チョ・ジョンソク

韓国・韓流俳優

チョ・ジョンソクについて

チョ・ジョンソクは、1980年12月26日生まれの、韓国の俳優である。ソウル芸術大学を卒業し、俳優兼タレントとして活躍しているだけでなく、ミュージカル俳優としても、活躍している俳優だ。

兄2人、姉1人の末っ子として育ったため、兄弟とは年が離れており、幼い頃は、一番上の姉を母親だと思って、育っていたという。ジョンソクは、元々クラシックギタリストになることが、夢であった。大学でも、ギターを専攻するために3浪したが、その夢が叶うことは無かった。

その後、ソウル芸術大学演劇映画科に入学し、ミュージカル俳優としてデビューした。

基本プロフィール

芸名 チョ・ジョンソク (Cho Jungseok)
本名 チョ・ジョンソク (Cho Jungseok)
ニックネーム
国籍 韓国
性別 男性
身長 175cm
体重 64kg
血液型 AB型型
誕生日 1980年12月26日 (38歳)
干支
星座 やぎ座

所属

参加グループ

韓国・韓流俳優

レコード会社
事務所 文化倉庫
事務所入所年

所属

参加グループ

韓国・韓流俳優

レコード会社
事務所 文化倉庫
事務所入所年
デビュー年

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

チョ・ジョンソクと歌手のコミの熱愛が、噂された。二人の熱愛が発覚したのは、2014年4月12日に、ある放送芸能プログラムのインタビューでのことだ。

当時、セクションTVインタビューを受けていたコミが、2015年の目標を「花嫁修業である」と答えた。この時、すでに熱愛のニュースが報道されていたが、それよりも前から、二人の関係は続いていたという。

2013年頃から、龍山にある映画館で、二人の目撃情報が相次いだ。その後、2014年に放送された、『チェ・ファジョンのパワータイム』に出演した、歌手のヨンジが、「コミに、良いことが起こりました」とコメントをして、話題になった。

後で明らかとなった事実だが、二人を出会わせたのは、ヨンジであるという。その後、熱愛が報道され、二人は交際を認めた。

好きなタイプ

チョ・ジョンソクは、MBC『セクションTV芸能通信』で、理想の女性について、「私は、義理のある女性が好きです。功名心があり、優しく、綺麗な人が良い」と答えた。

続けて、ジョンソクは、「正直に言うと、優しい女性が好きです。優しいと綺麗に見える。美しい心の持ち主じゃないと、綺麗だとは思いません」と答え、注目を集めた。

またジョンソクは、2012年に放送された、tvN『現場トークショータクシー』で、「現在交際中の女性はいませんが、結婚は3年後ぐらいにしたい」と、結婚に関する計画を明らかにした。

その後ジョンソクは、歌手のコミと、知人を通して知り合い、交際に至る。ある報道番組では、「二人は、音楽という、共通の趣味を通じて信頼し合い、愛を育てている」と報道された。

性格

チョ・ジョンソクは、自身の性格について、「『キング~Two Hearts』のウン・シギョンよりは、『建築学概論』のナプトゥに似ている」と述べた。

しかし、最近行われた、自身初のファンミーティングでは、「自身の性格に一番似ているのは、『キング~Two Heats』のウン・シギョンである」と答えている。

SBSパワーFM『チェ・ファジョンのパワータイム』に、SBS水木ドラマ『嫉妬の化身』に出演している、俳優ペ・ヘソンとパク・ジンジュが出演した。番組でヘソンは、共演したジョンソクの実際の性格について、言及している。「ジョンソク先輩を見ているだけでも、笑いがこみ上げてきます。ジョンソク先輩の性格は、ちょっと変わっています」と話した。続けて、「幼い頃から、色々なことに興味を持つ性格であったようです。撮影をしていても、気になることがあったら、気になって、ジッとしていられないようです。また、話していても楽だし、一度会うと、また会いたくなる。そんな魅力のある性格だ」と答えた。

