とも話した。

また、「特に将来は、これがやりたいというものはなかったが、高校3年生の時、偶然女優になるための準備を始めた」と言った。ヘリンの母親の知人に、ドラマを制作する会社の代表がいたことが、そのきっかけだったという。

その制作者の代表は、偶然ヘリンの写真を見て、彼女なら女優になれると思い、彼女が女優になることを推薦したという。その後ヘリンは、女優になるための勉強を始めたという。

初めて女優推薦の話を聞いたときは、あまり真剣に思っていなかったという。大学の入試で失敗し、再び入試の準備をしながら、「どうせ始めるのなら、頑張ってやってみよう」と思い、その時から熱心に、演技の勉強をしたという。

出身・家族・学歴

兄弟
高校 不明
大学 同徳女子大学校

周囲からの評判

ハン・ヘリンの従妹である、Dal★Shabetのウヒによると、「ヘリンは、友達のようでもあり、心強い助っ人のようでもある。また、ヘリンが直接的に話す傾向があるので、そんな時は怖いけど、Dal★Shabetの他のメンバーより、良い時もある」という。

特に、ウヒ自身は、自撮りやメイクアップなどに少し弱い一面があるが、「ヘリンが、たくさん助言をしてくれる」と話している。また、同じグループのメンバーにはできない話でも、ヘリンには話すことがよくあり、両親にもできない話も、ヘリンには話すことができるようだ。ウヒは「ヘリンのおかげで、心がしっかりしている」とも話した。

ヘリンはいたずらが好きで、新姉妹のように、喧嘩をすることもあるが、基本的にウヒにとって、誰よりも良い助力者であるという。

整形

なし

公式サイト・SNS

関連するアーティストを見る