シン・ソンウ

韓国の俳優・韓流スター 韓国の歌手

シン・ソンウについて

シン・ソンウは、1992年にロック歌手としてデビュー。彫りの深い顔立ちのため、ファンから「テリウス」のニックネームで呼ばれたこともある。2000年以降は俳優としても活動し、ドラマ『威風堂々な彼女』への出演などで注目を集めた。

『三銃士』などのミュージカルで、日本でも人気が上昇。2015年の『武林学校』では武術の達人で、主人公と対立する組織の組長役を演じる。2014~15年は若いスターたちと同居するリアルバラエティ『ルームメイト』に出演し、料理が上手なため「シンママ」の愛称で人気になる。

基本プロフィール

芸名 シン・ソンウ (Shin Sung Woo)
本名 シン・ドンユン (Sin Dongyun)
国籍 韓国
性別 男性
身長 182cm
体重 70kg
血液型 A型
誕生日 1967年05月27日 (53歳)
干支
星座 ふたご座

所属

事務所 マンパシクジョクエンターテイメントCEO

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

チェ・シラは、歌手のシン・ソンウと付き会い、婚約まで済ませた。1997年に、結婚式を20日くらいに控えていたが、婚約破棄を宣言し、世間を騒がせた。

お金の管理問題をめぐった、両家の対立というのが、大方の見方であった。

一般人・不明・該当なし

シン・ソンウは妻とのラブストーリーは「14年前に初めて会った。その時はガキだった。ところで、10年後に会う話が通じていたよ」と語った。 続いてシン・ソンウは「誰が見ても別れるほど戦ったのに私のそばを守るよ。この友達なら私は何をして、どこに行っても、私のそばにいるようだった。結婚と思った」と述べた。

また、シン・ソンウは結婚をしたことについて、「結婚後、妻に向かって心構えが変わった。生涯の友人を保護してくれるという気がする。命がもう一つできた」と話して感動をもたらした。

好きなタイプ

シン・ソンウの理想のタイプは、一緒にいて楽なスタイルの従順型で賢明な女性で外見は清純な顔がタイプである。

シン・ソンウは過去のインタビューで「私が芸術家であるため、老いていく感じより新しいエネルギーを受けることができる人がもっと良いみたいです。私を次々に引き立ててくれる人であればいいですね。」と明らかにしている。また、年上か年下のどちらがいいかという質問に「あー、年上は…僕の歳が(笑)年上と会うのは…」と答えている。

性格

シン・ソンウは2016年に16歳年下の女性と結婚した。過去のインタビューでプロポーズについては「まともなプロポーズをしなかった。 性格がそのような面がある。」、「事実この前に公演があった。 それでその舞台の上でしたかった。 しかし結局できず、今日私がプロポーズを兼ねた歌を一曲歌った。」と言っている。

また、シン・ソンウは新婦のどんな点が気に入ったのかの質問に「このような友達なら、俺が一生どこを行っても、このような仕事をしてみようと言った時、黙々と私に付いて来てくれるようだった。 私がつらかったり、そんなとき、この友達に力を受けることができるだろうと考えた。」と打ち明けた。

また、反対に「妻は自分のどんな点を気に入ってたのか。」という質問には「そのまま頑是ない子供を見るように気楽に笑ってくれる。」と話している。息子が生まれてロックをするといえば、どうするかという質問には「そうだね。 それでは人生をロックに生きろとしなければならない。 そうでなければ他の仕事を探した方がいいと話す。 私が生きた人生とは環境が違う。」と話した。

趣味

シン・ソンウの趣味は、映画鑑賞である。

特技

特技かどうかわからないが、シン・ソンウは演技者だけではなく歌手、そして、彫刻家でもある。シン・ソンウは過去に2009年に京都の「ぎゃらりぃ思文閣」で開かれる「韓国現代彫刻六人展~日本古美術と韓国現代美術の出会い~」に出展したこともある。

また、中央大学彫塑学科出身のシン・ソンウは、2007年に広島で開催された韓日美術交流展「Hug」、2006年の韓日美術展「京都とソウルの出会い」にも出展したことがある。

デビュー前の経歴

シン・ソンウは、彫刻のような外貌、身長、キロクジ、ハスキーな声、すばらしい腹筋のしっかりした体つき。実に品よく年を取ってという言葉を使うのに不足することがない。何一つ劣るものがないのに、ただひとつ足りないのが一つがあったら有名。 最近彼の歌を知らない人に彼は「クク島の秘密」から出たシン課長ぐらいで記憶されている。

デビュー時代には同じ時期にデビューした同い年イ・ドクジンとともに援助、テリウス論争を繰り広げるほどで美男歌手だった。 当時の人気はすごく、今のユン・ドヒョンバンド以上の人気を謳歌していた。 デビューの頃から彼がする音楽よりは彼の容姿が先に注目されたが、同時期に同様のコンセプトに消費されていたイ・ドクジンと比較してみれば、イ・ドクジンはチェ・ソンウォンのキ・フェクハにそのまま曲一つだけで注目されたのに比べてシン・ソンウの場合、彼自身のアルバムでロック音楽の作詞、作曲をしてきた人だ。 つまり、シン・ソンウは、外貌のためその音楽性が逆差別された場合だと言える。

出身・家族・学歴

兄弟 妹1人
高校 崇実高校
大学 中央大学芸術学部嘲笑専攻

周囲からの評判

シン・ソンウは、今まで活動しながら、様々な話題が多かった。先に歌手活動時期だった1992年に大麻で書類送検された事件がある。 1988年度にしばらく手を出してすぐに止めたが、一歩遅れて過去の事に足を引っ張られたのだ。

情状酌量されたためにこれといった放送規制は受けなかったが、黒歴史に残っている。そして当時に似たようなロックバラード歌手コンセプトと互いに競争関係だった歌手イ・ドクジンとの仲がとても良くなかったらしい。

整形

シン・ソンウの整形の噂はない。

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る