趣味

チョ・ジョンソクは、俳優業並みに、趣味にも力を入れている。

tvN『名簿公開2016』では、趣味に情熱的に取り込む芸能人8人が、公開された。その中に、ジョンソクの名前があった。

ジョンソクは、小さい頃からテコンドーを習っていた、有段者である。番組では、「テコンドーだけでなく、様々な趣味がある」と述べ、多才な人物であると、話題になった。

その他にも、音楽を愛する男としても、紹介された。「幼い頃に夢見た、クラシックギタリストとしての夢や、作曲やダンスをすることが、好きだ」と語った。

tvNドラマ『ああ、私の幽霊さま』で歌った歌は、ジョンソクの作詞作曲であるという。

特技

チョ・ジョンソクの特技は、ギターとテコンドーである。

ジョンソクは、幼い頃からクラシックギタリストになることが夢で、大学でもギターを専攻しようと、3浪までした経歴がある。しかし、その夢は叶わず、俳優の道を目指し、ソウル芸術大学演劇映画科に入学する。

その後は、ミュージカル俳優としてデビューし、現在に至る。

また、彼のもう一つの特技は、テコンドーである。小学生から習っていて、有段者である。テコンドー公認3段の腕前の持ち主である。

デビュー前の経歴

チョ・ジョンソクは、1980年12月26日に、ソウルで生まれた。兄2人、姉1人の中、末っ子として育った。

その後は、空港高等学校を卒業し、ソウル芸術大学演劇映画科を卒業した。高校生のときは、B-BOYとして活躍し、人気があったという。

幼い頃の夢は、クラシックギターのギタリストであった。しかし、その夢は叶わず、ミュージカル俳優を目指す。

その後、ミュージカル俳優として活動し、業界での知名度を上げた。2012年には、映画『建築学概論』に出演し、コミカルな演技で、観客たちに深い印象を与えた。

以後、『キング~Two Hearts』『最高だ、イ・スンシン』『観相師』等に出演し、認知度を上げた。2015年には、女優のパク・ボヨンと一緒に、tvNドラマ『ああ、私の幽霊さま』に出演した。そして同年に、歌手コミとの熱愛報道が噂され、ジョンソクの事務所は、二人の交際を認めた。

「デビュー前は、自身の童顔な顔と身長が小さいことが、コンプレックスであった」と話している。しかし現在は、そのコンプレックスを克服し、演技に活かしているという。

出身・家族・学歴

兄弟 兄2 姉
出生国 ソウル特別市
出生地域
高校 空港高等学校
大学 ソウル芸術大学演劇科

解散・引退について

周囲からの評判

チョ・ジョンソクについて、ある番組で司会者が、「俳優ジョンソクには、『カメレオン俳優』というあだ名が、似合っている」と答えた。その他、ジョンソクには、『変身の天才』や『生活密着型俳優』など、数多くのあだ名が付けられている。

ジョンソクは、どんな作品に出演したとしても、「その作品に最適化する俳優」として有名であるため、そのようなあだ名が付けられたと考えられる。

ジョンソクは、出演する作品ごとに、新たなキャラクターを作り出し、多くのファンに愛されている。

整形

チョ・ジョンソクは、顎の整形を疑われている。

好きな食べ物

公式サイト・SNS

公式サイト
Instagram
Twitter
Weibo

このアーティスト情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

出演映画・ドラマ

韓国・韓流俳優のメンバー

アン・ソクファン

アン・ソクファンは、1987年に演劇『変わったあの世』でデビューした俳優である。1994年の映...

アン・ソンギ

アン・ソンギは、1957年の映画『黄昏列車』で子役としてデビューし、その後も長く愛され続けてい...

アン・ネサン

アン・ネサンは、30歳で演技の道に入った俳優である。舞台演劇を経験した後、1994年、ポン・ ...

アン・ヨンジュン

アン・ヨンジュンは、2006年『秘密の校庭』でデビュー。同年『朱蒙』のユリ王子役で注目集める。...

IU(アイユー)

歌手(韓国)

IUという芸名は、「I」と「You」を合わせた造語で、「君と私が音楽で一つになる」という意味が...

アン・ソニョン

アン・ソニョンは、MBC専属コメディアン11期生として芸能界デビューを果たす。その後、『セクシ...

アン・ヘギョン

アン・ヘギョンは、2001年MBC専属気象キャスターとして芸能界入りした。ルックスと実力を兼ね...

アン・ミナ

アン・ミナは、2005年のドラマ『私の名前はキム・サンスン』で、素朴なパティシエ見習い、イネ役...

アン・ヨノン

アン・ヨノンは、1988年ドラマ『土地』でデビュー。同年第24回百想芸術大賞TV部門子役賞を受...

イ・インソン

イ・インソンは、4歳の時にスカウトされ、雑誌モデルとして活躍した。韓国出身の世界的デザイナー、...

グループ・メンバーを見る