佐藤二朗

日本の俳優

佐藤二朗について

佐藤二朗(サトウジロウ)は、日本の俳優、脚本家、映画監督、タレント、司会者である。1969年5月7日生まれ。出身は愛知県春日井市である。身長181cm。A型。所属はフロム・ファーストプロダクション。

1996年に、演劇ユニット「ちからわざ」を結成する。以降、NHK大河ドラマ『花燃ゆ』や、映画『幻獣マメシバ』など話題の映画、ドラマで幅広い役をこなしている個性派俳優である。

代表作は、『勇者ヨシヒコ』『電車男』など多岐に渡る。

基本プロフィール

芸名 佐藤二朗 (Sato Jiro)
本名 佐藤二朗 (Sato Jiro)
ニックネーム 大仏
国籍 日本
性別 男性
身長 181cm
血液型 A型
誕生日 1969年05月07日 (53歳)
干支
星座 おうし座

所属

参加グループ
デビュー年 1996

好きなタイプ

佐藤二朗は、2003年に結婚している。相手は一般人である。佐藤二朗とその女性との交際期間は8年とも言われており、非常に長いことでしられている。

佐藤二朗は、今ではテレビドラマや映画で活躍する個性派俳優であるが、ブレイクする前は劇団に所属して舞台を中心に活動していたが、その女性とも、その舞台活動のさいに知り合っている。

出会った当時は佐藤二朗は俳優1本では生計を立てることが出来ず、アルバイトをしていた。そんな佐藤二朗を支えていたのが彼女である。

佐藤二朗の好きなタイプは、献身的な女性であるといえよう。

性格

佐藤二朗の性格はまさに「仏」である。佐藤二朗のツイッターのフォロワーはどんどん増えていっており、それはツイートのほのぼのした感じによるものであろう。優しさが文字から伝わってきている。あまりの人気ぶりに佐藤二朗のツイッターのつぶやきは本にされて出版もされている。

また、佐藤二朗は破天荒な性格としてもしられている。今でこそ俳優として大成功している佐藤二朗だが、学生時代はリクルートから内定をもらっていた。しかし社風が合わないとして1日で会社を辞めたのである。

趣味

佐藤二朗の趣味、つまり1番の楽しみは家族との時間である。佐藤二朗はとても家族と仲がいいことで知られている。家族3人でまったりしていたところ、突然息子が「お母さんってお化粧しないとおじさんみたいな顔だね」と発言したらしい。この爆弾発言に佐藤家に戦慄が走ったという。

他にも、奥さんがふいに「ハマチとハウマッチって似てない?」と高めなテンションで言ってきたときに、佐藤二朗は地を這うような低いテンションで「似てるね」とぼそっと言ったらしい。そこからしばらく奥さんは口をきいてくれなかったという。

佐藤家のほのぼのエピソードは他にもたくさんある。

特技

佐藤二朗は酒に強く、ホッピーが大好きである。これを焼酎で割って飲む。このことがきっかけでホッピー大使に任命された。自宅でよく晩酌をするが、以前は朝8時まで飲んでいたこともよくある。高円寺で飲みすぎてから妻から「高円寺出入禁止」を申し渡された。

基本的に寝なくても活動できるタイプであるが、眠れないときは中日ドラゴンズのベストオーダーを考えたりする。

いきつけの居酒屋が多くあり、顔なじみをつくるのが得意である。

デビュー前の経歴

佐藤二朗は1969年5月7日生まれ。出身は愛知県春日井市である。父親は大手住宅メーカーの独身寮の寮長である。その独身寮に繋がる2LDKに家族で住んでいた。兄が1人いる。

なぜかわからないが、子供のころの、よく母に「300万円と僕、どっちが大事?」と聞いていたらしい。小学生時代は、通信簿に毎年「落ち着きがない」と書かれていた。

また走るのが速く、50m6秒台であった。しかし水泳は苦手であった。少年野球チームに入っており、1番ショートだった。

出身・家族・学歴

兄弟
出生国 日本
出生地域 愛知県
高校 東郷高校
大学 信州大学

家族のエピソード・詳細

妻、息子

周囲からの評判

佐藤二朗は、1996年に演劇ユニット「ちからわざ」を結成し、全公演で作、出演を担当していた。このときはまだ会社勤めをしていた。「ちからわざ」での努力が評価され、28歳のときに劇団「自転車キンクリート」に入団。このとき勤めていた広告代理店を辞めることができた。

30代に入り、佐藤二朗の演技を評価した堤幸彦が『ブラック・ジャックⅡ』に医者役で起用した。ワンシーンのみの出演であったが、そこから現事務所へ所属し、活躍の場を広げていくこととなる。

好きな食べ物

砂肝のにんにく炒め

公式サイト・SNS