ユ・チェヨン

韓国の俳優・韓流スター 韓国の歌手

ユ・チェヨンについて

ユ・チェヨンは、歌手兼俳優である。1989年にボーカルグループ「ひょうきん者たち」でデビューした。1994年には、Coolのメンバーだったが、1995年にCoolを脱退して、Usのボーカリストとして活動し、翌年1996年にソロ歌手に転向した。

以後、バラエティ番組中心に活躍。2002年に映画『口笛姫』を介して映画女優としてもデビューした。しかし、2013年10月末胃癌末期判定を受けて、化学療法中、2014年7月24日享年42歳の若さで死亡し、多くのファンが悲しみに包まれた。

基本プロフィール

芸名 ユ・チェヨン (Yu Chaeyeong)
本名 キム・スジン (Kim Sujin)
国籍 韓国
性別 女性
身長 162cm
体重 40kg
誕生日 1973年09月22日 (47歳)
干支
星座 おとめ座

所属

事務所 150エンターテイメント

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

ユ・チェヨンの恋人とのエピソードとしては、一歳年下の事業家キム・ジュファン氏との結婚が報じられ話題となった。

二人はもともと10年来の友人で、2007年から恋人関係に発展。約2年間の恋愛期間を経て、結婚した。

当時マネージャーがいなかったユ・チェヨンのマネジメントもキム・ジュファンが引き受けるなど、夫婦協力しながら仕事をしてきた。二人に子供はいない。

性格

ユ・チェヨンの性格は、バラエティで大活躍していたため、非常な活発な性格なのかと思われているが、実際の性格は正反対で、物静かな性格である。

現場でも自分から話しかけることが少なく、共演者が「自分のことを嫌っているのではないか。」と誤解されることもあるそうだ。

しかし、自分の本来の性格とは正反対を演じなければいけないことは、思った以上にストレスが大きく、胃がんの発症原因の一つではないかと彼女の専門医は語っている。

趣味

ユ・チェヨンの趣味は、射撃である。夫のキム・ジュファン氏と共通の趣味でもあり、時折二人で野外射撃場にいく姿が見られた。

また、夫の勧めで釣りを始めて、これにもはまっている。本人曰く、釣り場の静寂、待っている間の空気感が好きであると語っている。

特技

ユ・チェヨンの特技は、舞踊やバレエを踊ることである。

デビュー前の経歴

ユ・チェヨンのデビュー前の経歴としては、もともと父親と離れて生活をしていたため、母親が女手一つで彼女を育てた。

幼い頃から踊りを習い、ダンスには定評があった。その後1989年にボーカルグループひょうきん者たちでデビュー。1994年には、Coolというグループのメンバーだったが、1995年に脱退。新たなダンスグループUsのボーカリストとして活動し、翌年1996年にソロ歌手に転向した。

しかし、過酷な芸能生活と遺伝により、2013年10月末胃癌末期判定を受けて開腹手術を受け、全身転移が発覚。抗がん剤治療を続けることとなる。しかし、癌の進行を止めることはできず、2014年 7月24日午前8時、夫と姑、実家の母、そして親しいタレントキム・ヒョンジュとイ・ソンミ、パク・ミソン、ソン・ウニが見守る中、ソウル延世大学校新村聖フランス病院で享年42歳で死亡した。

出身・家族・学歴

高校 安養藝術高等學校

周囲からの評判

ユ・チェヨンの周囲からの評判としては、彼女のアルバム『エモーション』の制作の裏側に注目が集まった。

ユ・チェヨンは、もともと父親と離れて暮らし、母親のもとで成長する。しかし、ユ・チェヨンが有名になり、父親が尋ねてきたことがあった。その時の感情について書いた作品が『エモーション』であり、当時の様子について、「成長する中で、父の姿を見たことが無かった。自分の母親を守りたいという考えが大きかったので、父親のことを考える暇がなかった。ところが、そのとき遠くから見ていた父親と目があった瞬間「パパ」という言葉が自然と出てきた。」と述べている。

整形

なし

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る