ウェンディ

Red Velvet K-POP・韓国のアイドル

ウェンディについて

ウェンディは、Red Velvetでメインボーカルを担当している。「次世代ガールズグループの強者」と呼ばれるほどの実力の持ち主だ。担当カラーは青。

韓国で生まれたが、小学生の時にカナダのトロントへ移住し、高校卒業までカナダで過ごしているため英語も堪能。デビュー前にウェンディの名前が公開された時から、SMエンターテイメントのネーミングセンスは退化したなどと言われていたが、ウェンディは芸名ではなく、カナダで実際に使用している英語名だった。

SMエンターテイメントに入社して以来、今までの歌唱法を変えなければならず途中で声帯結節にもかかったが、それを克服しデビューまでこぎつけた努力家である。デビューしてから今までに似合わなかったコンセプトはなく、柔軟に消化することができるメンバーだという評価もある。

表情が多彩でメンバーも認めるムードメーカーで、バラエティ面でも可能性を大いに秘めている有望株である。

基本プロフィール

芸名 ウェンディ (Wendy)
本名 ソン・スンワン (Son Seung-Wan)
ニックネーム すんわに、すんわにちゃん、わにちゃん
国籍 韓国
性別 女性
身長 157cm
体重 42kg
血液型 O型
誕生日 1994年02月21日 (26歳)
干支
星座 うお座

所属

参加グループ

Red Velvet

事務所 SMエンターテイメント

好きなタイプ

SBSラジオ『2時脱出カルトショー』にて、理想の人物は誰かという質問に、パク・ミョンスと答えている。パク・ミョンスとは1970年生まれのコメディアンである。その理由は、パク・ミョンスがウェンディの父親に少し似ているからだとか。

父のように優しく、大人っぽい性格の人物が好みらしい。父の言いつけを守ったり、相談事やアドバイスをたびたびするほど父親と仲が良いようだ。また料理が好きであることもあり、自分の作った料理をおいしく食べてくれて、綺麗に笑う人が良い、と話している。

性格

表情がとても豊かで、優しい性格をしている。「見れば見るほど反転魅力」というキャッチコピーがあるほど、魅力的な人物のようだ。非常に多感で、配慮深いとメンバーからも評されている。爪を噛む癖がある。

几帳面な一面もあり、父親の言いつけを守って領収書は全て集め、家計簿をつけて管理しているそうだ。人にプレゼントをあげたり、何かを買ってあげることも好き。

意識的に愛嬌をすることは苦手だが、日常的に愛想が良い。「認証妖精」という言葉で評されるほど、たびたびファンからのプレゼントをサイン会に着用して来て、ファンを感動させている。こういったエピソードからもファン想いであることがわかる。

料理を作ることも好きで、中でもお菓子作りを良くしているそうだ。メンバーにもチュロスやビスコッティ、パンなどをよく作ってあげるらしい。また、メンバーで唯一車の運転ができる。しかしカナダでの免許しかないため、韓国内では運転することができない。

趣味

‪珍しい歌を探すこと、カフェめぐり、料理が趣味である。特に料理は本当によくやるという。中でもお菓子を作ることが多く、夜通し作ったクッキーやマフィンなど、ファンサイン会にてファンや周囲の人に配ってあげることもあるんだとか。また、メンバーにはチュロスやビスコッティなど様々なパンを作ってくれるらしい。

BoAにはくるみパイ、少女時代には生チョコとクッキーを作ったこともある。そのためか少女時代のテヨンから「最近私を食べさせてくれる人」とインスタグラムで紹介されたこともある。‬

特技

‪ウェンディは韓国生まれであるが、小学生から高校卒業までの長い期間をカナダで過ごしていたため、英語が得意である。ピアノ、ギター、フルート、サックスなど様々な楽器を演奏することができ、音楽の理解度が高い。本人も音楽欲が強く、作詞作曲をしてみたいとインタビューで語ったことがある。

シンガーソングライターを目指しているようだ。腕相撲に自信があり、グループ内では一番強い。そして元々は歌手ではなく勉強の道に進もうと思っていたくらい、数学が得意である。‬

デビュー前の経歴

‪1994年ソウルの城北区城北東生まれ。元々はソウルで暮らしていたが、小学5年生の時に単独でカナダへ留学した。中学校はアメリカのミネソタ州にある全寮制の学校だった。高校生の時にはウェンディの家族もカナダへ移住し、カナダの高校を卒業した。学生時代には数学が好きで、もし歌手になっていなかったら科学の道へ進んでいたんじゃないか、と本人も語っている。

現在の事務所に所属することになったきっかけは、2012年のSMエンターテイメントのグローバルオーディションにて、ボーカル部門で合格し練習生となった。ちなみに2011年にはCUBEエンターテイメントのオーディションを受け、最終の14人まで残っている。

オーディションで歌った曲はキム・ゴンモ氏の「ソウルの月」。歌手になろうと思ったきっかけについて、ウェンディ自身小さい頃から楽器を習うのが好きでたくさんの影響を受けてきた。その影響を受けたことを多くの人に与えたかったからだと話している。‬

出身・家族・学歴

兄弟
高校 リッチモンドヒル高校

周囲からの評判

Red Velvetのメンバーたちは、メインボーカルであるウェンディについて、やはりハキハキとしたボーカルが素晴らしいと評価している。

SMエンターテイメントの練習生として、初めてウェンディが入ってきた時には、「このようなスタイルのボーカルは今までなかったし、とても歌が上手で驚いた」と語っている。ポップソングも得意とするなど、メンバーにも歌の実力を高く評価されていて、良い曲を見つけたらウェンディに歌ってほしいと頼むそうだ。‬

また反対に、ウェンディはデビューまでの準備期間が短かったため、7年間も練習生であったスルギをはじめとする先輩を尊敬しており、「最初は、自分のことを助けてくれる先輩に申し訳なかったし、その助けがあったからこそこの場にいる」と感謝の気持ちを述べている。

整形

なし

公式サイト・SNS

Red VelvetのYouTube Channel

Red Velvetのメンバー

関連するアーティストを見る