シン・スンファン

韓国の俳優・韓流スター

シン・スンファンについて

シン・スンファンは、もともと俳優チャ・テヒョンのマネージャーだったが、2001年にドラマ『ピアノ』で俳優デビューした。その後幾つかドラマに出演し、これから軌道に乗り始めると思われていたが、2004年9月に兵役逃れで逮捕され、2004年11月に懲役8ヶ月の判決を受けている。

芸能界に復帰後は、2015年の『輝くか、狂うか』では高麗の皇子(チャン・ヒョク)の小間使い役、『ミセスコップ』では協力班長(キム・ヒエ)の情報屋役などユニークなキャラクターを演じている。

基本プロフィール

芸名 シン・スンファン (Sin Seunghwan)
本名 シン・スンファン (Sin Seunghwan)
国籍 韓国
性別 男性
身長 181cm
体重 90kg
血液型 A型
誕生日 1978年12月12日 (41歳)
干支
星座 いて座

所属

事務所 インエンエンターテイメント

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

イ・テランは、同い年のベンチャー企業経営者である、シン・スンファンさんと2014年3月1日12時に、ソウル江南区論峴洞ヴィラデベイリーで、プライベートに結婚式を挙げた。

2人は2013年に、知人の紹介で出会い、多忙なスケジュールの中でも愛を育み、結婚した。

テランは4月17日に、自分のウェイボーに「多くの方を招待できず、申し訳ないこと、寛大に理解お願い申し上げ、幸せに暮らす姿で、すべての方々と、中国のファンの方々に恩をお返しします」と結婚を知らせた。

この日の結婚式には、KBS2 『王家の家族たち 』で共演した、オ・ヒョンギョン、キム・ユンギョン、キム・ヒジョンなどが参加し、目を集めた 。

シン・スンファンの恋人とのエピソードについては、ネイルアーティストのカン・ジュヒさんとの出会いが報じられ話題となっている。

二人は、2005年ごろに初めて出会い、その後約5年ほど交際をした後に結婚した。シン・スンファンが、服役し、俳優業に復帰するまでの間は、当時付き合いたてだったカン・ジュヒさんが全てのサポートをしたと報じられている。

好きなタイプ

シン・スンファンの好みのタイプについては、あまり多くの情報が残っていないが、シン・スンファン自身が「仕事が終わっても仕事の話を大声ですることができる家庭がいい。」としていることから、それについてきてくれる女性がタイプであるとされる。

性格

シン・スンファンの性格については、彼が役作りをする際に顕著に表れ、高い集中力でキャラクターに没頭し、作品ごとに大きな愛情を持ってアイディアや意見をぶつける仕事一筋の人間である。

また、リュ・スンワン監督は媒体インタビューで「シン・スンファンは自身のセリフについてもいろいろ噛み付いてきて、それがいい意味で本当に熱心だと思った。」と称賛している。

趣味

シン・スンファンの趣味は、カメラ撮影やゴルフである。

特技

シン・スンファンの特技は、チャ・テヒョンᅟのマネージャー時代に見つけた、「居眠りしながら運転」することだと番組で暴露し、笑いを誘った。

デビュー前の経歴

シン・スンファンのデビュー前の経歴としては、細かな経歴が公表されていないが、俳優とデビューする前は、チャ・テヒョンのマネージャーをしていたことが明らかとなっている。

出身・家族・学歴

兄弟 兄1人、姉1人
高校 慶南高校
大学 ソウル芸術大学放送芸能科

周囲からの評判

シン・スンファンの周囲からの評判としては、定期的にボランティア活動で海外に渡航しており、その地道に支援する姿は芸能界の中でも話題となっている。

彼がウガンダを訪問した際には、「助けが必要な小さな手がたくさんある。人々に向けて力になりたかった。 多くの方々が、もう少し関心を持って周りを見回してくれたらと。」と熱く語った。

整形

シン・スンファンの整形の噂は特にない。

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る