ミョン・セビン

韓国の俳優・韓流スター

ミョン・セビンについて

ミョン・セビンは、韓国で活躍する女優である。1998年KBSドラマ『純粋』でデビューした。以降は、『折鶴』、『ゴースト〜永遠の愛〜』、『波上の家』、華麗なる復讐』、『僕は彼女が好き』、『それでも愛してる』、『私の恋人、誰かしら』、『太陽に向かって』、『「結婚したい女』、『ウェディング』、『Span Drama episode 15 』、『キツネちゃん、何しているの?』、『私の人生のスペシャル 』、『宮S』に出演した。

1998年『男の香り』でスクリーンデビューした。『男の香り』の女主役を決める公開オーディションでは、倍率が1000倍に達した中、見事に合格して演技力が認められ、青龍映画賞と、大鐘賞の新人女優賞にノミネートされた。1999年には、映画『北京飯店』に出演した。 1998年に、KBS演技大賞・新人女優賞、1999年に、百想芸術大賞・ 新人女優賞受賞している。

2007年8月17日に、結婚と共に芸能活動を休止したが、2010年に、ドラマ『三姉妹』で女優として復帰を果たす。以降、2013年に『帝王の娘スベクヒャン』、『マイ・ラブリー・ブラザーズ』、『キルミーヒールミー 』、『また、初恋』、『釜岩洞復讐者たち』に出演した。

基本プロフィール

芸名 ミョン・セビン (Myeong Sebin)
本名 ミョン・セビン (Myeong Sebin)
国籍 韓国
性別 女性
身長 168cm
体重 46kg
血液型 A型
誕生日 1976年04月10日 (44歳)
干支
星座 おひつじ座

所属

事務所 ドドエンターテインメン
デビュー年 1996

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

ミョン・セビンは、12歳年上の弁護士で、クリスチャンであるカン・ホソン弁護士と、知人の紹介で出会った。

順調に交際を続けていき、二人は2007年8月17日に、ソウル特別市にあるシェラトングランデ・ウォーカーヒルホテル・ビスタホールで、結婚式を挙げた。ミョン・セビンは、結婚と共に芸能活動を休止した。

2008年1月に、わずか5カ月で、二人は協議離婚をした。ちなみに、結婚を数日前に控えた時点で、人生観や性格の違いなどから、結婚を考え直そうとしたが、家族や親戚などを失望させてはいけないと思い、予定通り結婚式を挙げたものの、婚姻届は出していなかった。

離婚を経て2010年に、ドラマ「三姉妹」で、再び女優として復帰を果たした。

好きなタイプ

ミョン・セビンの好みのタイプは、彼女自身クリスチャンである事もあり、新郎の条件として、信仰心が深い男性。そして、会話もよく合い、とても雰囲気がある男性が、理想だそうだ。

2007年9月号『レディー傾向』のインタビューの中で、理想のタイプについて、かなり具体的に話している。「身長は176cm位で、二重まぶたであり、髪の毛が多い人。性格は、穏やかで、外向的な性格の男性。運動が好きで、私に運動を教える事のできる男性。旅行先で建築物を見ながら、歴史と建築の背景まで話してくれる男性」と、当時の好みのタイプについて、具体的に記載された。

性格

ミョン・セビンは、2017年6月22日KBS2のバラエティ番組『ハッピートゥゲザー・シーズン3』に出演した時に、「私は、つんとしているイメージに見られがちだが、実は男性らしく、特に 運転している時は、かなり男らしいです」と、男らしい性格だという事を、明かしている。

また、過去に放送されたバラエティー番組『現場トークショー・タクシー』の中で、ドラマ「また、初恋」に、一緒に出演した俳優キム・スンスは、「ミョン・セビンは、女性らしい所が多いが、逆に男性のような一面もある。男性のような判断をする事が多い」と、共演者からも、男らしい一面がある事を明かされている。

趣味

ミョン・セビンの趣味は、映画鑑賞、ウィンドウショッピング、料理、写真を取る事だそうだ。

特技

ミョン・セビンの特技は、絵を描く事だそうだ。

デビュー前の経歴

ミョン・セビンは、1996年に百貨店で、ファンとして好きだった歌手の、シン・スンフンにサインを貰ったが、当時シン・スンフンの芸能企画会社の関係者の目に入って、シン・スンフンのミュージックビデオに、出演のオファーが来た。

そのことがきっかけとなり、1996年シン・スンフンの『Love in My Own Way(私の方式どおりの愛)』のミュージック・ビデオに出演し、芸能界デビューを果たした。

出身・家族・学歴

兄弟
高校 淑明女子高等學校
大学 同徳女子大学校衣装デザイン学科

周囲からの評判

ミョン・セビンは、CMデビュー作である『チョコハイム』のCMで、頭を丸刈りにした白血病患者役を演じ、自身の髪の毛を剃り落とし、かなりのインパクトを与えた。

以降、クールな目つきと、清純な印象が気に入った監督達から、出演オファーが殺到した。 役柄になりきってしまうという、ミョン・セビンは、オーディションで1000倍の競争率に、勝ち抜いて抜擢された映画『男の香り』で、女主人公の役の為に、八重歯を抜いたという。役の為なら、身を惜しまず役になりきるミョン・セビンは、大物女優だといえる。

公式サイト・SNS

関連するアーティストを見る