金子昇

日本の俳優 日本のタレント

金子昇について

金子昇は、オスカープロモーションに所属している俳優で、タレントとしても活動している。

1999年のドラマ『女医』でドラマデビューを果たし、2001年にはスーパー戦隊シリーズ第25作『百獣戦隊ガオレンジャー』の主演・ガオレッド役に抜擢されて注目を集めた。その前年には仮面ライダーシリーズ『仮面ライダークウガ』の主演オーディションに最終まで残るも落選していた。

その他にも映画『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』や『マッスルヒート』、舞台『筋肉ミュージカル』、テレビ番組『筋肉番付スポーツマンNo.1決定戦』などに出演した。

プライベートでは2001年に一般女性と結婚し、3人の子供がいる。

基本プロフィール

芸名 金子昇 (Noboru Kaneko)
本名 金子昇 (Noboru Kaneko)
国籍 日本
性別 男性
身長 178cm
体重 60kg
血液型 O型
誕生日 1974年10月18日 (45歳)
干支
星座 てんびん座

所属

事務所 オスカープロモーション
デビュー年 1999

好きなタイプ

性格

金子昇は、涙もろくて、人見知りをする人物である。

また物忘れが激しくて、手に持っているものを探すことがあり、子供からは「パパ、しっかりしてよ~」と思われているという。

『百獣戦隊ガオレンジャー』に出演していたときは、それまで仕事がなかったため撮影でスケジュールが埋まっていたことがうれしかったという。そして当時は共演者の酒井一圭と共に書店を訪れて関連書籍へのサインを申し出るなど、サービス精神旺盛な面がある。

趣味

金子昇の趣味は、サッカー(観戦も含む)、サーフィン、フットサルである。

特技

金子昇は、ビリヤードが得意で一時はプロになることも考えていたほどの腕前である。

また、料理が得意でカレーライスやパスタ、オムレツが得意料理である。

高校時代には硬式テニス部に入っており、県大会ベスト4の成績を持つ。

デビュー前の経歴

金子昇は学生時代、ビートルズなどのコピーバンドとして活動していた。そして22歳まで地元でロカビリーバンドをやっていてインディーズでCDを出したことがある。

そんな金子は、ビートルズを題材にした映画『バック・ビート』を観て俳優の仕事に興味を持ち、俳優を目指すことにしたという。大学卒業後は東京の建設関係の会社に就職して、働きながら演技のレッスンを受けていた。そして大阪転勤をきっかけに退社してアルバイトをしながら本格的に俳優の道へと進んだ。売れるまではエキストラとして多数のドラマに出演していた。

出身・家族・学歴

兄弟 一人っ子
出生国
出生地域
高校 長崎総合科学大学附属高等学校
大学 長崎総合科学大学工学部建築学科

解散・引退について

周囲からの評判

整形

なし

好きな食べ物

好きなアーティスト

公式サイト・SNS

公式サイト
Instagram https://www.instagram.com/noboru_kaneko_official/
Twitter
Weibo
YouTube

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る