パク・ボヨン

韓国の俳優・韓流スター

パク・ボヨンについて

パク・ボヨンは、2006年EBSドラマ『秘密の校庭』でデビューし、2007年SBSドラマ『王と私』で妃ユン氏の子役を引き受け、力強い演技で大衆にその名を知らしめた。

以後、2008年の映画『過速スキャンダル』が観客数800万を超える興行に成功し、様々な映画祭で新人賞を8つも受賞し、映画界にその名を轟かせた。しかし、2009年以降、所属会社との訴訟のために、最も活発に活動することのできる20代前半の約4年余りを空白にしてしまう。

しかし、2012年の映画『私のオオカミ少年』が観客700万を突破し、韓国メロ映画興行歴代1位という大記録を立て、復帰に成功した。

基本プロフィール

芸名 パク・ボヨン (Park Boyoung)
本名 パク・ボヨン (Park Boyoung)
国籍 韓国
性別 女性
身長 158cm
体重 41kg
血液型 O型
誕生日 1990年02月12日 (30歳)
干支
星座 みずがめ座

所属

事務所 Fides Spatium
デビュー年 2006

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

パク・ボヨンの恋人とのエピソードについては、2012年に公開された映画『私のオオカミ少年』でソン・ジュンギとの共演をきっかけに熱愛説が噂された。

しかし、パク・ボヨンは、俳優ソン・ジュンギとの交際について「ファンたちと会ったら、ソン・ジュンギと付き合っているのか、とよく聞かれるが、絶対そんなことはないから安心してください。」と報道陣に語った。

パク・ボヨンは、本人曰く、小さい頃から理想はウォンビンであると語っている。

過去には、オンラインコミュニティ掲示板に「パク・ボヨンもウォンビン病。パク・ボヨンがウォンビンの実物を見て固まっている」というタイトルとともに、2009年の『グッドダウンローダー』のキャンペーンに参加したパク・ボヨンとウォンビンの姿が写っている写真が掲載され話題となった。

しかしあくまで彼女がウォン・ビンを好きだというだけであり、具体的な噂があるわけではない。

好きなタイプ

パク・ボヨンの好みのタイプについては、外見よりも中身を重視し、精神年齢が上の人だと語っている。

そのため一目惚れをしたことがなく、よく相手を観察してから次第に心を開くほど慎重な考えの持ち主である。

芸能界の中でも人気があり、俳優イ・グァンス、シャイニーのKey、ビーストのヨン・ジュンヒョン、スーパージュニアのイェソンなど多数の芸能人がパク・ボヨンを理想の女性だと言及している。

性格

パク・ボヨンの性格は、女性らしく可愛らしい性格である。その特有の愛らしい演技で「ポケットブリ」(パク・ボヨン+ラブリーの合成語)というニックネームで呼ばれることもある。

また、様々な俳優が、その可愛らしさに言及しており、俳優のユ・ヨンソクは、「映画を撮る時も本当に少女みたいで、可愛いボヨンのおかげで撮影場の雰囲気がいつも明るくてよかった。 少女のようなボヨンは、本当に国民的妹と呼ぶにふさわしい。」と現場でのムードメーカーとしてのパク・ボヨンを賞賛した。

さらに、仕事に対する情熱も高く評価され、若い頃の可愛くてキュートなイメージから抜け出し、今では、演技の幅を広げ、絶対的な信頼を得ている。

趣味

パク・ボヨンの趣味は、本を読むことである。俳優になる前は、文学の先生になることが夢だったと明らかにした。

そのため、書店に行くことも大好きであり、あるインタビューで、「本屋であれこれ見物することが好きです。本屋で遊んだら時間が本当にすぐに過ぎていく。その他には、お酒もあまり飲まないし、コーヒーも飲まない。しかし、最近アメリカーノに挑戦しています。」と述べている。

特技

パク・ボヨンの特技は、発声練習をすることである。2009年のインタビューによると、ボールペンを口にくわえ唾液を流しながら、毎日の発音練習をすると暴露した。

彼女は、発音に多くの神経を使い、厳しい練習を積み重ねている。同インタビューでは、過酷に練習を積んだにもかかわらず、まだ不安であり続け、謙虚に練習をする姿を見せた。

デビュー前の経歴

パク・ボヨンのデビュー前の経歴としては、1990年2月12日、忠清北道曽坪郡で、3女の中で二番目として生まれた。

軍人だった父親の下で厳格に育ち、その影響で時間の観念も徹底した方だという。また、学生時代には目立たないごく平凡な学生だった。パク・ボヨンの故郷の友達によると、彼女は本当にかわいらしい女子高生だったという。

大学では、定時募集に応募し、40対1の競争率を勝ち抜いて、檀国大学公演・映画学部の定時に合格した。学生時代には、「Cine。庭」という映画サークルを通じて演技に初めて目覚めた。

2年生の時から本格的にサークル活動を始め、サークルで作成された短編映画『イコール(Equal)』が、2005年の第7回ソウル国際青少年映画祭で「現実の課題賞」を受け、それがきっかけとなり、女優への道を歩み始める。

出身・家族・学歴

兄弟 姉1人、弟1人
高校 大成女子商業高等學校
大学 檀國大學校

周囲からの評判

パク・ボヨンの周囲からの評判としては、かわいい女優としてのイメージが強く、特有の愛らしい演技で「ポケットブリ」(パク・ボヨン+ラブリーの合成語)というニックネームで呼ばれている。

また、子役時代から培ってきた演技力と、小さな体格に比べて発声が良く、発音が正確であると評価されている。

映画『過速スキャンダル』や『私のオオカミ少年』で見せた彼女の涙の演技はいまだに名場面として広く知られている。

整形

パク・ボヨンの整形の噂としては、一重まぶたの手術をしたのではないかと言われている。

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る