パク・シヨン

韓国の俳優・韓流スター

パク・シヨンについて

パク・シヨンは、2000年のミスコリア出身である。2004年中国・CCTVで放送された連続ドラマ『鳳求凰』に主演としてデビューする。

その後、ドラマ『マイガール』(2005年)、『淵蓋蘇文(ヨンゲソムン)』、映画『九尾狐家族』など多数の作品に出演し、2006年SBS演技大賞でニュースター賞を受賞する。

2007年には映画『愛 サラン』にチュ・ジンモの相手役として出演して、第27回映評賞映画祭で新人女優賞を受賞した。2006年第43回百想芸術大賞で新人女優賞を受けたことに続いての受賞であったため、2年連続新人俳優賞受賞する快挙を成し遂げた。

基本プロフィール

芸名 パク・シヨン (Park Siyeon)
本名 パク・ミソン (Park Misung)
国籍 韓国
性別 女性
身長 170cm
体重 49kg
血液型 B型
誕生日 1979年03月29日 (41歳)
干支
星座 おひつじ座

所属

事務所 MYSTIC Entertainment

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

パク・シヨンの恋人とのエピソードとしては、アイドルグループ「神話」のメンバーエリックとの恋愛説が浮上した。

二人は、2005年5月ごろから恋人の関係であると明らかにし、芸能界公認カップルとして愛を育んでいたが、2007年に決別する。

パク・シヨンの事務所は「性格の摩擦によって決別することとなった。克服しようと努力したが、最終的に関係を整理して、仲の良い関係に戻ることにした。」と明らかにしている。

決別後、パク・シヨンは心の傷を癒すためにタイ旅行に行ったことも話題となった。また、当時エリックは歌手としても俳優としても人気を得ていた時期であったため、エリックとの関係を、パク・シヨンの売名行為だとして、神話ファンからの厳しい非難を受けることもあった。

その他のパク・シヨン恋人とのエピソードとしては、4歳年上の外資系証券会社に勤めるパク・サンフンとの出会いが報じられている。

二人は、2011年に結婚式を挙げた。パク・シヨンは夫について「普通の会社に通っていて、規模も大企業ではなく、小さな規模だ。」と述べている。

結婚して2年後の2013年には、最初の娘を、続いて2015年に次女を出産した。しかし、現在は離婚訴訟中であり、親権をめぐり対立している。

一部では、2013年3月にプロポフォール違法投薬の疑いで懲役8ヶ月、執行猶予2年を宣告されたことが離婚の理由なのではとされているが、真実は定かではない。

イ・フィリップの恋人とのエピソードとしては、ドラマ『ザ・スリングショット~男の物語~』で共演したパク・シヨンとの熱愛説が浮上し、話題となった。

しかし、イ・フィリップの所属事務所関係者は、メディアの電話取材に応じ、「二人がドラマ収録を通じて親しくなったことは事実だが、交際はしていない」と伝えた。

また、「二人が会ったときはパク・ヨンハをはじめ他の出演者たちも同席していた。二人で会ってデートしたわけではない。」とし、熱愛説を完全に否定した。

好きなタイプ

パク・シヨンの好みのタイプは、手がきれいな人であると明かしている。

また、2017年放送されたKBS2TV『下宿の娘たち』では、過去作品で共演したソン・ジュンギについて言及し「ジュンギは美男子だし、性格が本当に男前である。」と明らかにして、注目を集めた。

性格

パク・シヨンの性格は、人を信じやすいという性格であり、過去には詐欺にあった経験もある。

2017年に放送されたMBCバラエティ『兄想い』では、パク・シヨンに隠しカメラが仕掛けられ、偽化粧品事業に関心を見せたパク・シヨンは「本来100万ウォンであるが、芸能人割引で58万ウォンにする。」という話に惹かれ、契約書にサインしてしまったこともある。

また、2017年放送された、KBS2TV『下宿の娘たち』で、パク・シヨンは詐欺によくだまされる事に言及し「良くない事があればすぐに忘れる。怒ったことを記憶したいけれど、よく思い出せない。」と悩みを吐露した。

趣味

パク・シヨンの趣味は、絵を描くことである。SNSでも絵を楽しむ姿がたびたび公開されている。

また、生け花などのフラワーアレンジメント、キャンドル作りなど、家で出来る趣味を好み、女子から注目を集めている。本人曰く、雑念を無くすことができる、単純作業が好きだとしている。

特技

パク・シヨンの特技は、歌を歌うことであり、1990年小学校5年生の時に、KBS創作童謡大会に出場して「絵を描きたい日」という曲を歌い、最優秀賞を受賞した経験もある。

他にもいくつかの童謡関連番組にも出てるなど、童謡界での歌唱スターの一人でもある。

デビュー前の経歴

パク・シヨンのデビュー前の経歴としては、学生時代から異国的な美貌で、全ての生徒たちの羨望の対象であった。男の友達はもちろん、女性にまで人気があり、人気投票をすれば、ダントツで1位はパク・シヨンが独占するほどであった。

2000年にはミスコリア大会で活躍。パク・シヨンは「お母さんがミス江原道出身だった。母の推薦で大会一週間前に参加を決心し、何も考えずに出場した。」と当時を回想している。

その後、2004年中国CCTVで放送された連続ドラマ『鳳求凰』に主演でデビューした彼女は、中国でデビューした理由について「両親が芸能活動を反対したため、一人でプロフィール写真を撮って会社に送った。なんだかんだで、私のプロフィール写真が中国会社に渡り、オーディションの提案を受けた。私は韓国語での台詞、相手は中国語で台詞であったため、ダビングをしたものを繰り返し見た。リアクションをするため、相手の台詞まで全部覚えた。」と当時の苦労を話している。

出身・家族・学歴

高校 悳文女子高等學校
大学 ロングアイランド大学新聞放送学

周囲からの評判

パク・シヨンの周囲からの評判としては、2013年のプロポフォール違法投薬の疑い以降様々な報道がなされている。

事の発端は、2013年2月大韓民国の検察庁の調査を受け、3月に在宅起訴された。パク・シヨン側の主張に対して「プロポフォールを185回も処置するというのはとんでもない薬物中毒状態だ。」と反論され、最終的には、2013年11月、ソウル中央地裁で懲役8ヵ月と執行猶予2年、追徴金370万ウォンが言い渡された。

その影響から、KBSとMBCから出演禁止リストに上がり、一部メディアでは、活動を自粛せざる終えない状況となってしまった。

整形

パク・シヨンの整形の噂については、プロポフォールを常習的に使用していると報道されている。

公式サイト・SNS

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る