チョン・ウンイン

韓国の俳優・韓流スター

チョン・ウンインについて

チョン・ウンインは、コミカルな役から悪人の演技までできる、韓国の万能俳優である。

ソウル芸術大学演劇科を卒業した正統派演技者で、助演でも重要な役割を担う事が多く、その中でも悪役が多い。助演が多いが、主演もこなし、シチュエーション・コメディーが、一番よく似合う俳優である。

個性がはっきりした俳優とは言えないが、良く言えば、万能型の名優である。どのような演技も上手くこなし、特に、台本を理解してアドリブする能力は、抜群である。

基本プロフィール

芸名 チョン・ウンイン (Jung Woong In)
本名 チョン・ウンイン (Jung Woong In)
国籍 韓国
性別 男性
身長 180cm
体重 74kg
誕生日 1971年01月20日 (49歳)
干支
星座 やぎ座

所属

事務所 キュロホールディングス

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

チョン・ウンインは過去に、同業者である俳優出身のチュ・ジャヒョンと、2年ほど恋人関係が続いていた。2003年には、結婚予定発表までするほどの間柄であった。

しかし、当時のジャヒョンは、23歳で非常に幼く、ジャヒョンの演技に対する情熱の方が勝り、2人は別れる事となる。別れの理由は、お互いの将来を配慮しての事だったという。

お互いに違う道を選択することとなり、韓国ではあまり人気がなかったジャヒョンは、中国に渡って大成功することになる。その後、ジャヒョンは中国人と結婚し、現在中国で、大スターとして活躍中である。

デビュー前の経歴

チョン・ウンインは、1971年1月20日に、忠清北道の提川にて、1男1女の長男として生まれた。その後、京畿道にある陽明高等学校在学中に、偶然演劇部に入ったことで、初めて演技の世界に触れることとなる。

その後、ソウル芸術大学の演劇学科に入学し、「プラナ」というサークルの会長を務めた。またもう一方で、新入生の後輩たちの規律を厳しく監視する先輩であったため、周りから「悪魔の先輩」と呼ばれて、有名だったという。

大学卒業後は、長い間演劇の舞台で活動していたが、厳しい家庭の事情により、舞台ではなく、映画やテレビなどの放送の世界で活動しようと、活動の場所を変えることにした。その後、タレントの公開オーディションを数々受けるが、何度も落選を繰り返した。

しかし1995年に、カン・ジョンス監督の映画『リハーサル』にて、映画界へと進出した。そして、1996年には、SBSのシチュエーションドラマ『千一夜物語』にて、本格的な俳優デビューを果たす。

出身・家族・学歴

兄弟
高校 陽明高等学校
大学 ソウル芸術大学

周囲からの評判

チョン・ウンインについて、チョン・ジュノは、「夫婦も、10年位一緒に暮すと全て分かるように、男は同じ作品を通じて呼吸を合わせ、撮影が終わった後に会って、焼酒を一杯飲むと、相手の心の中まで分かるようになる。ウンインとも、そうして分かり合った」と話した。

ジュノは、ウンインに対して、「一言で表現しにくいが、演技に対する情熱がとても多く、自分の主観が明確だ。私はちょっとぬるくて、優柔不断なスタイルなのに、ウンインは、自分の考えがはっきりしている」と語った。

整形

なし

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る