キル・ヨンウ

韓国の俳優・韓流スター

キル・ヨンウについて

キル・ヨンウは、1975年に「劇団民衆」に席を置き、演劇俳優としてデビューした、韓国の俳優である。

その後、1976年にミュージカル俳優としてもデビューし、1年後の1977年に、MBC文化放送の公開採用タレント9期として、テレビ界に入った。1981年の政治ドラマ『第1共和国』をはじめ、現在まで、60作品を超えるドラマに出演し、映画にも出演している。また、ラジオDJの経験もある。

2008年に、韓国電気安全公社電気安全広報大使、2009年に、韓国施設安全公団施設安全名誉広報大使、2011年に、韓国洪川(ホンチョン)郡広報大使、2013年には、社会福祉合同募金会の広報大使を務めた。長安大学、加耶大学の兼任教師としても、活躍している。

息子であるキル・ソンジン氏は、現代自動車グループ、チョン・モング会長の孫娘である、ソン・アヨン氏と結婚した。財閥家との結婚で、大きな話題となったが、政略的な出会いではなく、幼馴染だった二人が、愛を育んで結婚したということで、更に話題を呼んだ。両家合意の下、結婚式の祝儀や花輪は、一切受け取らなかったという逸話もある。

基本プロフィール

芸名 キル・ヨンウ (Gil Yong Woo)
本名 キル・ヨンウ (Gil Yong Woo)
国籍 韓国
性別 男性
身長 174cm
体重 63kg
血液型 O型
誕生日 1955年12月17日 (64歳)
干支
星座 いて座

所属

事務所 Fe Entertainment

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

一般人・不明・該当なし

キル・ヨンウの夫人は、俳優イ・ヒドの紹介で出会った女性である。同い年で、ヨンウが29歳の時に、数回会っただけで結婚に踏み切った。

本人曰く、「アメリカに留学中だった妻が、韓国に一時帰国した際に、『行くな』と引き留めて、プロポーズした。その15日後に、結婚した。妻がテレビで紹介されたことはないが、その理由として、結婚する際に、妻を放送で公開しないと約束したからだ」と語っている。

「私一人が芸能活動をすればいい。妻が他人に知られる程、公開したくなかった」と語った。また、ある番組で、妻がキム・テヒや、チョン・ジヒョンよりも美人であると、噂が出ていることについて、否定せずに頷く姿が映し出された。

好きなタイプ

不明

性格

キル・ヨンウは、頑固な父親から、子供思いの父まで、多様な父親役を演じる二枚目中堅俳優の一人であり、「父親として、全く存在感のない父親役もしたし、家族思いで、娘思いの父親役も演じました」と自ら説明している。

「流れによって性格も変わるし、ドラマの内容も修正されるので、自分に重荷を感じることもある。沢山の父親役を演じながら、自分自身が、以前と変わった点もある」とも話した。

コ・ドゥシム、チェ・ミョンギル、キム・ヘスら女優たちとの共演でも、相手役の魅力を理解し、尊重する俳優である。現在の撮影現場の環境に追われ、昔のような、先輩後輩との関わりが減ったことを残念に思っている。

正直で、誠実な俳優でありたいと心がけているようだ。

趣味

キル・ヨンウの趣味は、旅行である。

特技

キル・ヨンウの特技は、水泳、乗馬、ゴルフである。

デビュー前の経歴

キル・ヨンウは、テレビ界に入る前まで、1975年に「劇団民衆」に席を置き、演劇俳優としてデビューしていた。

その後、1976年にはミュージカル俳優としても活躍した。それ以前は、不明である。

出身・家族・学歴

兄弟 不明
高校 不明
大学 ソウル芸術大学放送芸能科、公演創作学部、詳明大学文化芸術大学院

周囲からの評判

不明

整形

不明

関連するアーティストを見る