チェ・ジョンウォン

韓国の俳優・韓流スター

チェ・ジョンウォンについて

チェ・ジョンウォンは、2001年のKBSドラマ『クール』で、ブラウンデビューした俳優である。学校に通いながら、同時に撮影に臨んでいたので、後悔が残る作品だと伝えている。

以降、『神話』『オールイン』『愛情万歳』『恋人』『12月の熱帯夜』『ホン所長の秋』などに、出演した。2006年『噂のチル姫』で、ナ・ミチル役を演じ、話題になった。その他にも、『風の国』『星をとって』『ブレイン』『彼女の神話』『魔女のお城』などに出演した。

2007年の映画『里長と郡守』でスクリーンデビューし、その後も『マイファーザー』『大韓くん、民国さん』『Sydney in Love』『パーフェクトゲーム』、2013年の『いい友達』など、多数の作品に出演した。

基本プロフィール

芸名 チェ・ジョンウォン (Choe JeongWon)
本名 チェ・ジョンウォン (Choe JeongWon)
国籍 韓国
性別 女性
身長 167cm
体重 45kg
血液型 AB型
誕生日 1981年04月24日 (39歳)
干支
星座 おうし座

所属

事務所 イマジンアジア

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

チェ・ジョンウォンは、8歳年下の俳優ペク・ソンヒョンと過去、関係が噂になった。

オーストラリアで、仲良く一緒にいる写真が、現地留学生のネチズンのブログに紹介され、インターネットを通じて急速に拡散された。その留学生は、「ジョンウォンと一緒にいる男が誰なのか、知りたくて探してみると、ソンヒョンの顔と似てるかな」と、写真と書き込みを残した。

所属事務所側は、「この二人は、実際恋人の関係ではなく、プロモーションビデオの撮影のため、オーストラリアを訪れた。普段から姉と弟のような間柄で、緊密な親交関係を維持している」と伝えた。

2009年2月に、8歳年上の女優チェ・ジョンウォンとの熱愛説が報道された。内容は、オーストラリアのシドニーで2人がデートを楽しんでいたという目撃情報からだった。しかし、これは2人が主演する短編映画『シドニーインラブ』の撮影だったことが明らかになり、劇中の恋人同士という事でこの熱愛説は終息を迎えた。

好きなタイプ

2013年"能力はあるが、自慢しない、また、頼もしい男らしさを示しながらも、ユーモアがある退屈していない男性の理想型"と明らかにした。2015年SBSパワーFM《キム・チャンリョルのオールドスクール》に出演して"私の理想型はチャンリョルお兄ちゃんみたいなスタイルだ。愉快でおもしろくて、好き嫌いが確実なようだ"といい、また"お互いのソム(友だち以上恋人未満の関係)の時、私が惚れる部分はこの人が他の女性を見ないで私だけを女と見るという特別さを感じるときだ"と付け加えた。

性格

チェ・ジョンウォンは、1男3女の長女として生まれた。ジョンウォンは幼いころ、近所の子どもたちをまとめる、ガキ大将であった。彼女によると、「振る舞いが、いたずら小娘だった。幼年時代には、町の友だちを私がすべて管理したと言っても、過言ではない。男の子たちも、すべて私の号令を受けました。思春期だった、中学生の時を除いてはいつも友達が多く、私はいつも人の前に出る役割を引き受けました。今も大ざっぱな方だけど、少し人見知りする所があります。しかし、心が通じれば、本当に親しくなるタイプです。そして、周りから、一人娘のようだと言われるが、1男2女の長女です」と伝えている。

この記事を書いた記者は、「自身が会ったジョンウォンは、社交的であり、明るく暖かい女性だった」と記事を書いた。

趣味

チェ・ジョンウォンは、インタビューで「不眠症な所があり、一日3時間くらい睡眠するが、夜遅くまで眠くないときは、本を読んでいる。この間も、5冊購入してきた」と話している。

インスタグラムに、乗馬をする写真と共に、「#お久しぶりに乗馬#自分撮り一枚#お久しぶりに馬に乗ってドキドキです^#夕焼けという子#」という文を掲載した。

特技

チェ・ジョンウォンは、写真を撮られることや、自撮りがとても好きで、自分のミニホームページに、ほとんど写真集レベルの写真を掲載してる。

デビュー前の経歴

 チェ・ジョンウォンが演技に関心を持つようになったのは、可憐な女の子がよく言われがちな「芸能界に、入ったら」という、周囲の勧めだった。

漠然とした好奇心で、公演会場を探しまわったことが、結局演劇映画科への進路を決定する、踏み台となった。特に、入試までの日程が、あまり残っていない時に観覧した、パク・チョンジャ主演の『屋根の上のバイオリン』に、大きな感銘を受けたそうだ。

「両親の反対が大きかったが、東国大・演劇映画科を受験し、合格しました」と、インタビューで答えた。

出身・家族・学歴

兄弟 弟1妹2
高校 瑞草高等學校
大学 東国大学演劇映画学科卒業

周囲からの評判

チェ・ジョンウォンは、2015年のバラエティー番組『'ハッピートゥゲザー3』で、「過去、SBS芸能プログラム『仲良しノート3』に出演した時、俳優のソン・イルグクが、あまりにも寡黙な方で、対話をあまりしなかった。話しても、挨拶だけだった。ところが後で私に、作品を共演した俳優の中で、『私と一番たくさん話をしたの』と言われた」と言い、笑いを呼んだ。

また、「劇の初めのシーンが、イルグクの頬を殴るシーンだった。手が辛い方なので、一度に終わらせようと強く打ったが、終わってからみると、イルグクの顔が、赤くなっていた。私とあまり会話しなかった理由が、『頰を強く叩いてしまったせいだ』と誤解をしたりもした」と打ち明けた。

整形

チェ・ジョンウォンは、目の整形が疑われている。

公式サイト・SNS

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る