ハン・イェスル

韓国の俳優・韓流スター

ハン・イェスルについて

ハン・イェスルは、韓国の女優である。米国カリフォルニア州ロサンゼルスで生まれ、2001年SBSスーパーモデル選抜大会を通じて芸能界に足を踏み入れた。2003年MBCシチュエーションコメディ『ノンストップ4』に出演して認知度を高め、2006年ドラマ『幻想のカップル』で大きな人気を得た。

2007年映画『用意周到ミス・シン』での演技が評論家の間で好評となり、第44回百想芸術大賞映画部門女性新人演技賞などの映画賞を総なめにする。2014年『美女の誕生』、2011年KBSドラマ『ラブ・ミッション-スーパースターと結婚せよ!-』など多数のドラマに出演して活躍している。

基本プロフィール

芸名 ハン・イェスル (Han Yeseul)
本名 キム・イェスリ (Kim Yeseulyi)
国籍 アメリカ国籍⇒韓国
性別 女性
身長 168cm
血液型 A型
誕生日 1981年09月18日 (39歳)
干支
星座 おとめ座

所属

事務所 keyeast
デビュー年 2001

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

ハン・イェスルは2013年11月、BIGBANG、2NE1などのアルバムプロデュースを担当しているYGエンターテインメント所属のプロデューサーTEDDYと6ヶ月の熱愛中と報道された。 ハン・イェスルとTEDDYは、SNS上でツーショットを公開したり、ハン・イェスルが2014年SBS芸能大賞の受賞時に「最後に私の愛するボーイフレンドTEDDYに愛していると伝えたいです」と愛情を誇示したりと、多くのファンから注目を受けてきたが、2016年10月に決別が伝えられ、二人はこの事実を認めた。 別れの理由は、忙しいスケジュールのため二人の間に自然と距離ができたとして4年間の熱愛のピリオドを打った。

好きなタイプ

ハン・イェスルの理想のタイプについては不明。

ハン・イェスルは、かつてあるインタビューで「大衆に愛されたいという欲を持つと、逆に愛を受けられない。そのため、愛されることにあまり比重を置かないで、自分が幸せに暮らしていることが重要である」と話している。

ハン・イェスルは、多くの男性の理想像の一人として必ず選ばれる女優だ。美しく綺麗なルックスが男性の心を刺激するようだ。

性格

ハン・イェスルは、2006年『幻想のカップル』で人気となっているときのインタビューで「機会があれば、演技をしながら学校に編入して勉強する計画を立てています。正直芸能活動を一生したいという考えはありません。プライバシーを侵害されることが嫌いで、大衆の前に立つのも大変である」と述べており、自分の将来のための明確なビジョンを持っている人物であるよう見える。

また英国で生まれ育ったためか、ハン・イェスルは「独立した強靭な女性」になることが目標であるようだ。アンジェリーナ・ジョリーのような強いキャラクターが好きだという。

「アメリカのドラマは強い女性像が多く、韓国では弱い女性像が多い。男に依存しているメロヒロインよりも、自我を持って社会のなかで自分の位置を維持することを分かっている女性が好きである」と述べているように、ハン・イェスルの考え方は米国的であり、独立した女性を好むようである。

趣味

ハン・イェスルはポメラニアンとチワワといった子犬を育てている。ある芸能番組に出演し、子犬を愛する心を強調したりもした。

ハン・イェスルは異常なほどペットに執着して金を使う人々に対して「何でもバランスが重要だ。人々が幸福だろうと思ってする華麗な染色や最高級服が子犬にとって幸せなことかは分からない」と持論を述べている。

特技

ハン・イェスルは、家や土地が好きだという。「もし芸能人でなかったら、勉強をしてビジネスや不動産事業を始めていただろう」と述べている。

ハン・イェスルは2011年ロサンゼルスのコリアンタウンにある3階建ての建物を買い取り、そのための会社も経営している。(法人名YSK Investmen Corporation、ハン・イェスルが所有者。) 

2015年1月、海外不動産取得が問題となったが、調査当局は意図的なことではなく、ハン・イェスルが正確な規定を知らなかったため起きたことだとして罰金処分だけ下したそうだ。

デビュー前の経歴

ハン・イェスルは、父、母がアメリカに留学中であった1981年9月18日、米国カリフォルニア州ロサンゼルスで生まれる。(生まれた当時は二重国籍であったが、2004年に米国市民権を放棄して、韓国国籍だけを持つようになる。)

小学校時代は5年ほど韓国で生活していたが、米国に戻って高校、大学に通う。ハン・イェスルは「自分が子供のころに芸能人は夢見たこともなく、こうやって韓国に住むとも思わなかった。芸能界と接する環境でもなかった」と回想している。

大学時代、ハン・イェスルの専攻は、コンピュータグラフィックであり「芸能人になれなかった場合は、ビジネスをしていただろう」と話している。しかし、2001年、大学1年生のときにハン・イェスルは、友人から思い出作りにと勧められて出場することとなったスーパーモデル選抜大会アメリカ予選をきっかけに芸能界への道を進むこととなる。

出身・家族・学歴

高校 セリトス高等学校
大学 セリトスカレッジコンピューターグラフィック科

周囲からの評判

ハン・イェスルは2011年、韓国ドラマ『スパイ・ミョンウォル』の撮影現場で大きく言い争いをし、演出家の交替を求め撮影を拒否したことがある。

撮影拒否の原因としては、ハン・イェスルの出演が分量として70%に達するほど多かったこと、また、意欲的にドラマの撮影に臨んだが、視聴率が低迷して酷評を受けたことなどが挙げられる。

当時、この事件で発生する被害額は約100~300億ウォンと推測されたが、最終的に訴訟は引き下げられた。

整形

なし

公式サイト・SNS

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る