イ・ヒド

韓国の俳優・韓流スター

イ・ヒドについて

イ・ヒドは、1977年に劇団に入り、その後83年にMBS特別採用をされ、『朝鮮王朝500年』でドラマデビューした。

以降、ドラマを中心に活躍し、現代劇から時代劇まで、幅広く出演している。悪役もいい人も、絶妙に演じ分ける名脇役である。『チャングム』では悪役、『ホジュン』『トンイ』では、主人公を側で支える、誠実な役柄を演じた。

『イ・サン』をはじめ、イ・ビョンフン監督作品の常連俳優として、日本でも知られている。 ヒドは、ビョンフン監督の時代劇にとって、欠かすことができない存在となっており、毎回出す安定感と存在感は、さすがである。

基本プロフィール

芸名 イ・ヒド (Lee Hee-do)
本名 イ・ヒド (Lee Hee-do)
国籍 韓国
性別 男性
身長 165cm
体重 0kg
血液型 A型
誕生日 1955年10月01日 (64歳)
干支
星座 てんびん座

所属

事務所 モマエンターテイメント

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

-

-

趣味

イ・ヒドの趣味は、水泳、登山、ゴルフである。

デビュー前の経歴

イ・ヒドは、民衆劇団員として演劇界で活躍後、1983年の『暴君 光海君』で、テレビドラマデビューをした。

出身・家族・学歴

高校 ヤンジョン高等学校
大学 ソウル芸術大学演劇科

整形

なし

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る