チョ・ウンスク

韓国の俳優・韓流スター

チョ・ウンスクについて

チョ・ウンスクは、1994年の映画『イドベクァ』で、スクリーンデビューした。その他、『ヘアドレッサー』『豚が井戸に落ちた日』『やくざ授業』『カ』、香港映画の『超時空要愛』『新婚旅行』『プラスチック』などに出演した。

1997年に、KBS短幕劇の『息子と一緒に歩く道』で、ブラウンデビューした。その他にも、『プロポーズ』『Yesterday』「美しい罪』『野望の伝説』『ゴルベンイ』『三人の友達』など、多数の作品に出演した。

基本プロフィール

芸名 チョ・ウンスク (Jo Eunsuk)
本名 チョ・ウンスク (Jo Eunsuk)
国籍 韓国
性別 女性
身長 163cm
体重 45kg
血液型 AB型
誕生日 1973年08月07日 (47歳)
干支
星座 しし座

所属

事務所 ダブルエムエンターテインメント

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

チョ・ウンスクはインタビューで、「同い年で、お互いの友達とも親しい間柄です。お互いに顔は知っていたが、2002年に友達の誕生日パーティーで、正式に挨拶を交わした。ある日、もともと夫に、合コンを開いてあげる予定だったが、約束した女性が、出てこなかった。私が『今日から付き合おう』と、連絡先を尋ねたら、夫は戸惑いながら、『そんなこと言われたら、僕は本気だと思って、誤解します』と返した。別れた頃、夫が『さっき言った言葉は、本当なんですか』と尋ねてきたので、その人の手を私の胸に当てて、『ね、私の胸は、こんなにドキドキしているじゃないですか!』と返した」と、二人が恋人になった経緯を明らかにした。

その後、3年の交際の末、パク・ドクギュンと2005年11月11日に、教会でキリスト教式結婚式を行った。現在、二人の間には3人の娘がいる。

好きなタイプ

チョ・ウンスクは、「タフで、筋肉質な男性より、優しくて繊細な、ちょっと女性的な男がいい。私が欲しがる時に、キスをして抱きしめて、私が嫌な時は、スキンシップをしなくてもいいように」と、結婚前のインタビューで明かした。

また、ウンスクはインタビューで、「夫の長所は、性格が平穏な所だ。大声を一度も出したことがなく、いくら急ぐような状況が発生しても、自分のスタイル通り、慎重に処理する」と明かした。

性格

チョ・ウンスクは、「妊娠中に聖書・賛美歌を手放さなかった程、篤いキリスト教信者として有名だ。そのため、隣人に対する分かち合いや、奉仕に対する関心が強く、恋愛時代には、デートで福祉施設の奉仕活動をした。今でも、分かち合いに対する明確な主観と確信を持ち続けている。その結果、善良な店「エデュパートナーズ」という会社を設立し、分かち合いは感謝の気持ちから生まれると思って、活動している」と、愛の実大学生の記者団インタビューで、明らかにした。

出産9か月で、強い意思を持ちながら、ジムでの運動と食生活で、完璧な体作りをした。

趣味

チョ・ウンスクの趣味は、釣り、インラインスケート、水上スキーなどである。

特技

チョ・ウンスクの特技は、作文やジムでの運動である。出産から、9ヵ月も過ぎていない内に、完璧な体つきと腹筋を公開した。

デビュー前の経歴

チョ・ウンスクは大学卒業後、演劇俳優として活動した。

演劇をしていた時代、ホン・サンス監督の目に留まり、『豚が井戸に落ちた日』に出演して、映画デビューをした。

一人の作家に片思いをする、みすぼらしい日常を過ごす、都市に住む独身女性を演じ、1996年に青龍映画祭・助演女優賞を受賞した。

出身・家族・学歴

高校 誠信女子高等學校
大学 漢陽女子専門大学文芸創作科

周囲からの評判

チョ・ウンスクは、加平スイス村である、エーデルワイスで繰り広げられる『トークコンサート・クィーン』に出演した。新しいドラマ撮影を目前に控えて、1998年に公開した、韓国と香港の合作映画『チョシコンエ・超時空要愛』のキャスティングに、すべてを投げ打って、香港へ出国した当時のことを思い浮かべたという。

「そのとき私が断ったドラマが、『疾走』だった。結局、私の代わりに、俳優のキム・ギュリが、キム・ジョンヒョンと共に、主人公でキャスティングされた。更に、その作品は、大ヒットを記録した」と話し、残念な心情を吐露した。

これにMCジュ・ヨンフンが、「それでも、そのおかげで、梁朝偉とのスキャンダルがあるんじゃないのか」と言いながら慰めた。それに対し、ウンスクは、「しかし、映画を撮って、私に残ったのは、キスだけだった」と付け加えた。

公式サイト・SNS

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る