イ・フン

韓国の俳優・韓流スター

イ・フンについて

イ・フンは、1994年に一般公募で選ばれ、時事コメディ『青年内閣』でデビューした、韓国の俳優である。このコメディは、仮想の青年内閣を作るというバラエティー番組で、爽やかなルックスにより、選ばれた。

さまざまな演技に挑戦したが、一時からスポーツジムを経営し始めた。しかし、その後再び俳優に復帰する。

その後、『不屈の嫁』などで、日本でも知名度が上昇した。近年は、バラエティでの活躍が目立ち、2015年11月、『APAN STAR AWARDS』のMCを2年連続で勤めた。

基本プロフィール

芸名 イ・フン (Lee Hoon)
本名 イ・フン (Lee Hoon)
国籍 韓国
性別 男性
身長 177cm
体重 73kg
血液型 O型
誕生日 1973年05月06日 (47歳)
干支
星座 おうし座

所属

事務所 マネジメント具
デビュー年 1994

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

イ・フンは、2000年に結婚している。相手は、学生時代から付き合っていた、2歳年上の声楽家、キム・ヘジンである。現在は、息子が2人いる。

中学で知り合い、高校まで付き合っていて、一度別れた。再会してからまた付き合い、ゴールインした。

俳優として脚光を浴びるようになっても、学生時代から続く愛に、けじめをつけ、見事結ばれた。フンは、誠実な人間である。

-

-

好きなタイプ

イ・フンの好きなタイプに関する記事は、見つかっていない。妻は、2歳年上な為、年下より年上の方が、好みかと思われる。

さらにフンは、中学から高校まで付き合っていた彼女と結婚した為、とても一途であることがわかる。そのため、女性経験も少ないかと思われ、さらに既婚者であるため、そのようなインタビュー内容はないものと考えられる。

性格

イ・フンの役柄は、誠実で爽やかな役が多い。その理由は、柔らかいその顔立ちにある。

しかし、その顔と大きなギャップがあるのが、フンの強靭な肉体である。体を鍛えることに妥協は無く、自らフィットネスクラブを経営するほどである。その他、プロボクシングのテストを受けたり、重量挙げのウエートは、プロレベルだという。

また、「フンナム(心の暖かい男)俳優」と呼ばれている。そのため、役柄も視聴者の希望に沿った役柄が多い。プライベートでも、義理堅いことで有名である。

フンの笑顔を見ると、温かい気持ちになり、泣き顔を見ると、切なくなる度合いが大きいと言われている。インタビューや、ファンミーティング、バラエティの様子をみると、冗談を交えて話している姿から、とてもユーモアとセンスのある性格であるとわかる。

趣味

イ・フンの趣味は、映画鑑賞である。

特技

イ・フンの特技は、スポーツ、野球、剣道である。

デビュー前の経歴

イ・フンは、日本のファンミーティングで、俳優になったきっかけを語っている。きっかけはとてもユニークで、「僕は、映画監督が夢でした。照明や音響を手伝うスタッフとして働いていたある日、俳優が来なくて、僕がその俳優に似ていたので、監督に出演するよう言われたんです。その俳優は、クビになったんですが、今は東京で、カムジャッタンの専門店を出している」と答えた。

また、「僕は小さい時、家が貧しくて、映画ロッキーを観て、奮い立ちました。大好きな映画です」 と語っている。

高校1、2年の時は、剣道をしていただけでなく、ウエイトトレーニングで鍛えていたそうだ。

出身・家族・学歴

兄弟
大学 高麗大学校経済学科

周囲からの評判

イ・フンは、バラエティ『1対100』で、「無名時代、ペ・ヨンジュン、チョン・チャンと親友だった」と明かし、「クラブに通っていた時代だった」と過去を振り返った。

さらに、「あのころは、チキンと洋酒が最高だと思われていて、女性にチキンを食べようと提案していた」とし、クラブにおける、ナンパのホットアイテムが、チキンだったことを打ち明けた。

また、「当時、ヨンジュンは、女性に興味があまりなく、スポーツだけが好きだった」と、韓流スターペ・ヨンジュンの純潔さを強調した。

整形

なし

関連するアーティストを見る