鶴田真由

鶴田真由について

鶴田真由は、オフィスマイティーに所属する女優である。

成城学園高校在学中に、広告代理店に勤める従兄弟の紹介でバイト感覚で芸能活動を始める。始めはテレビCMの端役だった。

1988年、「あぶない少年II」で女優デビューを飾る。

テレビドラマ、映画、CMに数多く出演、柔らかい雰囲気から好感度も高く、幅広い年代から支持されている。声に特徴があり、ナレーションの経験もある。

日本アカデミー賞、優秀助演女優賞などの 受賞歴があり、過去には「結婚したい女性」ランキングで上位にランクインされたこともある。

基本プロフィール

芸名 鶴田真由 (Mayu Tsuruta)
本名 中山 真由 (Mayu Nakayama)
ニックネーム
国籍 日本
性別 女性
身長 156cm
血液型 O型
誕生日 1970年04月25日 (49歳)
干支
星座 おうし座

所属

レコード会社
事務所
事務所入所年

所属

レコード会社
事務所入所年
デビュー年

好きなタイプ

好きなタイプは「頼りがいがある男性」、「決断力がある男性」、「ほのぼのとした男性」だという。

2001年に芸術家の中山ダイスケと結婚している鶴田真由。

夫と初めて会う日には、何か予感があり、初対面から結婚を意識したというため、旦那さんが好みのタイプそのものだったのだろう。

夫婦仲は良く、喧嘩はめったにしないという。

性格

おっとりとした雰囲気の鶴田真由だが、幼少期は気が強い性格だった。

外で男の子と遊び、秘密基地を作ったりと活発だったという。

学生になっても、異性の友人は多いタイプだった。また、元カレと別れたあとも友人関係を続けられるタイプ。

鶴田真由は、「楽観主義」と自分を評している。一人で海外へ出かけられるのも、そのポジティブさから来ているのかもしれない。

人混みは大嫌いで、パーティなと騒々しい場にはめったに出歩かない。

趣味

鶴田真由の趣味は、音楽鑑賞・映画鑑賞・ガーデニング・絵画鑑賞・写真・旅行・テニス・スキーである。

好きな映画は「ゴッドファーザー」、「ニューシネマパラダイス」。

ガーデニングが好きで自宅のベランダで数種類のハーブを栽培している。

ひとり旅が多くて、予定を決めずふらりと出かけるのが好き。行ったことがある国は50カ国を超える。

中学時代はバスケ部、高校時代はテニス部に所属していたが、じつは球技は苦手だという。

特技

鶴田真由は幼い頃、ピアノ・英会話・お絵かき教室に通っていた。

そのためか、特技はピアノと公表している。

また、ニューヨークで長期休暇を過ごしたこともあり、海外へ一人で出掛けることも多いため、英会話も得意なようだ。

幼い頃は母親の手作りの洋服を着ていたというが、自身も洋服やアクセサリーをリメイクするのが好きなだもいう。

デビュー前の経歴

1970年、神奈川県鎌倉市に生まれる。両親は共に美術大学の出身。

父親は三菱電機で家電のデザインを担当しており、自宅も父親の設計だった。

湘南学園小学校を卒業。

27倍の倍率を突破し、成城学園中学校へ編入する。中学時代はバスケ部に所属。

成城学園高校へ進学。テニス部に所属。友人とディスコ通いをしていた。

最終学歴は、成城学園大学文芸学部。西洋美術史を専攻しており、卒論のテーマは「ゴッホの精神病について」だった。

高校生の頃、広告代理店勤務の従兄弟の紹介で、アルバイト感覚で芸能活動を始めた。

出身・家族・学歴

兄弟 10歳下の弟がいる。
出生国 神奈川鎌倉市
出生地域
高校 成城学園高校
大学 成城学園大学文芸学部

家族のエピソード・詳細

夫は芸術家の中山ダイスケ。

解散・引退について

周囲からの評判

映画「海を駆ける」はインドネシアが舞台。台本の台詞もほとんどがインドネシア語だった。鶴田真由は苦戦しながらも演じきった。共演者で、インドネシア語に堪能なディーンフジオカが鶴田真由の努力とインドネシア語の完成度の高さを絶賛していた。

また、インタビューの受け答えも、いつも物腰が柔らかく丁寧だと言われている。

整形

なし。

好きな食べ物

鯖の押し寿司、カレーライス、うどん、自家製シリアル、わらび餅、キャビア、ナッツ、ヨーグルト、マンゴー、あんみつ

公式サイト・SNS

公式サイト
Instagram
Twitter
Weibo

このアーティスト情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

出演映画・ドラマ