パク・スジン

韓国の俳優・韓流スター

パク・スジンについて

パク・スジンは、韓国の女優である。2001年ガールズグループSugarのメンバーとして芸能界デビューを果たす。2009年KBS2『花より男子』を皮切りに、女優に転向して活動の幅を広げてきた。以降、『善徳女王』(2009年)、『僕の彼女は九尾狐』(2010年)、『棚ぼたのあなた』(2012年)など多数のドラマに出演する。

ケーブルチャンネルオリーブTV『テイスティロード』の長寿MCとしても活躍している。2015年7月に『冬のソナタ』で人気を博したペ・ヨンジュンと結婚し、現在は2児の母として子育てに励んでいる。

基本プロフィール

芸名 パク・スジン (Park Soojin)
本名 パク・スジン (Park Soojin)
国籍 韓国
性別 女性
身長 164cm
体重 45kg
血液型 A型
誕生日 1985年11月27日 (34歳)
干支
星座 いて座

所属

事務所 keyeast
デビュー年 2002

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

俳優ペ・ヨンジュンとパク・スジンは、2015年5月14日に結婚を発表した。ペ・ヨンジュンの所属事務所キーイーストは、公式ホームページを通じて「ペ・ヨンジュンとパク・スジンが、お互いに好意を持ち、恋人関係に発展した」と伝えた。

2015年7月27日に結婚し、2016年10月には第1子となる男の子が誕生した。当時は、13歳の年の差婚であることや、元祖韓流スターであるペ・ヨンジュンとの結婚ということで大きな注目を集めた。

結婚2周年の2017年8月には第2子を妊娠する。二人はたびたびSNSで互いへの愛情を示している。

パク・スジンは恋多き女としても知られている。東方神起のユンホとは、同い年ということもあってか親しくしており、何度も熱愛説が浮上した。また、2012年にサッカー選手のペク・ジフンとの交際が発覚。2012年末に破局したが、2013年2月には、歌手のロイ・キムとの熱愛が噂されるようになる。

また過去には、夫ペ・ヨンジュンと同じ事務所である、キム・ヒョンジュンの彼女であったという噂まで出回っていた。当時二人は、ドラマ『花より男子』の共演で親密な関係にあったという。

ペ・ヨンジュンとパク・スジンの結婚発表はキム・ヒョンジュン入隊の二日後に発表された。「キム・ヒョンジュンに配慮したのでは」という思惑もあり、当時再びキム・ヒョンジュンとの過去の関係が話題に上がった。

チョン・グァンリョルは1995年に、スタイリストである、パク・スジンと結婚した。2人には、息子が1人いる。

妻のスジンは、元々放送作家をしていたが、韓国初のスタイリストとして、日々夫のために、衣装を直接準備するなどして、サポートしている。さらに1994年には、イ・サンウの「悲愴」の作詞をしたことでも、話題になった。

結婚して、20年以上が経っても、グァンリョルは妻のことをベタ褒めしているそうだ。

好きなタイプ

パク・スジンは、2013年のインタビューで「言葉がよく通じて、趣味が合えば最高ではないかと思う。また、学ぶことが多く、尊敬する点が多い人が良い。全体的に性格が明るい人に会いたい」と述べている。

続けて「父と母が子供に集中して家庭が一丸となっている姿を見ると、結婚したと思う。しかし私はまだ自分をコントロールすることができず、もっと成熟してその資格が整えば結婚したい」と話した。

性格

パク・スジンは茶目っ気が多く、活動的な明るい性格である。様々な芸能人がその明るい性格に関して言及している。夫であるペ・ヨンジュンは明るい性格と深い思いやりを持つパク・スジンに好感を持つようになったそうだ。愛嬌があり活動的なパク・スジンに対して、穏やかな性格で読書やワインなどを楽しむペ・ヨンジュンとは性格から趣味まですべての部分で相性が良い。

2015年に放送された、ケーブルチャンネルオリーブTV『テイスティーロードinオーストラリア』で共演したリジは、パク・スジンについて「最初は言葉を交わさなかったため心配であったが、とても気さくで性格も本当に良い」と打ち明けた。

また、リジは「周りの人たちも私に『彼女は性格が本当に良いから、安心して大丈夫だ』と言っていた」と付け加え、パク・スジンの明るくきさくな性格を明らかにした。

趣味

パク・スジンは、自身のインスタグラムに「音楽とコーヒー、そして気持ち良い日差しまで。 テラスで楽しむアートクラス。新しい趣味発見。ヒーリングヒーリング♡」という書き込みとともに写真を掲載した。

写真のなかのパク・スジンはエプロンをしており、自身が描いた絵を見せながらポーズを取っている。それ以外の写真でもパク・スジンは自分の作品を見せている。育児中の新たな趣味として絵を描くことにはまっているようである。

特技

パク・スジンの特別なデザイン感覚が話題を集めている。パク・スジンは、2015年3月デザイナーのジニー・キムとともにコラボレーションライン『SOO by Jinny Kim』を披露し、デザイナーとしてのセンスある感覚を発揮して周囲を驚かせた。

パク・スジンと共にデザイン作業を進行したジニー・キム側は「ファッションに対する関心が高いパク・スジンとの作業は愉快だった。デザイナーとしての情熱が多かっただけに、高クオリティの製品ができた」と明らかにした。

デビュー前の経歴

パク・スジンは1年半の練習生時代を経て、2001年12月ガールズグループSugarのメンバーとしてデビューした。しかしパク・スジンは、抜群のルックスであるにも関わらず、当時それほど注目されなかった。「ガールズグループのなかで一番きれいなのに、なぜこのように目立たないのか?」という反応が多かったという。

パク・スジンはキュートなルックスのおかげで、芸能番組によく出演した。Sugarの事実上最後のアルバムとなった3集の活動が終わって、2006年5月に事務所との契約が満了になる。Sugarを脱退した後、企画会社を移し、演技者に転向した。

歌手生活中は、特に優れているわけでもない自身の歌唱力のために、たくさんのストレスを受けたそうだが、実は幼いころから演技をすることが夢だったという。Sugarを脱退した後、新しい所属事務所の方針に基づいて演技の勉強を始めたが、あまり機会に恵まれなかった。

しかし、2009年ドラマ『花より男子』でソ・イジョン(キム・ボム)の初恋の相手として登場し、演技者として注目されるようになり、その後多数の作品に出演している。

出身・家族・学歴

兄弟 兄1人
高校 祥明大學校 師範大學 附屬女子高等學校
大学 慶熙大學校ポストモダン音楽学科学士

周囲からの評判

2007年に放送されたJTBC『知っているお兄さん』に東方神起が出演し、ユノ・ユンホが仲良くしているのは、女優のパク・スジンであることを明らかにし、普段から臆することなく電話をして、おいしい店を訪れたりすると紹介した。

ユノ・ユンホとパク・スジンはアイドルとしてデビューする前、同じ練習室を使いながら親しくなったという。

整形

なし

公式サイト・SNS

関連するアーティストを見る