チョン・インファ

韓国の俳優・韓流スター

チョン・インファについて

チョン・インファは、1985年『草原に浮かび上がる星』で、本格的に俳優活動を始めた女優である。

以降、『イミヨイミレラ』『結納箱買ってください』『山有花』『私の母』『第4共和国』『また会う時まで』『同期間』『曇った日に書いた手紙』『女人天下』『製パン王 キム・タック』『神々の晩餐』『私の娘クムサウォル』などに出演している。

2007年の映画『愛歌』で、初めて映画デビューを果たす。1994年に貯蓄・日総理賞、2001年に百想芸術大賞・TV部門人気賞、2001年にSBS演技大賞・大賞、2002年に百想芸術大賞・最優秀演技賞、2010にはKBS演技大賞・女性最優秀賞を受賞した。

基本プロフィール

芸名 チョン・インファ (Jeon Inhwa)
本名 チョン・インファ (Jeon Inhwa)
国籍 韓国
性別 女性
身長 163cm
体重 47kg
誕生日 1965年10月27日 (54歳)
干支
星座 さそり座

所属

事務所 イマジンアジア

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

チョン・インファは俳優のユ・ドングンの妻として、芸能界の代表インコカップルとしても有名である。演技大賞で、夫婦が2人とも大賞を受賞したという、4カップルの中の1組夫婦である。

9歳年上のドングンとのロマンスが、世間では有名である。当時、嘱望されていた新であったインファは、時代劇に投入されてから、先輩の演技者であるキム・ウルドンから、時代劇発声や演技法をきちんと教えてくれる演技者として、ドングンを推薦した。

そのことをきっかけに、2人は1989年に結婚した。結婚30年目が近いが、依然として仲はよく、妻を応援しようと、撮影場にコーヒートラックを送って、夫婦愛を見せた。

好きなタイプ

チョン・インファは、2011年のKBS2バラエティー番組『スンスンジャング』に出演し、インファは息子のユ・ジサンに対して、「うちのジサンが18歳だけど、背が180cmだ」とし、「女学生に人気だ。普段から息子を見ながら『あんなにハンサムで、誰の息子なんだ』と思う。イケメンで、私の理想型だ」と伝えた。

息子が理想型だというインファの言葉に、『スンスンジャング』MCたちは、「ちょっと前に、理想型がヒョン・ビンとしなかったか?」と言うと、インファは「理想型は、その時その時で違う。動いているのだ」という、機転の効く返答で笑いを誘った。

性格

チョン・インファは、2016年2月のMBC『セクションTV・芸能通信』で、MBC週末ドラマ『うちの娘、クム・サウォル』のインタビューで、インファが1人2役をする、「ヘド・シンとシン・ドゥクイェの中で、どんな姿がインファの実際の姿と似ているか?」という質問に、共演者のソン・チャンミンは、「2人とも似ている。知的で物静かだけだと思うが、実際はそうでもない。実際は怖い。ヘド・シンのようだ」と言った。

俳優のキム・ヒジョンは「(インファが)すごくさばさばした性格だ。そして、本当に理解心が高く、菩薩のようだ。撮影に臨む姿勢を見ていると、驚く。小言を言わない。ああしろ、こうしろと押し付けない。そのまま率先して、こうしなければならないということを見せてくれる先輩だ」と伝えた。

インファ本人は「表向きには「コスモスみたい」という話もよく聞きますが、実際の性格は私の枠組みが明らかで、思ったことがあれば、そのままにしなければならない、ゆとりのない性格だ。その為、そのようなキャラクターを演技することが楽だ」と話した。

趣味

チョン・インファの趣味は、読書と音楽感想である。

特技

チョン・インファの特技は、スケートである。

デビュー前の経歴

チョン・インファは、1984年にアイスクリームTV広告(ビングレ・小豆マンチ)を通じて、芸能界デビューした。

1988年、東亜(トンア)日報によると、幼い頃には、真っ白なユニホームに惚れて、「看護婦がなりたい」と思っていたが、大学1年生の時、KBS TVの『朝の広場』『明朗列車』などで、リポーターとして活動していたという。

優れた美貌に注目した演出家に、電撃起用され、1985年のKBSドラマ『草原に浮かぶ星』『私の心星と一緒に』に出演した。

出身・家族・学歴

兄弟 妹1弟1
高校 崇義女子高等學校
大学 中央大学・演劇映画学科

周囲からの評判

チョン・インファは、20歳年下のJYJの英雄、ジェジュンの理想形である。それに対し、ユ・ドングンとインファの娘が「一体なぜ、お母さんのようなおばさんを理想と挙げの?」と問うと、インファは「その子が、まともに人を見る目を備えているから。若い子でも、見る目があるね」と話したという。

俳優パク・ヘスが、2017年1月のラジオFM4U『二時のデートジ・ソクジンです』で、相手役として演技したい人に、インファを選んだ。ヘスは「ドングン先輩とインファ先輩が、公演を見に来てびっくりした。後光というのが、このような者なんだと、僕はその時感じた。本当に大好きだ」と明らかにした。

整形

なし

公式サイト・SNS

関連するアーティストを見る