チョ・ヨジョン

韓国の俳優・韓流スター

チョ・ヨジョンについて

チョ・ヨジョンは、1999年MBC 『人の気持ちも知らずに』でデビューし『最後の戦争』、『トギ』、『ホ・ギュン-朝鮮王朝を揺るがした男』、『野人時代』、『張禧嬪』、『太陽の南-愛と復讐の果て』、『マイ・スイート・ファミリー-フンブの家運が開けたね』、『朝鮮からきました』、『愛情の条件』、『どれだけ好きなの』、『銭の戦争オリジナル』、『家に帰る道』、『2009伝説の故郷-ミョジョンの玉』、『ロマンスが必要』、『海雲台の恋人たち』、『離婚弁護士は恋愛中』、『ベビーシッター』、『クルミ描いた月の光』、『完璧な妻』など数々の作品に出演した。

2002年には、映画『いい人がいれば紹介して』でスクリーンデビューし、『吸血刑事ナ・ドヨル』、『春香秘伝 The Servant 房子伝』、『側室:帝王の妾』、『情愛中毒』、『ポイントブランク 標的にされた男』、『ワーキング・ガール』に出演している。

基本プロフィール

芸名 チョ・ヨジョン (Jo Yeojeong)
本名 チョ・ヨジョン (Jo Yeojeong)
国籍 韓国
性別 女性
身長 163cm
体重 45kg
血液型 AB型
誕生日 1981年02月10日 (39歳)
干支
星座 みずがめ座

所属

事務所 クダカンパニー
デビュー年 1997

好きなタイプ

チョ・ヨジョンの好みのタイプについては、第31回青龍映画祭の授賞式の中で、MCに「映画『房子(バンジャ)伝』に出演した男優の中で、誰が理想に近いか?」という質問に対して、「ソン・セビョクが理想のタイプです。」と回答した。

性格

チョ・ヨジョンの性格は、他人との距離感を保ちつつ、マイペースで何事も取り組む性格である。本人曰く、「私は一人だからといって、あまり寂しさを感じることはない。一人でいる時間を大切にし楽しむほうである。」と回答している。

しかし、役柄にのめり込む傾向もあり、配役によっては撮影現場に行く前に突然理由もなくかんしゃくがでることもある、と付け加えている。

趣味

チョ・ヨジョンの趣味は、料理をすることである。特にパスタ料理が得意だと公開している。

特技

チョ・ヨジョンの特技は、歌を唄うこと、演技、ピアノである。

デビュー前の経歴

チョ・ヨジョンのデビュー前の経歴としては、高校生だったチョ・ヨジョンは雑誌『Ceci』でモデルデビューし、専属モデルとしてビューティー分野で活動した。

その後、1997年MBC子供番組『ポポポ』の15代のお姉さんとして活動。1998年には、SBS『私、どう』をはじめ、TVドラマや映画の脇役・助演などで実践経験を積んだ。1999年には、MBCドラマ『人の気持ちも知らずに』で正式俳優としてブラウンデビューを果たしている。

出身・家族・学歴

兄弟 兄1
出生国 大韓民国
出生地域 Seoul Teugbyeolsi
高校 盆唐中央高等學校
大学 東国大学校・演劇映画科卒業、東国大学校映像大学院・公演芸術学

周囲からの評判

チョ・ヨジョンの周囲からの評判としては、ドラマで共演したユン・サンヒョンとの現場での笑い話を公開し話題となった。

チョ・ヨジョンは、月火ドラマ『完璧な妻』記者懇談会にて、ドラマの裏話を話し、「ユン・サンヒョンが、撮影現場で本当におもしろいかった。ひたすらわいせつな冗談を繰り返す。本当に面白いけどメイキング映像では使われないのではと心配になるほどである。」と暴露した。

また、演出でチョ・ヨジョンがユン・サンヒョンを叩くシーンがあったが、そのことについても「彼女のスイングが強烈で、今でも思い出すと痛い。」と話し、会場を笑いに包んだ。

公式サイト・SNS

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る