イ・スヒョク

韓国の俳優・韓流スター

イ・スヒョクについて

イ・スヒョクは、2011年のKBSドラマ『ホワイトクリスマス』で、ブラウンデビューを果たした。

その後も、『根の深い木』『What's up?』『ヴァンパイア☆アイドル』『サメ~愛の黙示録~』『高校世渡り王』『一理ある愛』『夜を歩く士』『名もなき英雄』『運勢ロマンス』『わが家に住む男』『ごめん、愛してる』などに出演した。

2005年の映画『マイ・ボス・マイ・ヒーロー2 リターンズ』で、正式に俳優デビューを果たし、『イパネマの少年』『チャ刑事』『怖い話2』などに出演した。

基本プロフィール

芸名 イ・スヒョク (Lee Suhyeok)
本名 イ・ヒョクス (Lee HyeokSu)
国籍 韓国
性別 男性
身長 184cm
体重 67kg
血液型 AB型
誕生日 1988年05月31日 (32歳)
干支
星座 ふたご座

所属

事務所 YGエンターテイメント
デビュー年 2006

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

イ・スヒョクは2008年に、6歳年上のキム・ミニとの熱愛が発覚した。当時スヒョクが20歳、ミニが26歳で、ミニの方が圧倒的に知名度が上だったので、この意外な組み合わせは、大きな話題となった。

SNSで、ツーショット写真を公開するなど、オープンな交際をしていたカップルだったが、2010年に破局した。その後スヒョクは、テレビ番組『カンシムジャン』に出演の際、ミニとの交際について、「オープンな交際や恋愛の経験は、演技をする上で、とてもいい経験になった」と話している。

イ・スヒョクは2013年に、KARAのク・ハラとの熱愛疑惑が上がった。

日本の原宿で、ハラと会って一緒にショッピングした写真の記事が出たが、「友達だ」と解明した。

好きなタイプ

イ・スヒョクは、好きなタイプについて、「私の理想は、ソン・ヘギョ(女優)だ。 キュートで可愛い顔、適度に美しくて、若干ボリュームのある女性は、男たちのタイプだ。現在、ガールフレンドはいない。私は、ガールフレンドがいたら良いと話していたが、今は仕事が優先です。だから、そんなに大きい必要性を感じられなかったりもします。仕事が最優先順位で、残りはその次の順位です。さらに熱心に、たくさん仕事がしたいです。色々な分野で、多様な姿をお見せしたいです」と語った。

性格

イ・スヒョクについて、友人のキム・ヨングァンによると「スヒョクは、常におもしろいことをするのが好きで、退屈を嫌っている。スヒョクと遊べば、退屈なことはあまりない。かえって冷静に、ジッとしている時は、仕事をする時だ。仕事をすると、目つきが変わる」と話した。

スヒョク本人は、「この頃、演技をしながら、考えることが多くなりました。以前は、ホットなレストランや、カフェを探して通っていたが、この頃は、ちょっと面倒になりました。いつも会う友達らと家から近い所で会います。年を取って体験することになる価値観の変化をこの頃体験しています。 以前は、『運動靴は、絶対履かない』という考えを持っていました。ところがこの頃は、運動靴程、気楽なものはないですね」と、笑顔で話した。

またスヒョクは、自分の性格について、「目立たない方でした。毎日一人でレゴだけしたり、学校終わったら、すぐ家に帰ったし、主導的にする性格ではなかった」と話した。

しかし、余談では、スヒョクが丹大付属高校に在学中の時、静かで内気な性格にもかかわらず、江南区大峙洞で、スヒョクを知らない人は、いなかったと言われている。

趣味

イ・スヒョクはインタビューで、「ファッションのほかに私が好きなのは、映画と音楽だ」と伝えた。

インスタグラムでは、「スケートボードが最近の趣味だ」と写真をアップしていた。

特技

イ・スヒョクは特技の水泳について、「幼い時に、水泳とテコンドー、スケートを習っていましたが、そのうちの水泳を一番長く続けていた。撮影で、一人で海の真ん中に、サバが跳ね上がるところまで行ったことがある」と、インタビューで話した。

デビュー前の経歴

イ・スヒョクは、2006年のチョン・ウクジュンの『Lone Customeショー』モデルでデビューした。2010年に、映画『イパネマ少年』で、本格的な演技活動を開始した。

出身・家族・学歴

兄弟 妹1
高校 檀國大學校 師範大學 附屬高等學校
大学 西京大学

周囲からの評判

イ・スヒョクについて、ドラマ『一理ある愛』で共演したイ・シヨンは、「スヒョクとのキスシーンは、たくさんNGが出た。劇中の状況が、あまりにも急にスキンシップをする場面で、また、スヒョクの鼻があまりにも高くて、角度を合わせるのが大変だった」と伝えた。

公式サイト・SNS

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る