パク・ミョンシン

韓国の俳優・韓流スター

パク・ミョンシンについて

パク・ミョンシンは、2001年の映画『ラクダ』でスクリーンデビューした、韓国の俳優である。

その後、『オアシス』『オールド・ボーイ』『親切なクムジャさん』『愛してる、マルスンさん』『タチャ イカサマ師』『シークレット・サンシャイン』『冬の小鳥』『ポエトリー アグネスの詩』『神弓 -KAMIYUMI-』『レッド・ファミリー』『ファイ 悪魔に育てられた少年』『群盗』『奸臣』『星が光る夜に』『釜谷ハワイ』『ドンジュ』『使徒』『心配しないでください』『夜とともに』『釜山行き』『ミシン:消えた女』『孫ベスト』『ローマ書8:37』『青い夕焼け』『赤ちゃんと僕』など、多数の作品に出演した。

2006年のドラマ『SomeDay』でブラウンデビューを果たした。その他、『神のクイズ2』『KBSドラマスペシャル-嬉しいた韓国の若い日』『女王の花』『リメンバー-息子の戦争』『芸人』『ミセス・コップ2』『結婚契約』『アントゥラジ』『青い海の伝説』『トンネル』『推理の女王』『20世紀少年少女』『憎くても愛して』などに、出演した。

基本プロフィール

芸名 パク・ミョンシン (Park Myeongsin)
本名 パク・ミョンシン (Park Myeongsin)
国籍 韓国
性別 女性
身長 158cm
体重 51kg
誕生日 1964年03月28日 (56歳)
干支
星座 おひつじ座

所属

事務所 スター・ビレッジエンターテインメント

性格

パク・ミョンシンは、「40代を超えても、結婚していない自分は、一般的に大人が持っている、編合的な見方がない」と話している。「つまり、人を相手にする時には、通例裏で利益を計算するような、計算的な付き合いがない」と、インタビューで話した。

趣味

パク・ミョンシンは、「テレビもパソコンもない家では、完璧な休息と運動だけしている」とインタビューで話した。

特技

パク・ミョンシンは、自分がやりたいことをするために、健康と精神を整えることが何より重要と考え、自己管理に徹している。

デビュー前の経歴

パク・ミョンシンには、別の職業に就いていた。元々は、薬剤師をしていた。貧しい家庭環境のため、薬学学科に入ったという。

しかし、薬学部に通っていた時代、演劇部で活動を始め、演劇の魅力にはまっていったという。学校を卒業して、本格的に演劇活動を開始した。

最初は収入がなかったため、薬師としてパートで働いていた。現在は、俳優の仕事だけをしている。

出身・家族・学歴

大学 梨花女子大學校

周囲からの評判

パク・ミョンシンについて、ドラマ『トンネル』で共演した俳優、イ・ユヨンは、「ドラマの中で、女性殺人者を演じたミョンシンは、演技の先生でもある。 一緒に演技するようになって、とてもうれしかった。先生に、リアルタイムで助けられた」と話している。

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る