トッコ・ジュン

韓国の俳優・韓流スター

トッコ・ジュンについて

トッコ・ジュンは、韓国の俳優である。ソウル芸術大学 放送芸能科を卒業し、2003年に、SBS公開採用10期タレントで正式デビューした。

2004年に、SBSドラマ『サンシャイン・オブ・ラブ』でドラマ初デビュー。2005年に『土地』、『選択』、に出演した。2007年に、映画『狂ったんじゃない』でスクリーンデビュー。2008年に『1724妓生房の乱暴事件』、2012年に、『風と共に去りぬ』に出演した。

父は俳優のトッコ・ヨンジェで、祖父は俳優のトッコ・ソンである。

基本プロフィール

芸名 トッコ・ジュン (Dokgo Jun)
本名 チョン・ソンウ (Jeon Seongu)
国籍 韓国
性別 男性
誕生日 1980年05月29日 (40歳)
干支
星座 ふたご座

所属

事務所 なし

性格

トッコ・ジュンは、インタビューや、活動が多くない為、情報は少ないが、父のトッコ・ヨンジェとは、仲良く旅行も行ったり、冗談も行ったりする姿が見えるところから、アウトドア派で明るい性格だと言える。

趣味

トッコ・ジュンの趣味は、運動をする事である。過去に芸能プログラムで、「女心を蕩かすような体つき」で紹介されたことがある。運動で鍛えられた体を公開している。

デビュー前の経歴

トッコ・ジュンは、父がトッコ・ヨンジェで、祖父がトッコ・ソンである。父と祖父共に、韓国の俳優である。デビュー前の1998年に、映画『カ』で研究生役で出演している。

2003年に、SBS公開採用10期タレントで正式デビューした。

出身・家族・学歴

兄弟 妹1
大学 ソウル藝術大學校・放送芸能学科

周囲からの評判

トッコ・ジュンは、「父と顔から体つきまで全部似ている。一つ、似ていやなのは、背が低いところだ」と告白して、皆の笑いを誘ったという。

また、父と一緒にテレビ出演した時も、周りをよく笑わせていたという。この事から、トッコ・ジュンは周りを笑いで和ませる、ムードメーカーのような存在だと言える。

関連するアーティストを見る