マーク・ストロング

イギリスの俳優

マーク・ストロングについて

スキンヘッドが特徴のイギリス人俳優。英語だけでなくドイツ語を流ちょうに話すことができ、イタリア語も少し話すことができる。大学入学時には弁護士を目指していたほど、マークは秀才である。

主にイギリス国内のテレビや映画で活躍している。「ハリウッドの悪役イギリス俳優」代表格であると言われており、様々な作品に出演し人気を集めている。

2003年にはシェイクスピア劇の『十二夜』でローレンス・オリヴィエ賞にノミネートされ、2015年には『橋からの眺め』でトニー賞演劇部門最優秀男優賞候補となっている。2020年2月公開、アカデミー賞視覚効果賞を受賞した『1917 命をかけた伝令』にも出演している。

私生活では、『この自由な世界で』などを手掛けた映画監督リザ・マーシャルと2004年に結婚し、2人の息子を育てている。

基本プロフィール

芸名 マーク・ストロング (Mark Strong)
本名 マルコ・ジュゼッペ・サルッソリア (Marco Giuseppe Salussolia)
ニックネーム マーク
国籍 イギリス
性別 男性
身長 188cm
誕生日 1963年08月05日 (57歳)
干支
星座 しし座

所属

デビュー年 1993

好きなタイプ

好きな女性のタイプについて公言はしていない。

配偶者は『この自由な世界で』などの多くのヒット作を手掛ける映画監督、リザ・マーシャル。彼女は英国アカデミーテレビ賞・最優秀ドラマシリーズ賞を受賞するなど才能の持ち主であることから、秀才で創造力豊かな女性がタイプであると予想できる。

性格

真面目な性格。ポジティブ。

マークは、英語・ドイツ語・イタリア語を話すことができるトリリンガル。また大学入学時には弁護士を目指していたというほど、勉強熱心で真面目な性格である。

彼のトレンドマークであるスキンヘッド。髪が薄くなり始めたのは20代の頃からだそうで、この頃「悪役として活躍するならちょうど良い」と話していたそう。ポジティブな一面ももっている。 

趣味

サッカー。

幼いころからサッカーをしていて、靱帯を切ってしまっても続けるほどのサッカー好き。特にアーセナルが好きだそう。

特技

DJ。

音楽が好きで、DJをするのが得意であると話す。

デビュー前の経歴

マークは、弁護士になるためドイツのミュンヘン大学に進学。しかし大学1年時に演劇の道を志し退学する。そしてロンドン大学に入学し、文学と演劇を学んだ。

大学卒業後はイギリス・ブリストルの演劇学校に通いさらに演劇を学ぶこととなった。

出身・家族・学歴

兄弟 なし
出生国 イギリス
出生地域 London, City of
高校 不明
大学 ミュンヘン大学、ロンドン大学

家族のエピソード・詳細

イタリア人の父と、オーストリア人の母との間に生まれた。

出生名はマルコ・ジュゼッペ・サルッソリアであるが、母親が親しみやすいようにとマーク・ストロングへと改名した。

整形

なし

好きな食べ物

ピーナッツバター。

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る