桧山憲

韓国の俳優・韓流スター

桧山憲について

桧山憲はユ・ホンチョルという本名から改名した名前で、2007年の劇団四季ソウルオーディション合格し、『ライオン・キング』ソウル公演で初舞台を踏んだ。その後、『キャッツ』では、ランパスキャット役で初登場し、2010年1月27日にはマキャヴィティ役としてデビューした。

2012年4月14日に開幕したアイーダ東京再演では、アンサンブルとして出演し、着実に活躍の場を広げている。

基本プロフィール

芸名 桧山憲 (HiyamaKen)
本名 ユ・ホンチョル (Yu Hongcheol)
国籍 韓国
性別 男性

所属

事務所 劇団四季

周囲からの評判

桧山憲は、あるインタビューで言葉における苦労話について語っており、「入団してから半年ほど作品の稽古には入らず、午前はジャズやバレエのレッスン、午後は生活言語と舞台用の2種類の授業を受けました。」と述べている。

さらに、「聞き分けられない独特の訛りもあり、それを習得するのに大変苦労しました。」とも付け加えている。