チェ・ミンス

韓国の俳優・韓流スター

チェ・ミンスについて

チェ・ミンスは、1985年演劇『さまよう星』でデビュー。1986年『神の息子』で映画俳優としてデビューした。以降、多数の作品に出演し、演技の基盤を築いてきた。

一時期は、「チェ・ミンスシリーズ」とまで言われるほど流行った彼の出演作品は、熱狂的なファンを生んだ。1995年ドラマ『砂時計』に出演後、タフガイというイメージが強まった。その後、2007年『太王四神記』で、ドラマの悪役を見事に表現し視聴者から多くの支持を得た。

2007年には、MBC演技大賞、黄金演技賞を受賞。しかし、2008年に暴行事件で11ヶ月の自粛を迫られる。現在では復帰し、芸能活動を続けている。

基本プロフィール

芸名 チェ・ミンス (Choi Minsoo)
本名 チェ・ミンス (Choi Minsoo)
国籍 韓国
性別 男性
身長 180cm
体重 74kg
血液型 A型
誕生日 1962年05月01日 (58歳)
干支
星座 おうし座

所属

事務所 Yul エンターテイメント
デビュー年 1985

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

チェ・ミンスの恋人とのエピソードとしては、9歳差のカン・ジュウンとの出会いがあり、彼女は現在の妻でもある。

二人は、1993年ミスコリア大会で出会ったことがきっかけで交際を開始し、1995年に結婚した。

2017年に放送された、SBS芸能プログラム『赤ちゃん-百年のゲスト』では、カン・ジュウンがチェ・ミンスの第一印象について、「結婚が似合わない男。野生という言葉が似合う男。」とし、「韓国女性の多くが避けてきた男」と明らかにした。また、「私に夫を押し付けたようだ」と話して笑いを誘った。

好きなタイプ

チェ・ミンスの好みのタイプは、自身ではわからないとしている。

逆に妻であるカン・ジュウンがは、2017年に放送されたtvN「巣脱出」で「チェ・ミンスが理想に近いか」という質問に「全くない」と明らかにしている。

しかし、「今となってはとても感謝している。私の理想のタイプ以上となったが、最初に会った時は想像もできなかった。このような人間がこの世にいるのかと思った。」と打ち明けている。

性格

チェ・ミンスの性格としては、タフガイというイメージが強く、執着心の強い男優だと知られている。

しかし、彼の周りには笑いで溢れており、過去に作品を共にした、オン・ジュワンは「チェ・ミンスと二時間真剣に会話をしたことがあるが、話の中に比喩と冗談などをうまく組み合わせて後輩を楽にしてくれる。」と明らかにしている。

イ・ジョンシンも「最初は怖い感じがあったが、待合室で会うといたずらをしかけて、楽にさせてくれる。」と話し、明るくユーモアのある一面が明らかになった。

また、暴行事件の後、山で篭るように過ごしていた時の様子をMBCドキュメンタリーが撮影しているが、家族のために一生懸命バーベキューの準備をするなど、暴行事件で世間に知られたイメージとは違う、優しい人間的な姿が見られた。

趣味

チェ・ミンスの趣味はバイクである。現在では夫婦の趣味として、妻と一緒にバイク乗りを楽しんでいる。

また、2005年JTBC『99人の女性を満足させる男』で、妻であるカン・ジェウンは、「出勤時に夫が送ってくれることがある。しかし、バイクの音がうるさいため、周りの人から視線が注がれる。だから恥ずかしい気持ちになる。」と恥ずかしそうに語っている。

特技

チェ・ミンスの特技は、剣道であり、剣道公認4段の実力者としても知られている。

インタビューでは、「剣道で相手と向き合うと、相手と無言の対話をすることになる。その瞬間、私の領域を広げてくれ、妙な緊張感を抱かせる。剣道を通じて演技に刺激を受けるという点で満足している。」と語っている。

そのほかにも、楽器演奏や護身術なども特技として知られている。

デビュー前の経歴

チェ・ミンスのデビュー前の経歴としては、1962年5月1日ソウル特別市で、俳優チェ・ムリョンと女性歌手カン・ヒョシルの間に長男として生まれた。

父であるチェ・ムリョンは、1960年代と1970年代の人気俳優で、カン・ヒョシルとは演劇舞台で出会った。また、チェ・ミンスの祖母は『涙の女王』に出演もした俳優チョン・オクイであり、母方の祖父カン・ホンシクは、無声映画時代の俳優でもある。

彼は、そんな俳優一家として成長していったが、幼い頃は、不整脈を患っており、死を身近に感じたこともある。

その当時のことを本人は、「小さい時はいつも死が目前にいた。24時間死を考えなければならなかった。」と話している。

また、「幼い時は死が恐怖だったが、ある瞬間からは祝福なのではと考えるようになった。 誰でも死ぬことになるが、死を話すことができるのは大きな祝福であり、死があるために人は人生に感謝する。」と後に語っている。

出身・家族・学歴

兄弟 妹3人
高校 東北高等學校
大学 ソウル藝術大學校放送演技科

周囲からの評判

チェ・ミンスの周囲からの評判としては、2008年4月21日の高齢者への暴行疑惑により様々な噂が報じられた。

しかし、その後の調べで、この事件は事実でないことが判明した。当時、真実の可否を確認せず、チェ・ミンスに不利な報道がなされ、彼は記者会見を開き、ひざまずいたまま国民に謝罪し、「どんな理由でも今回のことは許されない。 頭を下げて謝罪する。」と語った。

その後、店の主人だった70歳の老人がマスコミに対し、内容が偽りであったことが明らかになったが、どのメディアもその事実を報道したり、チェ・ミンスに謝罪の記事を載せておらず、今でも疑問の残る事件となっている。

整形

チェ・ミンスの整形の噂は特にない。

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る