イ・ヒョジョン

韓国の俳優・韓流スター

イ・ヒョジョンについて

イ・ヒョジョンは、1981年の映画『小人が打ち上げた小さなボール』で、次男役を演じてデビューした。

東国大学校演劇映画科に在学中、KBS10期公開採用タレントで選抜され、本格的に活動に乗り出す。以後、様々な寸劇と単発ドラマを経て演技を磨き、MBC『アパート』『人の瞳英雄時代』、KBS『野望の伝説』『不滅の李舜臣』SBS『野人時代』『愛に生きる』など、各種ドラマの名助演で、視聴者たちの愛を受けている。

2006年からは、ドラマ制作事業にも挑戦し、SBSドラマの『私にはとても完璧な彼女』などの作品を企画した。2010年には、韓国放送演技者協会理事長を務めたことがあり、2011年からは大田文化産業振興院長を務めている。しかし、現在も本業の演技者として、様々なドラマに出演し、旺盛に活動している。

基本プロフィール

芸名 イ・ヒョジョン (Lee Hyo-Jung)
本名 イ・ヒョジョン (Lee Hyo-Jung)
国籍 韓国
性別 男性
身長 0cm
体重 0kg
誕生日 1961年01月07日 (59歳)
干支
星座 やぎ座

所属

事務所 BOBスターカンパニー

好きなタイプ

イ・ヒョジョンの好きなタイプに関する記事はない。既婚者であるため、そのようなインタビュー内容は、ないものと思われる。

出身・家族・学歴

兄弟
高校 大一高等學校
大学 東国大学演劇映画科卒業

周囲からの評判

イ・ヒョジョンよ俳優のイ・ギヨンは、実の兄弟である。

2013年に放送された、KBS『1対100』に出演したギヨンは、「ヒョジョンと実の兄弟だ。もし同じ作品に、兄の名前が入っていれば、作品をあきらめた。3才離れているが、難しい兄だ。SBSドラマ『ジャイアンツ』に、一緒に出演したことがある。その時、兄より私がさらに高い職級だったので、思う存分大声を張り上げることができて、良かった」と話し、笑いを誘った。

整形

なし

関連するアーティストを見る