チョ・アン

韓国の俳優・韓流スター

チョ・アンについて

チョ・アンは、2000年のKBSドラマ『初恋』で、本格的に女優デビューした。

その後、2015年のMBCドラマ『最高の恋人』まで、コツコツと出演し続けた。出演作は、『輝くロマンス』『特集事件専担班2013』『五月のメロー』『3姉妹』『朝鮮Xファイル箕察秘録』『別巡検』『花札』『ニューノンストップ』など、多数ある。

2001年の映画『鳥肌』で、スクリーンデビューし、2015年『老いた自転車』まで、コツコツと出演している。出演作品は、『音叉』『共犯』『マイリトル・ヒーロー』『アンティーク ~西洋骨董洋菓子店~』『ムイ』『お姉さんが行く』『狐怪談3』などがある。

基本プロフィール

芸名 チョ・アン (Jo-an)
本名 チョギョンジン (Jo Gyeongjin)
国籍 韓国
性別 女性
身長 165cm
体重 45kg
血液型 AB型
誕生日 1982年11月14日 (40歳)
干支
星座 さそり座

所属

参加グループ
事務所 ドドエンターテインメント
デビュー年 1999

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

チョ・アンは、「元彼氏であるパク・ヨンウの友人で、演劇俳優のオ・マンソクと、同じドラマに出演したことをきっかけに、交際中である」と、2010年5月に熱愛説が出た。しかし、本人は否定している。

しかし二人は、2010年7月16日の午前10時30分に、インチョン国際空港から、日本に出国した。「二人は帽子を深くかぶり、別行動で動いていたが、結局同じ搭乗口へ向かった」と、証言が出た。

これに対し、マンソクの事務所は、「彼は普段、行き先を言わずに、旅行によく出るので、誰と行ったのかは知らない」とコメントした。また、二人の事務所は共に、「ドラマで共演しただけの関係だ」とコメントした。

一般人・不明・該当なし

チョ・アンは、夫とのエピソードの質問に、「夫とは、友達関係で、かなり長い時間を共に過ごしました。友達の時は、お互いの性格をよく知っているから、ただ『よく合う友達だ』と考えていたのですが、ある時、主人が『私たちが、恋人になるのはどうかな?』と言ってきた。その時から、今までとは若干違って見えました。お互いに好きな物も似ており、性格もとても似ていて、『私たちは、よく合うんじゃないか』という気がしました。私は臆病で、誰かに好きという言葉を言う勇気はないのに、夫は私に、積極的に『好きだ』と言ってくれました。それが、始まりだったようです」と答えた。

好きなタイプ

チョ・アンは、俳優パク・ヨンウと交際中であった時、アジア経済新聞のインタビューで、「年齢は高いが、少年の心を持っている人が、理想型だ。兄(パク・ヨンウ)が、正にそんな男」と話した。

性格

チョ・アンは、映画『キングコングを持ち上げろ!』のインタビューで、「一緒に出演した、年下の出演者たちは、バーベルをすでに持ち上げたのに、私はその時くらいに、合流したんですよ。負けるのが嫌で、もっと熱心になりました」と言った。

また、Queenのインタビューでは、「私は、いつも小心で、真面目な人でした。ユーモアを解しない性格でした。ところが、夫は私が笑うことが好きで、いつも笑わせようと、努力してくれます。いたずらもたくさんしてきて。でもある時、自分がその姿を真似するようになったんです。私の人生に、ユーモアが入って来たんです。以前より、ずっと明るくなって、心も楽になりました」と伝えた。

趣味

チョ・アンは、普段から、鞄いっぱいに漫画を入れている。

交際していた、俳優パク・ヨンウのおかげで、野球観戦という新たな趣味もできたという。また結婚後は、夫と一緒に、フィギュアを集めることが、趣味である。

特技

チョ・アン特技は、絵を描くことである。

デビュー前の経歴

チョ・アンは中学生時代、漫画家の夢を描いていた。しかし高校3年生の時、放送局に遊びに行った際、偶然放送作家の目に留まり、KBS 2TVドラマ『初恋』に出演する事になり、そのまま俳優になった。

その前は、1999年のMBCドラマ『グッバイ・マイ・ラブ』で、脇役で出演した経験がある。

出身・家族・学歴

兄弟 弟1
高校 淸州外國語高等學校 フランス語学科
大学 中央大学校演劇映画学科卒業

周囲からの評判

チョ・アンについて、ホラー映画『ムイ』で共演した、チャ・イェリョンは、「お姉さんは、とてもきれいで、演技も上手です。お姉さんだけの独特なイメージと、力のある演技を尊敬する」と伝えた。

また、彼女が出演した作品を見ると、アンには見えず、ただ、その配役に見えるという。特に、『ホリデー』で、俳優イ・ソンジェが、「割れたガラスと銃を首に向けている、連子の女性が、アンだとは思わなかった」と評した。

整形

ない

公式サイト・SNS