キム・ソヨン

韓国の俳優・韓流スター

キム・ソヨンについて

キム・ソヨンは1994年にSBSドラマ『恐竜先生』にて女優デビューを果たす。当時中学2年生だったにもかかわらず、顔立ちが大人っぽかったこともあり、高校生役として出演。その後1998年にはSBSシットコム『順風産婦人科』、MBC『母よ姉よ』などに出演後、MBC『イヴのすべて』にて初の悪役を演じ、強烈な印象を残す。

KBS『アイリス』ではアクションシーンにも果敢に挑戦し、またSBS『検事プリンセス』では愛らしい検事役で次々と違った役柄を演じる。tvNの『ロマンスが必要3』では今までの韓国ドラマとは違ったリアルな恋愛を表現し、日本でも注目される。2017年、ドラマで共演した俳優イ・サンウと結婚。

基本プロフィール

芸名 キム・ソヨン (Kim So Yeon)
本名 キム・ソヨン (Kim So Yeon)
国籍 韓国
性別 女性
身長 165cm
体重 48kg
血液型 O型
誕生日 1980年11月02日 (39歳)
干支
星座 さそり座

所属

事務所 Namoo Actors

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

イ・サンウの妻は、同い年の女優キム・ソヨンである。

2016年、ドラマ『ハッピー・レストラン~家和萬事成~』で恋人役で共演したことがきっかけである。撮影期間中からお互いに好意を持ち、撮影終了後の3月頃から交際に発展した。

9月に2人の関係について報道されると、双方の事務所が交際を認めた。同年末に開催されたMBC演技大賞の授賞式にはそろって参加し、ベストカップル賞は惜しくも逃したものの、仲睦まじい姿を見せた。

2017年6月にめでたく結婚に至った。結婚式は非公開で行われたが、ドレスとタキシード姿の写真が公開され、その美しさが世間で話題となった。

好きなタイプ

キム・ソヨンは以前、SBSバラエティ『強心臓』にて、「MBCバラエティ『私たち結婚しました』に出演するなら誰としたいか」という質問に、BIG BANGのT.O.Pと答えた。

二人はドラマ『アイリス』で共演した仲だが、釜山国際映画祭で会ったときに緊張のせいかロボットのように挨拶してしまったというエピソードもある。

性格

キム・ソヨンの性格は、優雅な外見とは違って、実際は内向的。冷たそうに見られがちだが内面はとても優しいと有名だという。バラエティ番組では愛嬌も見せる。また芸能界では心を開いて話せる友達がそれほどいないと話している。そんななかでも女性グループS.E.Sのパダとは親しいらしい。

趣味

キム・ソヨンの趣味はラジオを聴くこと、カフェに行くこと、漫画である。

特技

不明

デビュー前の経歴

キム・ソヨンは中学2年のときに女優を夢見て、両親に内緒で演技スクールに応募。しかし子役俳優として芸能界に入ることについては家族からは強い反対を受け、肩まで伸びていた髪を耳の下ほどの長さに切られてしまったというエピソードがあるという。

しかし、コンテストでは46人中2位となり、賞金100万ウォンを獲得。実力を見せつけたことから両親からの反対はなくなったものの、助けなしに一人で化粧カバンを手にしてバスに乗って活動していた。

出身・家族・学歴

兄弟 姉2人
高校 一山東高等学校
大学 東国大学校演劇映像学科

周囲からの評判

キム・ソヨンの第一印象について、『ロマンスが必要3』で共演したナムグン・ミンは「今まであった人のなかでも最も外見と実際の人柄が違う人だった」「外見はとても優雅なので話しづらく見えがちだが、実際に話してみるととても気立てが良くて優しい。こんなに美しい人がこんなに気さくだとは思わなかった」とほめたたえた。

チョン・へビンも「キム・ソヨンは優しくて相手を配慮する人」と話す。

整形

キム・ソヨンの整形について噂はあるが事実はない。

公式サイト・SNS

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る