チョ・ハンソン

韓国の俳優・韓流スター 韓国のモデル

チョ・ハンソンについて

チョ・ハンソンは、1981年6月17日生まれの、韓国の俳優である。

ハンソンは最初、フッションモデルとしてデビューしたが、2001年にOBビールのCMで、無名のゴールキーパー役としてTVに初登場した。以降、MBC青春ドラマ『ノンストップ3』等に、出演するようになる。

2010から、社会服務要員として召集され、2012年にその任務を終えた。芸能界にデビューする前は、サッカー選手として活動していた。ポジションは、ゴールキーパーであったという。

基本プロフィール

芸名 チョ・ハンソン (Cho Hanseon)
本名 チョ・ハンソン (Cho Hanseon)
国籍 韓国
性別 男性
身長 187cm
体重 73kg
誕生日 1981年06月17日 (39歳)
干支
星座 ふたご座

所属

事務所 ミステックエンターテイメント

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

チョ・ハンソンは、2年間の交際を経て、2010年1月9日に結婚した。結婚相手の名前は、チョン・ヘジョンで、2007年に知人の紹介で知り合い、交際に至ったという。

二人は普段、隠れて会うことが多く、美味しいものを食べに行くことが、多かったという。その当時、ヘジョンは美術大学院生であった。ハンソンより、2歳年下である。

結婚式から3カ月後の4月に、第一子となる娘を出産した。そのことについて、ハンソンは、「彼女が妊娠したということが分かったため、結婚することを決めた」と答えた。ハンソンは結婚後、軍隊に入隊した。

好きなタイプ

チョ・ハンソンは、KBS2TV『ハッピートゥギャザー』に出演した時に、MCのシン・ボンソンに理想のタイプの女性を聞かれ、次のように答えた。

「私の理想の女性のタイプは、スタイルが良くて、可愛い女性だ。過去に、私のタイプの女性を見かけたことがあるのだが、怖がらせてしまい、逃げられてしまった」と答えた。

ハンソンは、家から駅まで、インラインスケートで、行ったり来たりしていたことがあるという。その時に、横断歩道でタイプの女性を見かけたという。そのため、気になって、女性に近づいて見たそうだ。しかし、女性と目が合うと、女性は慌てたように、信号が変わってすぐに、走って逃げていったという。

その後ハンソンは、ガラスに映った自身の姿を見て、驚いたという。目しか出ていなかったため、泥棒のような身なりをしていたという。

性格

チョ・ハンソンは、SBSイルサン制作センターで開かれた、SBS週末特別企画『3回結婚する女』の記者会見に、イ・ジア、オム・ジウォン、ソン・チャンウィ、ハ・ソクジン、ソ・ヨンヒらと共に、出演した。

ハンソンは劇中、明瞭で明るい性格の人物を演じた。毎回、ドラマや映画に出演するたびに、カリスマ性あふれる役を演じてきたハンソンだが、今回の『3回結婚した女』に出演したことによって、演技にも変化が生まれたという。

この記者会見で、ハンソンは「ずっと、明るい性格の人物を演じてみたかった。今回演じた、クァンモというキャラクターは、実際の私の性格に似ているので、役に没頭するのも、簡単であった。楽しく、自然に演じることが出来る、キャラクターである。周囲の人たちも、私の性格とキャラクターの性格が、あまりにも似ているので、私が撮影現場に行くと、『クァンモが来たぞ』と冗談を言ったりして、面白い反応を見せてくれた」と感想を述べた。

ハンソンの実際の性格は、明るく、冗談を言うのが好きな性格であるという。

趣味

チョ・ハンソンの趣味は、サッカーである。中学校時代から大学時代まで、ゴールキーパーとしてサッカーチームに所属し、活躍してきたという。富川SKに指名されるほどの実力を持った、選手であったという。

しかし、大学時代に事故に遭い、腰を怪我したため、サッカーを諦めたという。その後、モデル活動を経て、現在はタレント兼俳優として、活動している。

ハンソンは、「私が、元々未練を持つタイプの人間ではないので、彼女に振られても、未練なく別れることが出来るが、サッカーだけには未練があり、今でも出来ないと思うと、すごく悲しくなる」と答えた。

特技

チョ・ハンソンの特技は、野球である。

中学時代から、ゴールキーパーとして、サッカーチームを支えてきたハンソンであるが、大学在学時に事故に遭い、腰にけがをしてしまう。その後、モデルとして、芸能界にデビューした。モデルだけでなく、俳優やタレントとしても、活躍している。

芸能界にデビュー後は、アン・ジェウクがキャプテンを務める、野球チーム「チェミサマ」の一員として、野球を楽しんでいる。「チェミサマ」は、野球の上手い人ではなく、野球を愛する人が、集まったチームであるという。

このチームのメンバーは、野球を愛していて、どんなに時間がなくても、時間を作って練習をしているという。

デビュー前の経歴

チョ・ハンソンは、弘益大学産業スポーツ学科出身の俳優である。芸能界デビューする前は、サッカー選手として活躍していた。

ハンソンは、中学時代から、ゴールキーパーとしてチームを支えていたという。中学、高校とサッカー一筋の生活を送り、韓国代表のサッカー選手である、チェ・ソングクとは、高校時代同じサッカーチームに属していた。また、大統領杯高校サッカー大会では、一緒に戦ったこともあるという。

2000年に、富川SKに指名されるほど、実力のある選手であった。大学に進学後も、ゴールキーパーとして、サッカー生活を送っていたが、事故で腰に怪我を負い、活動休止していた。その後2001年に、OBビールのCMに選ばれ、芸能界デビューを果たす。

しかし、ハンソンがモデルとして活動することに、母親はひどく反対したという。運動しかしてこなかった息子が、モデルとして活動することに、不安があったため、芸能界デビューすることに、賛成しなかったそうだ。

その後ハンソンは、モデルから俳優として活動することになり、多くの作品に出演した。主な出演作は、ドラマ『4月のキス』『良い人』、映画『マイ・ニュー・パートナー』『熱血男児』『オオカミの誘惑』等である。

出身・家族・学歴

兄弟
高校 正明高等学校
大学 弘益大学産業スポーツ学科

周囲からの評判

チョ・ハンソンは、一般的にスポーツ万能な、イケメン俳優というイメージを持つ。しかし、ハンソンは、自身に根付いた「イケメン」というイメージに、悩んでいるという。

MBC『知彼知己』に出演したハンソンは、「私はこれから、イケメンとして活動しない」と答え、俳優としてのイメージを変えるという、意思表明をした。

ハンソンは、映画『オオカミの誘惑』に、カン・ドンウォンと共に、イケメン問題児の役を任され、人気を集めた。この映画をきっかけに、イケメン俳優というイメージがついてしまったという。

整形

なし

公式サイト・SNS

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る