メアリー・エリザベス・ウィンステッド

アメリカの俳優

メアリー・エリザベス・ウィンステッドについて

メアリー・エリザベス・ウィンステッドはアメリカの女優である。

ホラー映画でのキャリアが長く、『ファイナル・デッドコースター』や『デス・プルーフ in グラインドハウス』、『遊星からの物体X ファーストコンタクト』、『リンカーン/秘密の書』、『10 クローバーフィールド・レーン』などで絶叫クイーンとして有名になった。

一方で『スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団』でティーン・チョイス・アワードにノミネートされるなど、ホラー映画にとどまらない演技力を誇る。またドラマでも活躍しており、『FARGO/ファーゴ』シーズン3ではメインキャストとして出演している。

2020年には『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』でハーレイ・クインの仲間の一人であるヘレナ・バーティネリ / ハントレスを演じる。

基本プロフィール

芸名 メアリー・エリザベス・ウィンステッド (Mary Elizabeth Winstead)
本名 メアリー・エリザベス・ウィンステッド (Mary Elizabeth Winstead)
国籍 アメリカ合衆国
性別 女性
身長 173cm
誕生日 1984年11月28日 (35歳)
干支
星座 いて座

所属

デビュー年 1997

好きなタイプ

性格

趣味

音楽鑑賞やホラー映画鑑賞が趣味である。ホラー映画では『シャイニング』、『エイリアン』、『ローズマリーの赤ちゃん』をお気に入りの作品として挙げている。

特技

幼少期から訓練をしていたこともあって、ダンスや歌が得意である。歌についてはもともと仕事にするつもりはなかったが、Got a Girlという音楽デュオを結成しており、作詞を担当している

デビュー前の経歴

幼少期からジョフリー・バレエでダンスを、国際児童合唱団で歌を学んでいた。もともとはバレエダンサーを志望していたが、10代前半で身長が高くなりすぎたため断念せざるを得なかった。そこで演技の道へと目を向け、役者になるために高校生活の間はほとんどホームスクーリングをしていた。

1997年に『ヨセフ・アンド・ザ・アメージング・テクニカラー・ドリームコート』へ出演したのち、しばらくはテレビドラマで脇役を務める時期が続いた。2005年の『スカイ・ハイ』でのブレイクスルーののち、『X-ファイル』のプロデューサーであるジェームズ・ウォンとグレン・モーガンと出会い、コラボレーションが続くこととなった。これにより、ホラー映画の絶叫クイーンとして名を知らしめることとなった。

出身・家族・学歴

兄弟 5人兄弟の末っ子
出生国 アメリカ合衆国
出生地域 North Carolina
高校 ホームスクーリング
大学

家族のエピソード・詳細

母方の祖父はエヴァ・ガードナーのいとこにあたる。

解散・引退について

周囲からの評判

整形

好きな食べ物

公式サイト・SNS

公式サイト
Instagram
Twitter
Weibo
YouTube

出演映画・ドラマ

モンスターアイランド

ホラーSF

モンスターアイランド

ホラーSF

ザ・リング2

ホラー

スカイ・ハイ

ファイナル・デッドコースター

スリラー

ファクトリー・ガール

ドラマ

ボビー

ドラマ

ファイナル・デッドコール 暗闇にベルが鳴る

ダイ・ハード4.0

アクション

デスプルーフ in グラインドハウス

アクション

グラインドハウス

アクション

メイク・イット・ハプン!

ドラマ

スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団

青春

遊星からの物体X ファーストコンタクト

ダイ・ハード/ラスト・デイ

アクション

リンカーン/秘密の書

チャールズ・スワン三世の頭ン中

コメディ

1970年代。グラフィック・デザイナーとして大成功を収めたチャールズ・スワ...

スマッシュド 〜ケイトのアルコールライフ〜

ドラマ

キル・ザ・メッセンジャー(原題)

フォールツ(原題)

アレックス・オブ・ヴェニス(原題)

スイス・アーミー・マン

コメディ

無人島で助けを求める孤独な青年ハンク(ポール・ダノ)。いくら待てども助けが...

10 クローバーフィールド・レーン

パニック

目を覚ましたら、シェルターの中にいることに気付いたミシェル(メアリー・エリ...

最高の家族の見つけかた

So It Goes(原題)

ショートフィルム・短編

All About Nina(原題)

ドラマコメディ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る