羽田美智子

羽田美智子について

羽田美智子は、レプロエンタテイメントに所属する中堅ベテラン女優である。

短期大学在学中に日本旅行のキャンペーンガールに選ばれ、デビュー。それから女優へと意向する。

おっとりとした雰囲気で、天然エピソードが豊富な彼女は視聴者からのウケも良い。

刑事役が多く、刑事ドラマや2時間サスペンスでは欠かせない存在感を持っている。

日本アカデミー賞で、新人俳優賞、優秀主演女優賞の受賞経験がある。また、エランドール賞でも新人賞に輝くなど、女優として評価されてきた。

基本プロフィール

芸名 羽田美智子 (Michiko Hada)
本名 羽田 美智子 (Michiko Hada)
ニックネーム
国籍 日本
性別 女性
身長 161cm
血液型 A型
誕生日 1968年09月24日 (50歳)
干支
星座 てんびん座

所属

レコード会社
事務所
事務所入所年

所属

レコード会社
事務所入所年
デビュー年

好きなタイプ

羽田美智子の好きなタイプは「楽観的で、一緒にいて楽な人」だと語っている。

羽田美智子自身が、楽観的でポジティブな印象なため、配偶者にも似た感覚を求めているのかもしれない。

2011年から2017年まで婚姻関係を結んでいた広部俊明は拠点が沖縄だったため、結婚しても遠距離だったという。

主なコミュニケーション手段は電話で、ケンカすることもない程、一緒にいる時間は少なかったようだ。

しかし、そんな結婚生活を6年間も続けられるとは意外と自立して、異性に依存しないタイプなのかもしれない。

お互い楽観的だったからこそ、6年も続いたのだろう。

性格

羽田美智子の性格として、一番よく聞くのが「おっといしていて天然」だということだ。

羽田美智子自身は、天然だという自覚はないが「ボケとツッコミ」を「ツケとボッコミ」と言い間違えるなど、エピソードは多い。

京都に関する本を執筆し、「(京都に)月に何回行かれるんですか?」と聞かれ「月には行った事がありません」と大真面目に答えていた。

テレビから受ける印象、そのままの人なようで周囲や共演者からの評判も良い。

嫌味のない性格のようだ。

趣味

趣味は、海外旅行・写真・映画鑑賞・通販・アロマテラピー・絵画、彫刻鑑賞・だという。

月や空を見るのが好きだという羽田美智子は、常にカメラを持ち歩き、よく撮影する。

映画が好きで、特に昔の映画をよく見る。

健康おたくだという羽田美智子は、独自の健康法が多く、通販で健康に関するグッズなどがあるとついチェックしてしまうという。

また、神社仏閣巡りも好き。羽田美智子の曾祖父が宮大工であったため、その影響かもしれないと語っていた。

特技

特技はピアノとスキューバダイビングだという。

ピアノに関して公言しておらず、どれほどの腕前かは分かっていない。

スキューバダイビングは、元々はエジプト・アレクサンドリア沖の海底遺跡の水中取材に備えて取得したのがきっかけだ。

ちなみに、このライセンス取得の際にインストラクターとして知り合った水中探検家でカメラマンの広部俊明と後々結婚に至っている。

羽田美智子は「スキューバダイビングを始めてから、肩の力を抜いて生きられる」と語っている。

デビュー前の経歴

1968年、茨城常総市(旧:水海道 )で3人兄妹の末っ子として生まれる。

父親は利用器具の販売代理店を経営、母親はタバコ兼飲食店を経営(2014年閉店)していた。

2人の兄とは「ちゃん」付けで呼び合い、仲が良かった。いつも兄と遊ぶ活発な子どもで「男の子になりたい」と思っていた。

水海道小学校、中学校、茨城県立水海道第二高等学校へと進む。

高校卒業後、帝京女子短期大学秘書課へ進学するため上京し、日本旅行のキャンペーンガールに選ばれデビューする。

出身・家族・学歴

兄弟 兄が2人
出生国 茨城県常総市(旧:水海道)
出生地域
高校 茨城県立水海道第二高等学校
大学 帝京女子短期大学

家族のエピソード・詳細

未婚。前の夫との間に子どももいない。

解散・引退について

周囲からの評判

裏表のない性格で、人当たりもよく評判は良い。

整形

していない。

好きな食べ物

白米、甘エビの握り、はも寿司、ラーメン、レバニラ炒め、青椒肉絲、牛肉とルッコラのカルパッチョ、ビシソワーズ、辛子明太子、シーザーサラダ、干し芋、塩辛、千枚漬け、葛きり、そら豆、パパイヤ、わらび餅、チョコレート、人参ジュース、お茶、和食

公式サイト・SNS

公式サイト
Instagram
Twitter
Weibo

このアーティスト情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

出演映画・ドラマ