ハム・ウンジョン

T-ARA 韓国の俳優・韓流スター K-POP・韓国のアイドル

ハム・ウンジョンについて

ハム・ウンジョンは韓国の女性アイドルグループT-ARAのメンバーであり、女優でもある。T-ARAのメンバーとしては「ウンジョン」、女優としては「ハム・ウンジョン」と名前を使い分けている。T-ARAの初代リーダーであり、リードボーカルやメインダンサーを務め、人気を誇っている。

デビュー前には子役としても活躍しており、優れた演技力を活かして女優としてのキャリアも着実に積み重ねている。

基本プロフィール

芸名 ハム・ウンジョン (Hahm Eunjung)
本名 ハム・ウンジョン (Hahm Eunjung)
国籍 韓国
性別 女性
身長 167cm
体重 47kg
血液型 O型
誕生日 1988年12月12日 (31歳)
干支
星座 いて座

所属

参加グループ

T-ARA

事務所 MBKエンターテインメント
デビュー年 1995

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

ハム・ウンジョンは、2PMのチャンソンと熱愛が噂されたことがある。しかし、2012年に放送されたMBCTV『黄金漁場-ラジオスター』に出演したチャンソンは、ハム・ウンジョンとの熱愛説について釈明した。

この日チャンソンは、MCから「チャンソンとハム・ウンジョンの熱愛説の真相は?」という質問を受けたところ「ずいぶん昔の話だ。事実ではなく、噂だけ聞いたことがある」と答えた。

MCがさらに「なぜそのような噂が出回るのか?」と質問すると、チャンソンは「ただ親しくしていたからではないかと思う」と言葉を濁した。

ハム・ウンジョンは2011年、MBC 『私たち結婚しました』に出演し、ドラマ『笑ってトンヘ』にキム・ドジン役で出演したイ・チャンウと仮想カップルとして長い間過ごした。番組が終わった後も、頻繁に連絡を取り合い、親しくしているという。

当時のことをハム・ウンジョンは、「芸能プログラムではあったが、結婚生活について多くのことを学んだと思う。1年半ほどの長期間、仮想結婚をしていたため、仮想夫イ・チャンウの目だけ見ても互いのことが分かるようになった。ときめく愛の感情ではなく、本物のパートナーのような感じがした」と述べている。お互いに強い絆が生まれたようだ。

好きなタイプ

ハム・ウンジョンは2015年のインタビューで「理想は年齢とともに変わる。男性の見え方が昔と変わった」と答えている。彼女は「以前は、服をかっこよく着て、笑顔が素敵な人が良かった。しかし、年をとるごとに自分が引き受けた仕事に責任を持ち、落ち着いて処理し、情熱のある人が良くなった」と述べている。

過去には「ミン・ギョンフンが理想のタイプである」と答え、話題を集めたことがある。

性格

ハム・ウンジョンはT-ARAの初代リーダーである。最年長ではないが、大ざっぱでさばさばしている性格のため、チームを率いるのに適しているとしてリーダーに選ばれた。

また、ハム・ウンジョンは、短かくボーイッシュな髪型のため、メンバーのなかで最も強いイメージやボーイッシュなイメージがあるようだ。そのような強いイメージがあるハム・ウンジョンの実際の性格は女性らしい性格だそう。

普段は愛嬌もあり、かわいらしい性格ではあるが、舞台に上がると強くカリスマ性があり、その姿にギャップを感じるところもハム・ウンジョンの魅力である。

ハム・ウンジョンのすっきりとした性格は、友だちとの間でも有名で、2012年『KBS 2TVスター人生劇場』では、よく整理された自分の部屋を公開した。

「モノを置くときにも、20分間考えて配置する。自分でもどうしてか分からないが、色を変えたり、配列を変えてみたり、何度も整理整頓を試してみる」と話す。

趣味

ハム・ウンジョンは、普段スケジュールが忙しいため、家で休めるときは本当に幸せだという。休みの日は、友人に会っておいしいレストランやきれいなカフェに行って楽しむ。映画を見たり、運動をしたりと、普通の日常を過ごすようだ。また、忙しいスケジュールのためか、暇さえあれば場所を問わずいつでも寝ているという。

特技

ハム・ウンジョンは演技力に長けていて他にも、テコンドー、パンソリ(朝鮮の民俗芸能)、バレエ、ダンスなどもこなす。特に、テコンドー3段の有段者でパワフルながらも洗練されたキック動作を数々の番組で披露している。

2011年『近肖古王』の撮影時には「武術演技をするときテコンドーが多くの役に立った」と述べている。

デビュー前の経歴

ハム・ウンジョンは1995年リトル・ミス・コリア選抜大会でデビュー。子役出身であり、高校生のときにSBSドラマ『土地』( 2004年) でボンスンの子役を務めた。主人公ソヒ役は女優シン・セギョンであり、当時二人で撮った写真がオンラインコミュニティーに取り上げられ話題となった。

小さな事務所で活動した後に、エムネットメディアに移籍した。T-ARAとしてデビューする前には、所属事務所の歌手たちのミュージックビデオにも数多く出演し、SeeYaの「行く(カンダ)」という曲にラップフィーチャリングとして何度も参加した。

2009年4月には、3年間の準備期間を経て、ドラマ『シンデレラマン』のオリジナルサウンドトラック「良い人」をリリースする。また同年、女性歌手グループT-ARAのメンバーの初期メンバーとしてデビュー。

2010年ドラマ『コーヒーハウス』から、事実上歌手と演技を並行することになる。一般的にグループ歌手として活動後、演技者に転向するケースは多くみられるが、ハム・ウンジョンは子役時代から演技のキャリアを積み重ねているため、演技力に関しては好評価を受けている。

出身・家族・学歴

兄弟 一人っ子
高校 靑園女子高等學校
大学 東國大學校演劇映画学科

周囲からの評判

ハム・ウンジョンは2012年、映画『5本の指』に主演としてキャスティングされたが、制作陣によって強制的に降板させられる。ハム・ウンジョン側は事実上の契約違反に該当するとして、『5本の指』製作会社に1億4千万ウォンの賠償金を請求し、『5本の指』のボイコットを主張した。

これに対しハム・ウンジョンは、事態が深刻になることを望んでいないとし、ボイコットの撤回を要求し、最終的には『5本の指』制作会社が騒動に対する公式謝罪文を発表することでこの事件は一段落した。

整形

ハム・ウンジョンには隆鼻術、二重切開の噂がある。

公式サイト・SNS

T-ARAのYouTube Channel

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

ハム・ウンジョンの楽曲

すべての楽曲を見る

T-ARAのメンバー

関連するアーティストを見る