ペク・オクダム

韓国の俳優・韓流スター

ペク・オクダムについて

ペク・オクダムは、2007年MBCドラマ『アヒョン洞の奥様』でデビューした女優である。この作品は彼女の叔母にあたる、イム・ソンハンが作家として参加した作品でもある。

その後も、ペク・オクダムはイム・ソンハンの作品に立て続けに出演し、『芙蓉閣の女たち-新妓生伝』、『シンドローム』、『白夜姫』などで有名になった。イム・ソンハン以外の作品では『嫁は崖っぷちアイドル』なども人気を博した。

基本プロフィール

芸名 ペク・オクダム (Baek OkDam)
本名 イム・(作家イム・ソンハン)と親戚関係で名字だけ知られてる (Im)
国籍 韓国
性別 女性
身長 160cm
体重 43kg
誕生日 1986年05月24日 (34歳)
干支
星座 ふたご座

所属

事務所 ハンアルムカンパニー

性格

ペク・オクダムの性格については、公表されている情報が少なく、本人も自分の性格については、あまり言及していない。

趣味

ペク・オクダムの趣味は、公式のプロフィールによるとジャズダンスや、乗馬を楽しむことである。

特技

ペク・オクダムの特技は、スポーツ全般が得意であるが、特に水泳の実力は高く、演技にも役に立っている。

デビュー前の経歴

ペク・オクダムのデビュー前の経歴としては、彼女の過去についてあまり情報が出回っていないが、作家のイム・ソンハンと親戚関係にある。彼女の叔母にあたるイム・ソンハンは、『芙蓉閣の女たち-新妓生伝』、『シンドローム』、『白夜姫』などの作品を手がけている。

二人はドラマ『アヒョン洞の奥様』で初めて現場を共にし、その後複数の作品で作家と女優という関係で作品を作り続けている。

出身・家族・学歴

兄弟 1女

周囲からの評判

ペク・オクダムの周囲からの評判としては、作家のイム・ソンハンと親戚関係であること以外、公開されている情報が少ない。

しかし、あるインタビューで叔母イム・ソンハンが彼女について「優しくて熱心である。お互い忙しく現場では話す時間もなかったが、働きやすい仲間だった。」と現場での仕事ぶりを評価している。

公式サイト・SNS

関連するアーティストを見る