パク・ヒョンジェ

韓国の俳優・韓流スター

パク・ヒョンジェについて

パク・ヒョンジェは、1994年に演劇俳優デビューし、翌年1995年にSBS5期公開採用タレントで正式デビューした。

その後、2011年ドラマ『強力班~ソウル江南警察署~』、2013年『黒の旋律』、2014年『嵐の女』など多くの作品に出演して、着々と演技キャリアを積み重ねている実力派俳優の一人である。

基本プロフィール

芸名 パク・ヒョンジェ (Park Joonhyuk)
本名 パク・ヒョンジェ (Park Hyungjae)
国籍 韓国
性別 男性
身長 185cm
誕生日 1975年11月09日 (44歳)
干支
星座 さそり座

所属

事務所 タホンエンターテインメント

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

パク・ヒョンジェの恋人とのエピソードとしては、2006年に梨花女子大学大学院デザイン学修士出身のチェ・チャヨンとの結婚が報じられ話題となった。

もともと、チェ・チャヨンが通っていた女子大の話術教養の講師としてパク・ヒョンジェの母であるソン・ドスンが教えていたというきっかけがあり、親睦を深めていった。

現在では、娘1人、息子1人を持ち、幸せな家庭を築いている。

性格

パク・ヒョンジェの性格については、2012年KBSTV『余裕満々』に出演した母ソン・ドスン曰く、「私も若い時はそうであったが、息子も同様に妥協しない性格である。無愛想なところもあり、周りの人たちからは、怒っているのではないかと勘違いをされることもしばしばある。しかし、根は優しい性格の持ち主で、幼い頃はケンカは全くしなかった。」と、母親からの目線で語っている。

趣味

パク・ヒョンジェの趣味に関する記載は特にない。

特技

パク・ヒョンジェの特技に関する記載は特にない。

デビュー前の経歴

パク・ヒョンジェのデビュー前の経歴としては、母が声優のソン・ドスンであり、その影響もあってか、1995年にSBS5期公開採用タレントで正式デビューを果たした。しかし、無名時代が長く苦労の芸能人生を送っている。

それに対して、母ソン・ドスンは「次男は会社に通っているので気にしないが、長男は俳優なので心配が多い。」と口にしている。続けて、「俳優と言う職業は、機会が来るまで待たなければなら職業ということはよく分かっている。しかし、息子のことを考えだけで胸が痛い。」と悩みを打ち明けてもいる。

出身・家族・学歴

兄弟 なし
大学 中央大学

周囲からの評判

パク・ヒョンジェの周囲からの評判としては、2014年MBCドラマ『嵐の女』で共演した女優コ・ウンミが、当時の撮影秘話を話している。

OBS『ユニークな芸能ニュース』に出演したコ・ウンミは、「パク・ヒョンジェとはキスシーンが多かった。」と恥ずかしそうに語った。また、「キスシーンを撮るたびに、パク・ヒョンジェのひげが私のあごにずっとささっていた。そうしたら真っ赤に腫れ上がって病院に行った。」と裏話を話し、会場を笑いに包んだ。

整形

なし

関連するアーティストを見る