パク・チェジョン

韓国の俳優・韓流スター

パク・チェジョンについて

パク・チェジョンは、2007年のKBSドラマ『アイ・アム・セム~I am Sam~』で、本格的に俳優デビューした。

『君は僕の運命』『ドラマシティ』『過去を問わないでください』『朝鮮推理活劇 チョン・ヤギョン』『善徳女王』『コーヒーハウス』『神のクイズ』『天まで届け、この想い』『長子』『願い事を言ってみて』などに、出演している。映画では、2009年『君と永遠に』でスクリーンデビューし、『私たち会ったことありますか』『スケッチ』『祓魔』などに出演した。

基本プロフィール

芸名 パク・チェジョン (Park JaeJung)
本名 パク・チェジョン (Park JaeJung)
国籍 韓国
性別 男性
身長 178cm
体重 63kg
血液型 A型
誕生日 1980年06月24日 (40歳)
干支
星座 かに座

所属

事務所 GONエンターテインメント

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

一般人・不明・該当なし

パク・チェジョンは、2016年7月9日に、ヘファ聖堂で結婚した。新婦は、9歳年下の教師で、二人は知人の紹介で出会った。

好きなタイプ

パク・チェジョンは、経済観念があり、ポジティブで、笑い顔がきれいな女性が好みである。

性格

パク・チェジョンについて、映画『私たち会ったことありますか』で共演した、俳優のユン・ソイは、「こんなに善い人は、初めてだ。バカみたいに善い人。自分の利益や不便さを先に言うより、相手の気持ちと感情を先に考える、配慮心がすごい。 これは、生まれつきの性格と人格だ。相手役の女優である前に、人として会って、とても良かった」と、インタビューで話した。

趣味

パク・チェジョンの趣味は、野球である。

チェジョンは大邱出身らしく、野球チーム三星サムスンライオンズの大ファンである。試合の始球者として、登場したこともある。

デビュー前の経歴

パク・チェジョンは、デグで法律を勉強する学生であったが、俳優になる夢を諦めれきれず、家族の反対を押し切って、上京した。

20編以上のCMに出演したほど、CFスターとして、華々しく出発した。2006年に、KBSのリアルサバイバル番組『サバイバルスターオーディション』で、デビューした。

出身・家族・学歴

高校 慶北高等学校
大学 東国大学校 経営学科

周囲からの評判

パク・チェジョンの演技について、OCN『朝鮮推理活劇丁若鏞』の公式ホームページでは、「いつも努力する俳優」「目つきが生き生きしている俳優」など、肯定的な評価が続いている。

作品の演出を担当した、キム・ホンソン監督は、「作品の中のチェジョンの役は、鋭いカリスマを持っていながらも、機知に富んだ、人間的な人物で、表現することは容易ではないキャラクターだったが、ジェチョンは刻苦の努力で、見事に消化している」と、賞賛した。

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る