ユン・サンヒョン

韓国の俳優・韓流スター 韓国の歌手

ユン・サンヒョンについて

ユン・サンヒョンは、1995年にミュージカル俳優として初舞台に立ち、翌年に舞台俳優としてデビューした。

2005年には、『百万長者と結婚する方法』で、ドラマ出演を果たす。その後、様々な作品に出演しながら知名度を上げ、2009年のドラマ『内助の女王(僕の妻はスーパーウーマン)』で、ブレイクした。

その頃から、日本でも活動を始めるようになり、日本の事務所と契約して、歌手デビューやコンサートツアーも行っている。デビュー当初は、「端正な顔立ちが、木村拓哉に似ている」と噂になり、「韓国のキムタク」と言われたこともある。

基本プロフィール

芸名 ユン・サンヒョン (Yoon Sang Hyun)
本名 ユン・サンヒョン (Yoon Sang Hyun)
国籍 韓国
性別 男性
身長 181cm
体重 70kg
血液型 B型
誕生日 1973年09月21日 (47歳)
干支
星座 おとめ座

所属

事務所 C-JeSエンターテインメント
デビュー年 1995

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

ユン・サンヒョンは、知人の紹介を通して、2014年4月にメイビーと出会った。7月から交際を始めて、2015年の2月に結婚した。現在、2人の娘がいる。

最初は居酒屋で会ったが、飲み過ぎてしまい、家に帰ってからもあまり彼女のことが思い出せず、翌日にまた食事をすることになった。サンヒョンは、その時から好感を持っていたとのこと。

そして2度ほど食事をしてから、家に招待した。するとその日は、家でメイビーが、ベトナムの生春巻きを作ってくれた。料理をしている姿が、自分の母親とも重なり、一緒に食べながら「彼女を逃してはいけない」と思い、結婚を真剣に考えたという。

一般人・不明・該当なし

ユン・サンヒョンは、「メイビーと結婚する前、長く付き合っていた女性が2人いる」と、某バラエティ番組で語っている。

一人目とは6年間付き合ったが、非常にヒステリックで、感情の起伏が激しく、ケンカをすると石を投げてくるような人だったという。それでも、初めて出来た恋人だったため、なかなか別れられなかったという。

二人目の女性とは、7年間付き合ったそうだ。しかしサンヒョンが『内助の女王(僕の妻はスーパーウーマン)』に出演し、ブレイクしたことで忙しくなり、彼女の方から離れていってしまったとのこと。

両人とも、芸能人ではなく、一般人であると思われる。

好きなタイプ

ユン・サンヒョンは、実はふっくらとした(グラマラスな)スタイルの女性が好みで、外見的に妻のメイビーとは、タイプが違うとのこと。

明るい性格で、健康的な人が良く、「アイドルグループRAINBOWのコ・ウリが、完璧に理想のタイプだ」と、インタビューで語ったこともある。また、「一緒に、アウトドアを楽しんでくれるような女性がいい」とも話した。

結婚相手としては、親戚付き合いの多い彼の家庭環境を理解し、自分の母親を支えてくれるような人を望んでいた。そのため、料理が好きで、母親とも仲良く過ごしてくれるメイビーには、本当に感謝しているという。

性格

ユン・サンヒョンは、自分自身のことを「血液型がB型なので、せっかちな性格」だと語っている。アウトドア好きで、多趣味で、好奇心旺盛なイメージだ。しかし、音楽に対するこだわりを見せるように、これだと思うことを突き詰めるのが、好きな一面もある。

恋愛の面でも、「恋人には、全てを捧げてしまうタイプ」とのこと。「結婚の準備は、昔からコツコツとしていたものの、ある程度の年齢からは、付き合うことにも、慎重になってしまっていた」と語っている。

結果的に、40歳を超えてから、メイビーとの熱愛を公表し、スピード結婚をした。「昔から、父親になるのが夢だった」と話していたこともあり、現在は、2女の父として、妻と娘たちへの愛情を惜しみなく表現している。

