ハン・ヘスク

韓国の俳優・韓流スター

ハン・ヘスクについて

ハン・ヘスクは、ドラマ『黄金の塔』、『この女性の生き方』、『銭湯の男たち』、『美しい罪』、『裸足でプレーせよ』、『曇った日に書いた手紙』など数々の作品に出演した。

1978年には、映画『常緑樹』でスクリーンデビューし、その後は『お母さんは死なな』、『女二人の家』、『最後の証人』、『副夫人』、『永遠なる遺産』などにも出演している、ベテランの女優である。

基本プロフィール

芸名 ハン・ヘスク (Han Hyesuk)
本名 ハン・ヘスク (Han Hyesuk)
国籍 韓国
性別 女性
身長 164cm
血液型 A型
誕生日 1951年08月20日 (69歳)
干支
星座 しし座

所属

事務所 ワールドサウンドエンターテインメント

好きなタイプ

ハン・ヘスクの好みのタイプは、相手の収入などはあまり重要ではなく、細めの体に、クールな性格の男性がタイプとしている。

性格

ハン・ヘスクの性格は、自分のことを一番にする完璧主義者で、あまり人との関わりを持ちたくないタイプである。そのため、結婚もしていないし、恋人の噂もあまり聞かない。

趣味

ハン・ヘスクの趣味は、一人で運動することが好きで、 一週間に2~3回は漢江(ハンガン)沿いを歩くと公表している。

特技

ハン・ヘスクの特技は、仏教などの宣教活動である。彼女が幼少期の時に、父親が亡くなり、お金のことで悩むことが多かった。そこで心の支えになったのが仏教であり、彼女はその時に尼になりたい、とまで考えたという。

デビュー前の経歴

ハン・ヘスクのデビュー前の経歴としては、もともと勤勉であり、大学の進学を考えていたが、試験に落ちて浪人生活をしていた。その時偶然、タレント応募の募集を見つけ、1970年にMBC公開採用タレント2期に選ばれたことが、女優への道の第一歩であった。

出身・家族・学歴

兄弟 妹4
高校 トクソン女子高等学校
大学 なし

周囲からの評判

ハン・ヘスクの周囲からの評判としては、ドラマで共演した俳優のイ・テゴンが、彼女との現場でのやりとりについて語っており、「彼女は人とのつながりを大事にしている人で、4年ぶりに再開したのにもかかわらず、昨日見たかのように優しく迎えてくれて、とても気持ちがいい環境で仕事ができました。」と述べている。

関連するアーティストを見る