チェ・ジョンアン

韓国の俳優・韓流スター

チェ・ジョンアンについて

チェ・ジョンアンは、1996年のMBCシチュエーションコメディ『男女6人恋物語』で、俳優デビューした。

以降、『かたつむり』、『キリマンジャロの雹』、『片思い』、『折鶴 』、『誰も私を愛さない』、『雪花-Snow Flower- 』、『ミナ』、『あの青い草原の上で』、『僕は走る』、『神海』などに出演した。

離婚後の復帰ドラマ、『コーヒープリンス1号店』で、第2の全盛期を迎え、主人公より応援されるなど、多大な人気を得た。また同時に、純粋のイメージを確立した。

その他にも、『カインとアベル』、『熱血商売人』、『逆転の女王』、『男が愛する時』、『総理と私』、『弁護士の資格〜改過遷善』、『元彼女クラブ』、『ヨンパリ』、『タンタラ』、『マンツーマン』などに出演した。

1998年の映画『あきれた男たち』で、スクリーンデビューした。その後も、『Run2U』、『お母さん』、『純情漫画』、『父を貸してあげます』、『2つの恋愛』などに出演している。

2000年に、ダンス曲「無情」で歌手デビューをし、第10回ソウル歌謡大賞で、新人賞を受賞した。以降「手紙」、「goddess... her fate」を発売したが、アイドル時代に入った上、生中継でライブ風に歌う風習へと変わり、テクノの人気も無くなったため、最後のアルバムになった。

基本プロフィール

芸名 チェ・ジョンアン (Chae Jeongan)
本名 チャン・ジョンアン (Jang Jeongan)
国籍 韓国
性別 女性
身長 172cm
体重 48kg
血液型 B型
誕生日 1977年09月09日 (43歳)
干支
星座 おとめ座

所属

事務所 ラッキーエンターテインメント
デビュー年 1995

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

チェ・ジョンアンは、2005年に、3歳年上のPR会社のマーケティング役員、キム・サンチョルと結婚式を挙げた。

当時、俳優ユン・ソイとハン・ジミンが、付添い役として立っていた。離婚後のバラエティー番組で、ソイに「付添い役をやってくれたのに、離婚してしまい、悪かった」と謝った。

結婚後、芸能活動を中断していたが、離婚してから1年6ヵ月ぶりに芸能界へ復帰した。2人の間に子供はおらず、離婚の原因は、性格の違いと明らかにした。

好きなタイプ

チェ・ジョンアンのプロフィールによると、好みの男性は、気楽で優しい男性、尊敬できる男性である。

バラエティー番組で明らかにした、タイプの男性は、背中が広い男性である。

性格

チェ・ジョンアンについて、バラエティー番組の『現場トークショータクシー』に出演した時、俳優オ・ナラは「(一緒に撮影した俳優の中に)まだ連絡を取っている俳優はいるか」という質問に対し、「ジョンアンだ。本当に魅力的だ」と答えた。また「ジョンアンの下ネタ話は、冗談じゃない。足ががくがくするほど、深く話をする」と暴露した。

また、バラエティー番組『ソムナムソムニョ』で、俳優ハン・ジミンは、「どうも、お姉さんが(作品で)演じる役柄が、少し横柄でけちで、利己的な気がするけど、実際会うと全然違う」と明らかにした。また、実際のジョンアンについて「全て与える人。周りの人との関係も良好」と話した。

ジョンアンは、独歩的なバラエティ感を持っていて、バラエティー番組に出ると、たちまち検索1位になり、視聴率更新の記録も立てるほどである。

趣味

チェ・ジョンアンのプロフィールによると、趣味は、歌、運動、踊り、ポケットボールである。インスタグラムでは、ゴルフや自転車に乗る姿の写真が、アップされてる。

特技

チェ・ジョンアンのプロフィールによると、特技はジャズダンスである。

2017年現在は、バラエティー番組『アヌンヒョンニム(知り合いお兄さん)』、『ハンキジュプショ(一食頂戴)』で、「ベルリンに住む知り合いのお姉さんが教えてくれた」という、ベルリンダンスを披露し、出演者を含め、スタッフや視聴者に、大きな笑いをプレゼントした。

デビュー前の経歴

チェ・ジョンアンは、1995年のJohnsons「きれいな顔選抜大会」で、グランプリを受賞し、広告モデルとして活動を始めた。

レモナ広告モデルで、キュートなイメージと、黄色いレモナと調和した新人として、多くの大衆の認知度とイメージ向上を得た。

出身・家族・学歴

兄弟 妹1
高校 禮一女子高等學校
大学 東国大学校・演劇映画科

周囲からの評判

チェ・ジョンアンについて、映画『二つの恋愛』共演した、キム・ジェウクは、ジョンアンが自分と激情メロー映画を撮りたいと、話したことについて、「一体、僕のどんな面を見て?」と笑って、「ジョンアンお姉さんは、意地が悪い面がある。いたずらもよくして、とても面白い人だ」と話した。

加えて「ジョンアンお姉さんは、本当に可愛い。お姉さんとは激情メロより、ロマンチックコメディーの方が、もっと上手くできそうだ」と言って、笑いを誘った。

また、俳優のイ・テソンは、「あまりにも童顔で、普段のスタイルや性格がとても素敵で、演技をする間はドキドキした。実際に、9歳年上でも、恋できそうだ」と話した。

公式サイト・SNS

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る