某バラエティ番組で、漢方医の診察を受けた際には、医者から「熱血漢なタイプであり、ストレスを受けやすく、怒りっぽいところもあるのでは?」と聞かれた。それにサンヒョンは、「元々は、ストレスを受けやすい方だったが、結婚してから大分良くなった」と答えている。

趣味

ユン・サンヒョンの2013年のインタビューでは、「一人でキャンプや釣り、登山をするのが趣味だ」と語っていた。「最新のキャンプ用品や、登山服をチェックするのも好きで、本当は女性と一緒に行きたいが、アウトドア好きな女性は少ない」とのこと。

それ以外にも、元々歌手を目指していたこともあり、ミュージシャンの友人とドラマのOST作りに取り組む(『君の声が聞こえる』のエンディングに使ってもらおうと曲を提供したが、結局却下されてしまった)など、音楽制作にも熱中していた。

現在は作詞家で、歌手のメイビーと結婚したことで、彼女のサポートによってCDデビューも果たし、音楽活動の幅を広げている。

特技

ユン・サンヒョンは、4人組のグループとして、歌手デビューを目指し、一年間研修生生活を送っていたこともあるほど、歌が得意である。

ブレイクのきっかけとなった、『内助の女王』でも、劇中で「Never Ending Story」を歌うシーンで、その歌唱力が話題になった。結婚後、妻メイビーの力添えもあり、CDデビューを果たしている。

バラエティ番組では、パク・ヨンギュ、オ・ジミョンなどのベテラン俳優の物まねや、流行の曲を替え歌にして歌うというネタも披露している。また、異色の経歴として知られるように、過去に起業経験もあり、ビジネスセンスに秀でている。

デビュー前の経歴

元々は、「飲食業で成功したい」という夢があり、若い頃は、居酒屋でアルバイトをしていた。その頃にスカウトされたこともあるが、当時は断ったという。

そして、アルバイトで貯めた資金を元に、仁川の京仁女子大の前に食堂を開いたところ、連日女子大生がつめかけ、一日の売り上げで、一か月分の家賃が払えるほど繁盛したという。

その頃から、特定のお客さんと恋仲になって、売り上げが落ちたりしないように気を付け、イメージ管理を徹底していたとのこと。その他に、「東大門市場で、洋服を売っていたこともある」と語っており、その異色の経歴が、バラエティ番組を通して話題になった。

その後、次第に「歌手になりたい」という夢を抱くようになり、自分から幾つかの事務所に、履歴書と写真を送った。しかし、歌よりその端正なビジュアルに関心を持たれ、俳優としての仕事を求められるようになった。

そしてミュージカル俳優として、芸歴をスタートさせた。「中央大学で、デザインを学んでいた」という経歴が、公式にアップされたことがあるが、その情報は誤りであり、事務所の手違いだったとのこと。

出身・家族・学歴

兄弟 姉、妹
高校 新木高等学校(坡州高等学校との情報もあるが、Wikiを参照)
大学 なし

周囲からの評判

ユン・サンヒョンの妻のメイビーは、サンヒョンのことを「とても家族思いのところに惹かれた。特に母親を大事にしていて、家族に対する愛情と責任感が強い。それに、有名な俳優とは思えないほど、質素で飾らない生活をしているところにも、好感が持てた」と語っている。

また、女優のチャン・シニョンは、バラエティ番組で「仲のいい後輩に対しては、すごくおしゃべりで、『スプーンおばさん』のようだ。電話している途中で、突然歌い出し、やめてと言ってもやめない」と語っている。

整形

ユン・サンヒョンは、整形外科で、スタッフと一緒に写っている写真は幾つか公開されているものの、具体的に整形手術を受けたという情報はない。

高校の卒業写真とも、極端な変化は見られない。体重の増減も激しいため、それによって、イメージが変わっているもよう。

公式サイト・SNS

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

ユン・サンヒョンの楽曲

すべての楽曲を見る

関連するアーティストを見る