イ・デヨン

韓国の俳優・韓流スター

イ・デヨンについて

イ・デヨンは、もともと舞台出身で、1985年に演劇俳優としてデビューし、1995年の映画『明日に流れる川』で映画作品にデビューした。

その後、『復活』の主人公の先輩刑事など、中年男性の配役を多くこなし、キャリアを積み重ねていった。2015年は『ああ。私の幽霊さま』で記憶喪失になった幽霊の父親役、映画『王の運命』でキム・サンノ役を演じている。

基本プロフィール

芸名 イ・デヨン (Lee Dae-Yeon)
本名 イ・デヨン (Lee Dae-Yeon)
国籍 韓国
性別 男性
身長 178cm
体重 0kg
血液型 O型
誕生日 1964年11月13日 (55歳)
干支
星座 さそり座

所属

事務所 JRエンターテイメント

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

-

-

好きなタイプ

イ・デヨンの好きなタイプに関する記事・報道記録はあまり残っていない。

性格

イ・デヨンの性格は、一つのことに熱中する性格で、特に演技のことが好きである。仕事で演劇をしているにも関わらず、時間が出来たら他の作品を見に行ってしまうほどである。

ある番組で、インタビュアーに「演技の他に興味があることはありますか?」と聞かれても「演技以外ないね。」と答えたという。

趣味

イ・デヨンの趣味は、演劇鑑賞である。

デビュー前の経歴

イ・デヨンのデビュー前の経歴としては、高校までは普通の学生をしていたが、ある日同級生が演技の練習をしていた。イ・デヨンはなんでそんなことをするのか尋ねたところ、「演劇をやっていてすごく面白い。お前も入ってみるか?となったんです。その演劇サークルに入る前は、実は演劇を1作しか見たことがなかったんです。でも、演劇の刺激に魅了されていて、それでその友達にくっついて演劇サークルに入りました。当時は、演劇自体の面白さはよく分からなかったけど、若者たちがひとつのことにこだわり、何かを創り上げることが楽しかったです。」と思い出を語っている。

出身・家族・学歴

大学 延世大学神学科卒業

周囲からの評判

イ・デヨンの周囲からの評判としては、翻訳劇『The Nether』への出演の際に熱烈なオファーがあったことを暴露して話題となった。

翻訳家のマ・ジョンファがイ・デヨンに対して、「オファーした時は、実は『春の日』への出演がもう決まっていて、終わった2週間後にこの作品が始まるスケジュールだったので、他にドラマの撮影もあるし、舞台に2作続けて出るのはちょっと申し訳ないとも思いましたが、作品を気に入って、どうしてもお願いしたいと出演を依頼しました。」と当時の様子について語っている。

整形

なし

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る