パク・チニ(パク・ジニ)

韓国の俳優・韓流スター

パク・チニ(パク・ジニ)について

パク・チニは、韓国の女優である。1980年代、子役時代にMBC合唱団員として活動をし、漫画主題歌や子供ドラマの主題歌を歌った。1996年にKBSドラマ『スタート』でデビューし、1998年に映画『囁く廊下-女校怪談-』で優等生ソヨン役を演じて注目を浴びた。

以後、多数のドラマや映画に出演し活躍している。2006年、2007年には、SBS演技大賞 10代スター賞を2年連続で受賞している。

基本プロフィール

芸名 パク・チニ(パク・ジニ) (Park Jinhee)
本名 パク・チニ (Park Jinhee)
国籍 韓国
性別 女性
身長 167cm
体重 48kg
血液型 B型
誕生日 1978年01月08日 (42歳)
干支
星座 やぎ座

所属

事務所 ELEFUN ENTERTAINMENT
デビュー年 1996

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

一般人・不明・該当なし

パク・チニは2014年5月、5歳年下の法律事務所の弁護士と1年余りの熱愛の末に結婚、第一子を12月ごろに出産予定と発表した。当時はできちゃった結婚として話題となった。

パク・チニは弁護士という夫の職業について「会う前には職業が違うためにお互いに理解できるだろうかという悩みを持っていたが、会ってみたらとても合理的で、感情に偏らずに堂々とした姿にひかれた」と話している。

tvN『タクシー』に出演した際「5歳年下の夫にジェネレーションギャップを感じたことがあるのか?」という質問に対して「不思議にも感じたことがない。結婚後、初めて夫と一緒にカラオケに行ったことがあるが、夫がBIGBANGの歌を最初から最後まで歌って、驚いたことがある」と付け加えて笑いを誘った。

パク・チニは、2010年のMBCドラマ『まだ結婚したい女』でキム・ボムと共演した。現場のスタッフは「劇中、お互いの愛情を深めあう姿が、実際に本物の恋人のようであった」と驚いたという。撮影現場でも二人はお互いを心から支えあっていた。

キム・ボムは、パク・チニの誕生日に防寒用品セットをプレゼントしたり、パク・チニの単独撮影時に、キム・ボムは寒いなか車にも入らず遠くから視線を送ったりした。

このようなキム・ボムの思いやりのある態度にパク・ジニは「キム・ボムは年下だが、大人っぽい面や男らしい面があって驚いた」と述べた。

好きなタイプ

パク・チニは理想のタイプに関して「以前は外見を気にしたが、今は価値観が似ている人がいい」と語っている。

パク・チニの夫は、国内の有名法律事務所に勤務している弁護士で180㎝を超える身長に、温かい容貌の持ち主。また、豪放ながらも思いやりのある性格だ。実際に過去の芸能番組に出演した際パク・チニは「恋愛期間中はケンカしたことがない。夫は感情的にならずに合理的である。そのような姿に結婚を決心した」と述べているように、夫との相性は抜群のようだ。

性格

パク・チニは物事の筋道を明確にしないと気がすまない、まっすぐな性格である。近所の川に無断放流される排水を申告したが、是正されなかったため、インターネットに苦情を書き是正につなげたというエピソードは有名だ。

一山(イルサン)自由路の道路の破損により車が破損した際には、他の被害者らを代表して市役所から補償を受けたこともある。パク・チニは、一般人でも行動に起こしづらいことを、芸能人が自ら先頭に立って行おうとする姿勢から「申告少女」というニックネームまでついた。

彼女は後に「申告をする際は無条件に怒ってばかりいるのでは脳がない。不当さに対抗する自分だけのノウハウがある」と語っている。

彼女の体には「行動する市民」の血が流れており、社会活動にも積極的だ。 延世大学行政大学院で社会福祉学を専攻する理由も「不遇な近所の子供たちを集めて面倒を見たい」という夢を持っているためだ。

2004年に公開された映画『恋愛術師』の撮影現場では、パク・チニの几帳面な性格が話題になった。あるシーンで、端役俳優たちの演技が不自然に見えたパク・ジニは、その俳優たちに直接指摘したことがある。また、雨の日の酒に酔っているシーンでは自らの意思で水を浴びた。

他にも衣装や小道具一つひとつを入念に点検するなど、現場では予想を超える彼女の几帳面さにみな、舌を巻いたそうだ。

趣味

パク・チニの趣味は映画鑑賞と水上スキーである。

特技

特技ではないが、パク・チニは不動産を所有しているという。パク・チニは2012年10月に放送されたMBC芸能番組『遊びに来て』に出演して「不動産を所有している」と明らかにした。

同日、MCキム・ウォニが「パク・チニは、山をそのまま買って傷付けず保存することがとても好きだ」と暴露した。 その理由について「自然を愛しているから」と付け加えた。キム・ウォニの暴露にパク・チニは当惑したが、不動産を所有していることは否定しなかった。

デビュー前の経歴

パク・ジニは学生時代から平凡な学生だった。芸能界に入ったきっかけは、兄の友だちがマネージャーだったため。オーディション参加を勧められ、行ったところ抜擢されたからである。

2008年に放送されたKBS2TV『ハッピートゥゲザー』に出演したパク・ジニは、新人時代に苦労したこととして「涙の演技をしなければならないときに玉ねぎを使用した」という経験を披露した。

「泣かなければならないシーンがあったときには、密かに玉ねぎをおろした。しかし、夏だから、玉ねぎが腐っていて眼病がひどくなった」と当時を思い浮かべている。

大学院で社会福祉を選択したことが縁で、2005年から3年間、毎月韓国ソウル加陽洞の福祉館に一定の金額を寄付をしている。また年末には、直接福祉館に赴き、恵まれない家庭の子供たちに会いに行く。

出身・家族・学歴

兄弟 兄1人
出生国 大韓民国
出生地域 Jeonranamdo
高校 永登浦女子高等學校
大学 同德女子大學校学士/延世大學校延世大學校修士

周囲からの評判

パク・チニは、整形をしていない「自然美人」として知られており、彫刻のような端正な顔立ちである。しかし、2008年に放送されたSBS『野心満満2芸能選手村』に出演した際には、MCの質問に「長い目を整形したいと思ったことがある」と率直に告白した。

丸い目にあこがれていた時期があり、整形したいという誘惑を長い間我慢したそうだが、手術が怖く、両親が失望するかと思い整形を思いとどまったという。

整形

なし

公式サイト・SNS

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る