加藤夏希

加藤夏希について

加藤夏希(かとう なつき)は、女優、モデル、タレント、声優として活動している人物である。所属事務所はディメンションブルーである。

地元の秋田県への故郷愛が強く、2010年には出身地の由利本荘市観光大使を委嘱された。また同年には秋田県のPR活動のための「あきた美の国大使」に同じ秋田県出身の佐々木希とともに委嘱された。テレビのバラエティ番組でも秋田県代表の芸能人として度々出演している。

加藤は端正な顔立ちとバランスの取れた抜群のスタイルから同世代の女性から幅広く支持され、モデルとしてファッションショーへの出演も多数こなしている。また服、バッグ、眼鏡などのアイテムをプロデュースしたこともある。

私生活では2014年6月6日に自身のブログで、一般男性と結婚したことを報告した。2016年3月12日に開催された「神戸コレクション2016 SPRING/SUMMER」にて、第一子の妊娠を発表し、同年7月7日に長女を出産した。2018年9月12日には第二子の妊娠を発表し、翌年2月19日には長男を出産したことを発表している。

基本プロフィール

芸名 加藤夏希 (Natsuki Kato)
本名 加藤 夏希 (Natsuki Kato)
ニックネーム
国籍 日本
性別 女性
身長 168cm
体重 45kg
血液型 AB型
誕生日 1985年07月26日 (34歳)
干支
星座 しし座

所属

レコード会社
事務所
事務所入所年 1999
デビュー年

好きなタイプ

加藤は自身の好きな男性ができると、自分から告白すると明かしている。また加藤は、男性に頭を撫でられるのが好きで、頭を撫でられるとたちまち好きになってしまうとも話している。逆に苦手なタイプとして、オネエ座りをしている人が苦手だと話しており、以前付き合っていた男性がオネエ座りをしたことが理由でその人と別れたことがあると言う。

また現在の夫については、デートで滝に打たれる場所へ行った際に滝に打たれながらプロポーズを受けたと、公言している。ここから加藤はユーモア溢れる個性的な男性が好みであることがうかがえる。

また加藤が後述にある通り、サブカルチャー好きであることから、理想の男性像は「ゲーム時間の削減を求めない人」と答えている。

性格

加藤は自身の性格について、熱しやすく冷めにくいと明かしている。エピソードとしては、加藤がとある食べ物にハマると1日3食すべて同じ物を食べ続けるという。そのひとつで天丼にハマった時、半年間1日3食を天丼で過ごしたことがあると話している。

またお米の食べ方にこだわり強く、何かをかけたり乗せたりしないと白米が食べられない。加藤は羽化したハエの幼虫が白米に見えたことがきっかけで、白米だけを食べるのが極端に苦手になったという。そこから好奇心で白米にソースやチョコ、アイスなどをかけて食べたことがあるという。

その他、加藤曰く雨女であることや、せっかちな性格、あまのじゃくで感情の起伏が激しく、気分がのると舞い上がるなどを語っている。

趣味

加藤はサブカルチャー好きとしても知られており、漫画やアニメ、コスプレが趣味である。

好きな漫画は「僕等がいた」「赤ちゃんと僕」、好きなアニメは「機動戦士ガンダムW」「新世紀ヱヴァンゲリヲン」「スレイヤーズ」である。またコスプレについては自宅に約50着ほど衣装を所有しており、「銀河鉄道999」のメーテル、「新世紀ヱヴァンゲリヲン」の綾波レイなどのコスプレをして外出したこともあるという。

またゲームも大好きで「どうぶつの森」や、オンラインゲームでの囲碁が好きであると話している。

これらの趣味を活かし、タレント活動でもアニメなどに関連したイベントや番組に度々出演し、その熱狂的なファンぶりをメディアでも露出している。

特技

加藤はカラオケが得意であることを公言しており、芸能人のカラオケ好きを集めた芸能界カラオケ部の主宰をつとめている。加藤は友人と3人で16時間歌い続けたこともあるという。、あた加藤の十八番は「みずいろの雨」である。またお笑い芸人の塚地武雅はこのカラオケ部のメンバーで、加藤はかつて思いを寄せていた相手であることを公言している。そのエピソードとして、ドラマで共演した際に加藤から塚地に「結婚してください」とアプローチしたが、塚地は「そんなことを簡単に口にしてはだめ。」と説教されたという。

また部活動が好きな為、自分の得意なこととして芸能界ダーツ部、芸能界フットサル部、芸能界テニス部を主宰している。いづれも加藤の特技であり、

デビュー前の経歴

加藤は秋田県の一般家庭に生まれ、ひとりでお絵かきや人形遊びをするのが好きな子どもであった。また父親がアウトドア好きで、夏は海やキャンプ、冬はスキーによく連れて行ってもらったと話している。また家族全員ゲーム好きであったことから、家族でゲーム大会をやっていたという。

中学時代にはパソコンノイローゼになるほど、オンラインゲームやアニメにハマっていた。加藤が13歳で中学2年生になった時、ゲーム会社の元気が主催する「GENKI イメージガール」のオーディションを受け、その際にスカウトをされて芸能界入りを果たす。

その後テレビドラマ「燃えろ!!ロボコン」で女優デビューし、2004年からはファッション雑誌「JJ」の専属モデルとなりモデルデビューした。

出身・家族・学歴

兄弟 兄がいる
出生国
出生地域
高校 日本芸術高等学園
大学

家族のエピソード・詳細

父親はスキーインストラクター、母親は保育士である。4歳年上の兄がいる。

解散・引退について

2019年8月10日現在、引退発表していない。

周囲からの評判

同じサブカルチャー好きでもあるタレントの中川翔子は、加藤との共演が決まった際に「いただいた脚本のキャストのところに加藤さんのお名前が燦然と輝いていて…。本当に加藤さんの大ファンで、加藤さんの切り抜きをはったスクラップブックまで作っていたくらいなんです。何度かお仕事もご一緒させていただいているのですが、毎回興奮してしまいます。」と加藤への思いを語った。

整形

していない。

好きな食べ物

パン、カルビ、いぶりがっこ、いちぢくの甘露煮、道明寺さくら餅

公式サイト・SNS

このアーティスト情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る