チェ・スリン

韓国の俳優・韓流スター

チェ・スリンについて

チェ・スリンは、2000年のSBSドラマ『火花』でブラウンデビューした、韓国の俳優である。

その後、『危険な愛』、『ニューハート』、『母の歌』、『ハロー!お嬢さん』、『私はあなたに惚れた』、『シンデレラマン』、『パートナー』、『新・別巡検』、『江南ママの教育戦争』、『黄金の新婦』、『愛しの金枝玉葉』、『パートナー』、『その男が憎らしい』、『ミステリー刑事』、『ギョンスク、ギョンスクの父』、『ヒーロー』、『鉄の王キム・スロ』、『黄金の魚』、『楽しい我が家』、『きらきら光る』、『私も、花!』、『天使の報酬』、『素敵な人生づくり』、『1年に12人の男』、『武神』、『花ざかりの君たちへ』、『馬医』、『天まで届け、この想い』、『私の10年の秘密』、『愛してもいいんじゃない』、『一途なタンポポちゃん』、『ラブオン・ハイスクール』、『ミセン~未生~』、『ゴールデンクロス』、『白夜姫』、『鳴かない鳥』、『恋するジェネレーション』、『我が家のハニーポット』、『我が家のロマンス』、『いつも春の日』、『恋する泥棒』、『前世の敵たち』など、多くの作品で活躍した。

2009年の映画『マリンボーイ』でスクリーンデビューし、『私のお姉ちゃん』にも出演した。

基本プロフィール

芸名 チェ・スリン (Choe Surin)
本名 チェ・ジョンイル (Choe Jeongil)
国籍 韓国
性別 女性
身長 169cm
誕生日 1974年12月25日 (45歳)
干支
星座 やぎ座

所属

事務所 FEエンターテインメント

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

一般人・不明・該当なし

チェ・スリンは、リポーター時代に知り合った、在日韓国人2世の事業家と、1998年6月22日に結婚した。

人工受精を3回失敗して、4回目にようやく妊娠でき、2004年に息子のイ・スンフンが生まれた。

好きなタイプ

チェ・スリンが結婚した夫は、優柔不断な部分があるが、客観的な性格である。新婚の時、オーディションで落ちた彼女に、温かく慰めてくれるというよりかは、「あなたのどんな点が問題なのか、考えてみなさい」と、冷静に諭すタイプである。しかし、ちゃんと助言も言うなど、フォローもしてくれる男性である。

性格

チェ・スリンは、これまで主に悪役を演じてきたため、冷たいイメージで、多くの誤解を受けてきた。そんなスリンの実際の性格は、そんなマイナスなイメージと正反対のものである。

スリンは、「普段、家の前や近所に、安物を着て出たら、芸能人ではないようだと、よく言われます。『少し化粧してから、外に出て』ともよく言われます。私のイメージは、女性っぽくて、ちょっとおとなしいイメージがあります。でも一つ一つ、はっきりと言う傾向もあります。明るくて、ちょっとテンションの高いキャラクターが似合うと、よく言われます」と、自身の人物像を明らかにした。

また、他のインタビューでスリンは、「もうちょっと静かで、内向的でした。ですので、幼い頃の友達が私を見ると、驚くはずです。私が画面に出て、話をし、騒いだりしているのを見ると」とも伝えている。

趣味

チェ・スリンは、遺伝的に太ももが太く、背が大きくなりやすいために、俳優の姉と一緒に、いつもダイエットで運動をしている。

出身・家族・学歴

兄弟 姉1
大学 ソウル芸術大学放送演芸科

周囲からの評判

チェ・スリンは、KBSのバラエティー番組『クイズショーサチョンサ』に、姉のユ・ヘリを共に出演し、ヘリは「妹と私は、10歳以上も歳の差がある」と紹介した。

「幼い頃、『妹がいればいいな』と思っていたら、ある日学校に行って、帰ってきたら、スリンが生まれていた」と話した。またヘリは、「その後、妹のスリンは、私のおもちゃのような存在だった。生まれた時に、皮膚が浅黒く、母親が買い物に行くと、漂白剤で、顔を毎日磨いてあげた」と、当時の思い出を語った。

整形

公式サイト・SNS

関連するアーティストを見る