チェ・ソンヒョン

韓国の俳優・韓流スター

チェ・ソンヒョンについて

チェ・ソンヒョンは、2008年SBSドラマ『食客』でTVデビューを果たし、以後『ミセス・タウン』『あなた、笑って』『セレブの誕生』『検事プリンセス』『プレジデント』『ロマンスが必要』『あなたなしでは生きられない』『TEN2 』『じゃがいも星』『ママ』『空港に行く道 ハン・ジウン』『ヴァンパイア探偵』『月桂樹洋服店紳士』に出演している。

映画では『仁寺洞(インサドン)スキャンダル』『ガールフレンズ』『深夜のFM』『ヨンゴン探偵事務所』に出演している。

基本プロフィール

芸名 チェ・ソンヒョン (Choi Song Hyeon)
本名 チェ・ソンヒョン (Choi Song Hyeon)
国籍 韓国
性別 女性
血液型 O型
誕生日 1982年04月11日 (38歳)
干支
星座 おひつじ座

所属

事務所 シグノルエンターテインメントグループ
デビュー年 2006

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

キム・レウォンの恋人とのエピソードとしては、2009年3月に女優チェ・ソンヒョンとの熱愛が報道された。

チェ・ソンヒョンは元KBSアナウンサーで、2008年5月にKBSを退職した後、キム・レウォンが自ら設立した芸能事務所ブレスエンターテイメントと専属契約し、キム・レウォンとは映画『仁寺洞スキャンダル』で共演した。

実際に、漢南洞や梨泰院洞で密かにデートしているところや、週末に漢南洞聖堂でミサに出席しているとの目撃情報もある。ある関係者は「チェ・ソンヒョンが司会を務めるバラエティにキム・レウォンが出演したのが二人の出会いであった。その後、チェ・ソンヒョンの女優への転身に力を貸したようだ。」と述べた。

しかし、事務所は「宗教が同じで聖堂に行っただけ。同じ事務所の先輩後輩以上の関係はない。キム・レウォンは事務所の代表として、所属タレントの面倒を見ているにすぎない。」と否定した。

好きなタイプ

チェ・ソンヒョンはインタビューで「年上よりは年下の方が好きです。恋愛観が保守的な方だから嫉妬心もあり、好きな人がいたら自分のすべてを注ぎ込むスタイルです。浮気するなんて、絶対容認できないです。相手も私と同じ感覚でなければなりません」とし「海のように心が広い人がタイプです」と語った。

またチェ・ソンヒョンは、アナウンサー時代には俳優のコン・ユがタイプの男性だと話している。

性格

チェ・ソンヒョンは、ドラマ『あなたなしでは生きられない』のインタビューで「撮影場で大先輩たちに接近するノウハウにはどういったものがあるのか?」という質問に「愛嬌です。もともと親しくなれば愛嬌がある性格です」と伝えた。

また「私もドヒ(務めた役の名前)のように不満なことや言いたいことがあったら、心に留めておくことができず、意思を伝えようとする性格です」とつけ加えた。

趣味

スキンスキューバ講師の資格証を持っているチェ・ソンヒョンは、ダイビング関連の資格を25個持っているという。また、バラエティ番組『ジャングルの法則』出演時には、海女と匹敵する潜水の実力を見せた。

特技

チェ・ソンヒョンは、日本語・中国語に関しては日常会話ができるほどで、2005年ウェザーニューズでは、日本語で気象予報番組のMCも務めた。

デビュー前の経歴

チェ・ソンヒョンは、高校生のときに雑誌のモデルに合格したが、両親から「まず大学進学後、考えよう」と言われて諦めた。

チェ・ソンヒョンは、2006年KBS公開採用アナウンサー32期に合格し、KBSアナウンサーとして2006年から2008年まで活動した。

しかし、2008年5月にKBSを辞職して、元々の夢だった女優の道へ進んだ。KBS入社前の2005年、日本語で気象予報番組のMCを務めた。

出身・家族・学歴

兄弟 姉2
高校 開高等学校
大学 延世大学校新聞放送学科

周囲からの評判

チェ・ソンヒョンは、SBS芸能プログラム『カンシムジャン』に出演し「新入アナウンサー時代、私は慶尚南道昌原(キョンサンナムド・チャンウォン)に、チョン・ヒョンムは大邱(テグ)に発令が出たが、クリスマスの日にすることがなくて、大邱まで列車に乗ってチョン・ヒョンムに会いに行った」と当時のことを話した。

その後、チェ・ソンヒョンはチョン・ヒョンムとご飯を食べたのだが、夕方になって汽車に再び乗って帰るのがめんどくさくなったのだそう。チェ・ソンヒョンは「昌原まで連れてってくれ」と頼んだが、チョン・ヒョンムはきっぱりと拒否したというエピソードを暴露した。

整形

なし

公式サイト・SNS

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る