サガン

韓国の俳優・韓流スター

サガンについて

サガンの本名は、ホン・ユジンで、1996年のドラマ『遠い国』でデビューした女優である。

2002年のワールドカップ開催時期に、芸名を変更したが、韓国が四強(사강、サガン)入りしたことにより、注目された。クリっとした目に、不思議な可愛らしさで人気を集めた。

サガンは、2007年に一般会社員と結婚した後、数年後に出産した。夫は、日本へ転勤となり、しばらく離れて暮らしていたが、米国転勤が決まったことにより、2002年に芸能界を引退した。

基本プロフィール

芸名 サガン (SaKang)
本名 ホンユジン (Hong Yujin)
国籍 韓国
性別 女性
身長 168cm
体重 45kg
血液型 B型
誕生日 1977年11月25日 (42歳)
干支
星座 いて座

所属

事務所 ルートエンターテイメント

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

サガンは、2011年に長女を出産した後、3年ぶりに世間の話題に上がった。ある関係者は、「サガンが米国で次男を出産し、現在は韓国で滞在しており、家事と育児に集中している」と伝えた。

サガンは2007年に、4歳年上の会社員と10年恋愛の末に、結婚式を挙げた。以後、2012年からは、家事や育児のために、芸能界暫定引退を宣言して、米国支社で働く夫と一緒に、米国に渡った。

一方、サガンの夫シン・セホ氏は31日に、あるメディアのインタビューで、「妻は、演技活動の再開も考慮している」と明らかにし、関心を集めた。

好きなタイプ

サガンの好みのタイプは、万能スポーツマンである。

性格

サガンは、「儀式ばらない性格も、やはり人間サガンに帰った時、対人関係ではいいかも知れないが、放送でその姿をそのまま見せることは、ちょっと自制をしなければならないと感じた」と、放送人として最近変わった、自分の心の内を説明した。

礼儀のないTVに映る自分自身を目撃した後、サガンはむしろ実際の性格と最も近似した、「率直で大雑把な役」を演じることが、更に難しくなったという。

ニューヨーカーのようなイメージの為、デビュー当初から悪役を担当した彼女には、イメージの刷新が必要であった。しかし、気さくで、歯切れの良い性格のせいか、役の変身は容易ではなかったという。

約5年間、放送活動をしなかったサガンは、最近になって「声のトーンをアップして、女らしく見せようと努力する」と明かした。

また、「私は、高級な悪役はダメなようだ。ドラマ『イヴのすべて』のキム・ソヨンさんのようにはなれなかったが、ずっと憎めない、魅力的な悪役がしたいです。ですが、私は『意地悪だけがいっぱいついている悪役』と表現される。生まれつきの容貌もあり、そう言われる可能性はあると考えていたが、時にはそれが嫌だった」と、演技者としての短所まで、気兼ねなく明らかにした。

趣味

サガンの趣味は、運転しながら音楽を聴くことである。

特技

サガンの特技は、乗馬、ウィンドサーフィン、剣道、カーレーシングである。

デビュー前の経歴

サガンは、1996年のドラマ『遠い国』で、俳優デビューした。2002年のワールドカップ開催時期に、芸名を変更したが、韓国が四強(사강、サガン)入りしたことにより、更に注目された。

出身・家族・学歴

大学 安養芸術高校演劇映画科(1994年〜1996年)、檀国大学校演劇映画学科(1996年〜2000年)

周囲からの評判

サガンの姑は、「私たちは、家族がよく集まる。 娘が料理をよくして、料理に神経をたくさん使う。 嫁(サガン)もよくやってくれたのですが、その料理を食べることは、少し辛い」と、料理の実力をディスり、笑いを誘った。

これに舅は、「そんな話を何のためするのか。 よくすると言えばいい」と言いながらも、「一口だけ食べた」と答えた。

一方、『オーマイベイビー』には、チョン・シア、ベク・ドビン夫婦とジュヌ姉弟、サガンとチェ・フン、ソフン姉妹、シューと息子ユー、娘ラヒラ、ユル姉妹が出演した。

整形

なし

公式サイト・SNS

関連するアーティストを見る