キム・ジユ

韓国の俳優・韓流スター

キム・ジユについて

キム・ジユは、ミスコリアでデビューし、その後ドラマ出演を果たした女優である。もともと美しい外見を持ち、注目度は高かったが、その中でも『イブの愛』での悪女の役が外見とぴったりだと話題になり、一躍有名女優に上り詰めた。。

また、『ハッピートゥゲザー3』に出演した際には、ミスコリア出身にもかかわらず、ざっくばらんな姿を見せ、多くの視聴者から共感を得た。

基本プロフィール

芸名 キム・ジユ (Kim Ji  Yu)
本名 キム・ミンギョン (kim min kyung)
国籍 韓国
性別 女性
身長 168cm
体重 50kg
誕生日 1981年08月10日 (39歳)
干支
星座 しし座

所属

事務所 レッドブリックハウスPFエンターテイメント

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

一般人・不明・該当なし

キム・ジユの夫は、業界関係者で同じ現場で働きながら恋人関係に発展した。 二人の結婚式は、家族親族や知人を招待し、小規模ながら和やかに進行された。また、キム・ジユは「夫は、同業者ということもあり、職業の理解もあるし、そばでしっかり守ってくれる変わらぬ姿に結婚を決心するようになった。」と述べた。

好きなタイプ

キム・ジユの好みのタイプは、尊敬できる男性である。

性格

キム・ジユは、自身の性格について「周りからは、ちゃんとしているとよく間違われるが、本当は全然違います。どちらかといえば誰にでも話しかけ、砕けた性格です。」とインタビューで答えている。

趣味

キム・ジユの趣味は、映画鑑賞、手紙を書くことである。

特技

キム・ジユの特技は、バレエ、ウェイクボードである。

デビュー前の経歴

キム・ジユは、2001年のミスコリアのソウル選抜に選ばれた後、2002年ミス・ユニバースに韓国代表として出場した経歴を持っている。

その後、ドラマ『ご両親宛、母が怒った』に出演し世間に名を知らしめたが、それ以降、3年間の空白期間を持った。

2011年にJTBCドラマ『パダムパダム』で復帰し、『子供のないのが幸運』と相次いで出演した。

出身・家族・学歴

兄弟 不明
大学 東国大学校演劇映像学科卒業

周囲からの評判

キム・ジユは最近放送されたKBS 2TV「ハッピートゥゲザー3」にて、「私の体に8億ウォン(約7519万円)がかかったという噂を聞いた」と話した。

続いて「率直に話すと、二重まぶた手術だけ3回した。高校を卒業して1回、ミス・コリアになってから1回した。その後10年はそのまま暮らしたが、女優は目で表現する演技が多いため、再手術を受けた。再手術を受ける際には、目を閉じることができなくなるのではないのか心配になった。」とつけ加えた。

整形

キム・ジユは、目を三回ほど手術したと暴露している。

公式サイト・SNS

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る